今日は「土用の丑の日」だから、夏バテをしないようにうなぎを食べるんだよ。

うな丼2

まだ幼い頃、こんな風に言い聞かされたことを覚えています。


ところで、この「土用の丑の日」は、祝日でもないのに生活の中にかなり浸透しています。

「丑の日」だけを取れば、(最近はあまり見かけませんが)カレンダーの日付の横に小さく書いてある「丙戌」とか「己丑」といった文字に「丑」と付いている日が「丑の日」なんだろうなぁ~程度ですが、解らなくもありません。
 ※丑の日については、こちらの記事が良く解ります。
  ⇒「夏の土用の丑の日はいつ?何回あるの?」

でも「土用」は、いったいどこから来たのでしょう?今回は、土用の丑の日の「土用」について、その由来語源をまとめました。




sponserd Links

土用の丑の日 土用の由来とは?

土用という期間には、古代中国の思想である「陰陽五行説」がかかわっています。

陰陽五行説は、

  • 自然界のあらゆるものを「蔭」と「陽」にわけた「陰陽論」
  • 自然界は「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(ごん)」「水(すい)」の5つの要素でなりたっているとする「五行説」

この2つを組み合わせて、宇宙や自然、人事などありとあらゆる現象を説明する理論です。


五行説が持つ5つの要素に、1年を表す四季を当てはめ「春=木」「夏=火」「秋=金」「冬=水」としたのですが、これでは五行説の構成要素である「土」が欠けてしまいます。

そこで、それぞれの季節の終わり約18日間「土」を割り当て「土用」としました。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」各日の前、約18日間が土用の期間となっています。

あれ???土用って夏だけじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

今では、土用というと夏土用を指す言葉になっていますが、土用は春夏秋冬各季節にあります。



土用の丑の日 土用の語源

さて、ここからは土用という言葉を、もう少し掘り下げてみようと思います。

本来、五行説の5つの要素は「木気・火気・土気・金気・水気」といい、「土用」というものはありません。

じゃぁ何なの?と思うかもしれませんが、「土用」は、もともと「土旺(王)用事(どおうようじ)と言い、この「旺(王)」と「事」が省略されたものとされています。

「土旺用事」は、「土の気が旺(さかん)になり事を用うる」と読みます。

ここでの「用」には、「はたらき」という意味があり、土の気がもっとも働く期間ということになります。

ちなみに「王」には、大きく伸びるといった意味があり、「旺」は日の光が盛んに四方に放たれるさまを意味しているそうです。

また、「土旺(王)」が日本に伝わってから発音がなまって「どよう」になったため
「用」という漢字があてはめられて「土用」になったという説もあります。






土用の丑の日はやっぱり「うなぎ」ですね^ ^



≪参考≫
 土用 / 日本文化いろは事典
 土用の入り / こよみのページ
 土用の丑の日とは / 川口水産
 陰陽五行説 / 三嶋暦



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link