突然ですが、クイズです♪

冬至をあらわす、別の言葉は何でしょう?

 ・
 ・
 ・

思い浮かびましたか?

 ?

 ?

 ?



そろそろ、いいですか?

それでは、答えを発表します!一陽来復(書)


正解は「一陽来復」です☆


それって御守じゃぁ・・・。

なんて思いましたか?


穴八幡宮(東京・早稲田)では
冬至の日から「一陽来復御守」が頒布されます。

御守のことを、ご存知であれば
ピンと来たかもしれません。


ところで、「一陽来復」
なぜ、冬至を指す言葉なのか?

その理由は、ご存知でしょうか?

Sponsoerd link


一陽来復=冬至なわけ

一陽来復は、古代中国占いの書「易経」に出てくる言葉で
「陰が極まって陽が生ずる」ことを表しています。

ちょっと解りにくいですね^ ^;


それでは・・・

  • 陰が極まるは、陰が終わる。
  • 陽が生ずるは、陽が戻ってくる。

と、置き換えてみてください。

陰が終わって、陽が戻ってくる。となります。

もっと簡単に言うと、太陽が力を取り戻す。
つまり、明るい時間が増えていく。ということです。

明るい時間が増える起点となる日といえば?

もう、繋がりましたね!「冬至」です。

冬至は、旧暦11月に訪れたので、
一陽来復は、旧暦11月を指す場合もあります。


スッキリしていただけたでしょうか?!


それでは、次の質問です^ ^
「一陽来復」には、どんな意味があるのでしょう?


一陽来復の意味

元々の意味は
「冬が続いた後、春の訪れのきざしが現れる」です。

この春は、旧暦でいう春ですから
新年が来るという意味も含んでいます。

古来では、冬至を新年の起点として考えていました。


そして、もう1つ!

悪いことが長く続いた後で、ようやくいい方向へ向かうこと。

という意味もあります。


昔の人にとって、冬はとても厳しい時期でした。冬(結晶)

暖をとる事も、食料の確保も
現在のように簡単な事ではなかったからです。

それだけに、
春が近づく冬至を迎えるということは
とても喜ばしいことでもありました。

きっと、こういった背景から

  • 辛い冬=悪いこと
  • 暖かい春=良いこと という解釈が生まれ、

このような意味を持ったのではないでしょうか。



さて、冒頭でも少し触れましたが
冬至(一陽来復)の日から穴八幡宮では御守が頒布されます。

それが「一陽来復御守」です。


一陽来復御守の効果

この御守は、穴八幡宮(東京・早稲田)において
江戸時代中期より、毎年頒布されてきました。

穴八幡宮に伝わる福の神(打出小槌)のご利益があり
お金に恵まれ幸せになると言われています。

また、金銀融通の御守としても、人気があります。

その秘密は、御守に隠されています。

御守りの中には、金柑(キンカン)と
銀杏(ギンナン)の実が一粒ずつ入っています。

これを、自宅でその年の恵方に祀る(貼る)と一陽来復(御守)

「金・銀=財宝」に苦労しない。

ということからきています。


御守りを祀る日時や恵方は、
御守りと一緒にいただく説明書きに従いましょう。


一陽来復御守の配布期間と時間

一陽来復御守は、
毎年冬至の日から翌年の節分の日まで頒布されます。穴八幡宮

今年(2016年)は、12月21日から
翌年(2017年)の、2月3日までとなります。

時間帯は、

  • 冬至~12月31日:8:00~19:00
  • 元旦~2月3日:9:00~17:00 

となっています。

が・・・

冬至の日に限って、5:00~21:00という時間帯になります。

御守の配布開始に併せて、
前日からの徹夜組の人たちが並んでいるそうです。

ご利益があればこそなのでしょうが
人気の高さを感じずにはいられません。




さてさて・・・

これだけ人気があるのなら
今年はいただきに行こうかなぁ~。

と、思ってみても

初穂料(御守の値段)はいくらなんだろう?

なんて、気になってはいませんか?

なににつけ、人気のある物は
高い事が多いですから、その気持ちも解ります。

ここでスッキリさせましょう^ ^

穴八幡宮「一陽来復御守」の初穂料は、800円です。


御守配布初日はとても混み合います。

冬至の日にこだわるのなら当日の夕方遅い時間から
もしくは、2日目以降ですと並ばずに御守をいただく事ができます。

ご参考まで・・・。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事