豆まきをしたり
福豆
家族で福豆を食べたり・・・と

ご家庭でそれぞれの行事を行う節分の日。

一晩あけると「立春」の日を迎えます。


暦の上では「春」を迎えたということなのですが

まだまだ寒いのに「春」ってどうよ!?

なーんて思ったりはしていませんか?


Sponsoerd link

立春とは?

二十四節季のひとつであり
地球が公転軌道上で、
太陽黄経315°に来た瞬間の日付をもって立春としています。

冬至と春分の中間に当たる日でもあります。
また、立春から雨水(2月4日頃~19日頃)までの期間を
そう呼ぶこともあります。

この日から立夏の前日までのが「春」となるため
立春を一言で表すと、春の初日ということになります。


旧暦の頃は、立春の日が1年の始まりと考えられていました。
現在でも、立春の日を基準とした節目の日が存在しています。

  • 節分の日…立春の前日
  • 八十八夜…立春から数えて88日目
  • 二百十日・二百二十日…立春から数えて、それぞれ210日目と220日目


立春の日は元々寒かった?!

立春から春が始まるっていうけど
まだまだ寒いし・・・

旧暦だから、季節がずれているんじゃない?



その気持ち、よーくわかります。

でもね、立春の日は、今も昔も寒い日なのです。

ひな祭りや七夕など、太陰暦に基づいた行事は
旧暦と新暦で季節のずれが生じます。

ところが、
立春は、太陽の運行に基づいて決められた日ですので
季節のずれは生じません。


春が立つと書いて立春です。

「立」という漢字には
これから動き始める。という意味があります。

つまり、立春は、春が動き始める日であり
これから暖かくなっていく節目の日にあたります。

ちなみに・・・
立春以降に、初めて吹く南よりの強い風を「春一番」といいます。


立春はいつ?

2014年以降の立春の日は、2020年迄は2月4日が続きます。

とはいえ、必ず2月4日と決まっているわけではありません。

2021年以降は、2月3日という年が出てきます。

過去には、2月5日という年もありました。

日付が動くのは、
4年に1度うるう年がある事と同様の理由によるものです。


年内立春と新年立春


旧暦の頃は、正月の前に立春を迎えることがありました。
このことを、年内立春といいます。

逆に、正月を迎えた後に立春が来る場合新年立春といいます。

もちろん、旧暦1月1日=立春では無かったわけですが
まれに(約30年に1回)重なる年があります。

この場合は、特に朔旦立春(立春正月)と呼ばれ、
非常に縁起のいい日とされています。

近年では、平成4(1992)年が、朔旦立春でした。
次に朔旦立春が訪れるのは、2038年になります。


立春大吉のお札の役割は?

立春の日になると「立春大吉」と書かれた
お札が貼ってるのを見かけたことはありませんか?
立春大吉お札
立春大吉は厄除けのお札
禅宗のお寺様の習慣からきているものです。

お札には、
縦書きで立春大吉と書かれています。
真ん中に線を引いてみてください。
(イメージで)

4つの文字すべてが、
左右対称になっていますね。
表から見ても、裏から見ても、
立春大吉と読むことが出来ます。

立春は節分の次の日であることからなのでしょう。
こんな話が伝えられています。

鬼が玄関に立春大吉のお札が貼ってある家に入ってから
ふと振り返ると、
同じように立春大吉と書いてあるお札が目にとまります。
(裏から見ている)

鬼は、この家にはまだ入っていなかった。
と思い込み、逆戻りして出て行ってしまいます。


というわけで(?)
立春大吉のお札を貼っていると
1年間を平穏無事に過ごすことが出来る。と言われています。


このお札、手作りする方もいらっしゃるようですが
出雲大社相模分祠では、お札を郵送で届けてくださいます。

どうやって作るの?と悩んでいるのであれば
神社のありがたいお札を手に入れる。
という方法もひとつの選択肢として、あり!ではないでしょうか。

毎年、年明けすぐから受付を開始していますので
気になる方は、以下のブログをチェックしておきましょう!
「いづもさんBLOG ~出雲大社相模分祠公式ブログ」




梅とうぐいす

立春が過ぎると、
南の地方では梅が咲き始めたりもしますが
北の地方は、冬真っ只中!

あと1~2ヶ月の辛抱だっ!と、
雪と格闘している時期でもあります。

いずれにせよ、春は待ち遠しいものですね^ ^

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事