半夏生の日の食べ物
こどもの日の柏餅のように
日本全国どこでも同じというわけではありません。たこ鯖うどん

地域によって、違いがあり
主な食べ物には「タコ・鯖・うどん」があります。

この3つの食べ物について
半夏生の日に食べられるようになった由来
その食べ物の持つ効能についてお届けしている

「半夏生の食べ物の由来と効能シリーズ!」

第2回目は「鯖」です。

半夏生の日に食べる鯖は
その地域で「半夏生鯖(はんげっしょさば)」
と、呼ばれています。


Sponsoerd link

半夏生鯖(はんげっしょさば)の由来

半夏生鯖は、半夏生鯖②
半夏生の日に一匹丸ごと焼いた「焼き鯖」
一人1本、家族全員が食べるという風習で
福井県(大野市を中心とした地域)に
伝わるものです。

鯖といえば、秋鯖というほどで
脂がのっておいしい旬の時期は秋です。

旬の時期にはまだまだ早い半夏生の日に
焼き鯖を食べる風習が生まれたのには、こんな由来があります。


時は江戸時代、この地域が大野藩と呼ばれていた頃・・・
海沿いの四ケ浦に、飛び地の領地を持っていました。

この地では、鯖の水揚げが多く、
年貢として納められるほどでした。

当時の大野藩主は、漁村の年貢軽減
田植えで疲れた農民の栄養補給のために
鯖を食べることを推奨する令書を発します。

すると、その令書を見た町の魚屋さんが
半夏生の日に焼いた鯖を売り出したのです。

農民にとって、魚は高価なものでしたが
この日ばかりは、家族分を買い求め食したそうです。


この事が時と共にに定着し、受け継がれ
現在も風習の1つとして根付いているのが半夏生鯖です。


鯖の効能

鯖に含まれる豊富な脂質
たんぱく質を補う役割をし、体力をつける働きがあります。

中でも、EPA(エイコサペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)など多価不飽和脂肪酸の量は、
他の魚と比べて群を抜いています。

多価不飽和脂肪酸には

  • 血中コレステロールや中性脂肪の低下
  • 血液を流れやすくする

という働きがあり、
動脈硬化や血栓が原因で起こる
脳梗塞心筋梗塞予防する作用があります。

加えて、DHAには
脳細胞を活性化する効果があることが解っており
ボケの予防にも一役かってくれます。


さらに・・・

  • 口内炎や口角炎の予防、改善に役立つビタミンB2
  • 悪性貧血の予防や肩こりの解消に効果のあるビタミンB12
  • カルシウムの吸収を助け、骨粗鬆症の予防に役立つビタミンD

などのビタミン群が豊富に含まれているのも
鯖の特徴のひとつです。

特にビタミンB群
糖質や脂質の代謝を進め疲労回復細胞の再生効果を発揮します。

半夏生に鯖を食べることは
田植えで疲労した身体にとって、
とても効果的だったということが出来ます。


身体にいい栄養素がたくさんの鯖!

一口食べるごとに
健康になりそうな気がしてきます^ ^


おまけ☆

「鯖の生き腐れ」という言葉はご存知ですか?

鯖は、自分のもつ分解酵素で
自己消化をおこしやすいため
他の魚に比べて、とても痛みやすい魚です。

「一見新鮮そうに見えても、内部が傷んでいる事もある。」
ということを形容した言葉です。生さば

おいしそう!と思って買ったのに
調理しようと思ったら痛んでいた(T T)

なんていう目にあわないように
鯖の選び方のポイントを挙げておきます。

 icon-check-square-o 背の青緑色の斑紋がはっきりしていて
  腹の銀色のところが光っているもの。
  (斑紋が黒色ではっきり出ているものは輸入品です。)

 icon-check-square-o 身や皮にハリがあるもの。
  真ん中を指で持った時に、
  身がピンと張っているものほど新鮮です。

 icon-check-square-o 目が澄んでいて、エラが赤く鮮やかなもの。
  目が濁っているものは、鮮度が落ちています。

 icon-check-square-o 切り口が柔らかく見えないもの(切り身の場合)

以上、お買い物の時の参考にしていただければ幸いです。



さて、
「半夏生の食べ物の由来と効能シリーズ!」も
残すところ、あと1回となりました。

次回は最終回!「うどん」についてお届けいたします。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link