鬼はぁ~外!福はぁ~内!!

節分
近年、恵方巻きにおされ気味ではありますが

節分といえば「豆まき」ではないでしょうか。


ところで、
節分はどのような日かご存知ですか?

そして、当たり前のように行っている豆まき。

なぜ、豆をまくのでしょう?


今回は、節分と豆まきの由来についてお届けいたします。


sponserd Links

節分の由来

節分は、その字のとおり
季「節」の「分」かれ目という意味を持っており、
春・夏・秋・冬
それぞれの季節が始まる節目の日を指しています。

つまり、立春・立夏・立秋・立冬の前日の日のことです。

ということは・・・

そう!本来、節分の日は、年に4回ありました。

では、どうして立春の前日だけを節分と呼ぶようになったのでしょう?

立春の前日の節分に重きが置かれるようになったのは
江戸時代以降のことです。

旧暦のころに「立春正月」という言葉がありました。

これは、冬から春になる時期を
1年の境と考えたところから来ています。

春が始まる立春の日を1年の始まりとして特に尊び
前日の節分の日を、大晦日と同様に重要な日と考えていたのです。

当時の人達の生活の中で
1年を無事に過ごし新しい年を迎える事と、
つらい冬を越え春を迎える事
同じくらいに嬉しい事であり重要な事だったのかもしれません。


節分の行事「豆まき」の由来

古来、日本では、大晦日に、中国から伝わった風習である
「追儺(ついな)」という厄払いの行事が行われていました。

追儺の行事は、俗に
「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」
「厄払い」「厄おとし」「厄神送り」 と呼ばれ、
疫病などをもたらす悪い鬼を追い払うというものでした。

追儺の行事が最初に行われたのは、文武天皇の(奈良)時代です。

当時は宮中において、
陰陽師らにより、執り行われていました。

その行中で、
鬼の姿をした官職の者を災害や疫病などの災いに見立て、
 黄金の仮面を被り矛や盾を持った者が、
 豆を撒き散らしながら悪魔悪鬼を追い払う
というものがありました。

この儀式を「豆うち」といい、後の「豆まき」になります。

室町時代になると、豆まきの風習は庶民の間にも広がり
しだいに定着していきました。


昔話にみる豆まきの意味

昔むかし・・・

京都鞍馬山に鬼が出た時に、
毘沙門天のお告げにより、大豆を鬼の目に投げつけて退治しました。


という話があります。

この話には、鬼の目(魔の目=魔目(まめ))に、を投げつけて、
鬼を退治(魔を滅=魔滅(まめ))した。という解釈があります。

「鬼」という言葉は

  • 「陰(おん)」= 目に見えない気、なかでも邪気をさす
  • 「隠(おぬ)」= 姿の見えないもの、この世ならざるもの

というところに由来しています。

人間の想像をはるかに超えた災い(災害、疫病、飢饉など)は、
鬼の仕業と思われていました。

その鬼を「魔滅」する「豆まき」は
無病息災を祈るという意味を持っていたのです。



鬼と豆
さて・・・
豆まきには、よく「大豆」が使われますが
どうして大豆なのでしょう?
そして、豆まきの後に食べる豆の数は
いくつがいいのでしょうか。

次回の記事をお楽しみに!

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link