前回は、土用の丑の日の食べ物として、
丑の日にあやかった「う」の付く食べ物を紹介しました。シジミ・卵・餅

でも、土用の丑の日の行事食は、
それだけではありません。


「土用餅」「土用蜆」「土用卵」
こう呼ばれる食べ物があるのはご存知ですか?



Sponsoerd link

土用餅

土用餅

土用餅は、土用に食べるあんころ餅のことをいいます。


土用餅の由来

その昔、宮中の公家の間では、

土用の丑の日に、ガガ芋の葉を煮出した汁でもち米の粉を練り、
丸くまるめたものを味噌汁に入れて食べると暑気あたりしない。

という風習がありました。

それが、江戸時代中期になると、
土用の入りの日にお餅を小豆餡に包んだあんころ餅を食べるように変わりました。

土用餅は、お餅は力持ち(力餅)小豆は厄除けに通じるため、
無病息災で過ごすことができると言われています。

また小豆に含まれているビタミンB1は糖質をエネルギーに変える作用があり、
筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になることを防いでくれる働きがあるので、
疲労回復、肩こり、筋肉痛、だるさ、夏バテなどに効果があるとされています。

土用の丑の日に土用餅を食べるという風習は、
関西や北陸地方(特に京都や金沢)を中心に残っています。



土用蜆(どようしじみ)

土用蜆

昔から「土用の蜆は腹の薬」と言われていて、
「う」のつく食べ物が定着する前から、土用の食べ物でした。

蜆というと、冬が旬というイメージがあるかもしれませんが、
蜆の旬は、夏と冬の2回あります。

それぞれ「土用蜆」と「寒しじみ」と呼ばれています。


蜆(しじみ)の効果

しじみには良質のたんぱく質やグリコーゲンにタウリン(アミノ酸の1つ)、
ビタミンが豊富に含まれています。

他の貝と比較しても、含まれている栄養素は群を抜いています。

しじみは、「生きた肝臓薬」とも言われるほど、
肝臓の機能を修復したり、活性化する効果に富んでいます。

それに加えて、貧血の予防や疲れ眼の改善、利尿の促進や免疫力の強化など、
様々な効果があげられます。

旬の時期のしじみは、栄養価が普段より高くなることから、
土用の丑の日にしじみを食べるというのは、理にかなっているということができます。

昔の人の知恵には、驚かされることがたくさんありますね^ ^



土用卵

土用卵
土用卵と聞いて、「うまき(うなぎを巻いた卵焼き)」を想像したりしていませんか?

違いますよぉ~っ!

土用卵とは、土用の時期に産み落とされた卵のことをいいます。


卵の効果

卵は、「完全栄養食品」と言われているのはご存知でしょうか?

その証拠は「ひよこ」です。

なぜにひよこ??? ですよね?!

当然ですが、ひよこは卵から生まれてきます。

つまり、卵には、ひよこの全身の細胞(脳や神経など)を作ったり、
骨格を作ったりするために必要な栄養が全て含まれているというわけです。

どんな栄養素が含まれているかというと、
たんぱく質やカルシウム、鉄分のほか、人の体内では生成できない8種類の必須アミノ酸など、
ビタミンCを除くほとんどの栄養素になります。

特に、たんぱく質はとても良質なもので、
たんぱく質の栄養価を示す基準では、もっとも優れた食品とされています。

このように栄養たっぷりの卵ですが、
土用の期間に産み落とされた卵は、特に精が付くといわれています。

良質なたんぱく質は、胃腸の冷えを癒し体の中から暖めて免疫力を高めてくれますし、
必須アミノ酸は肝機能の向上に効果があります。



最後に・・・

しじみや卵の栄養価が高まっている土用の時期です。

うなぎを食べる日には、しじみの味噌汁にしたり、
出し巻き卵を追加したりして、ダブル効果を狙ってみてはいかがでしょう^ ^

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link