年が明けると、冬はどんどん本格化していきます。

正月三が日が過ぎ、ふっと一息つく頃になると、雪の結晶2

「今日は、寒(かん)の入りです。」

という言葉を、耳にするかと思います。


寒に入ったということは、
これから、1年で最も寒い時期を迎える
ということです。

雪国にお住まいの方などは、

もう、寒いのはうんざり、雪もいらないし・・・

こんな風に、考えてしまうかもしれません。


この、1年で最も寒い時期は、
二十四節気において「大寒」にあたります。

今回は、

  • 大寒の持つ意味は?
  • 大寒の日とはいつ?
  • 大寒は、どんな季節なの?

というところを、
こよみ便覧や七十二候を用いて、みていこうと思います。


sponserd Links


大寒の意味

こよみ便覧を紐解いてみると、大寒の欄には

「ひ(冷)ゆることのいた(至)りて
 はなはだ(甚だ)しきとなればなり(也)」


とあります。

なんとなく、解るような解らないような文です^ ^;

ここでいう
「至り」は、「ある物事が最高の状態に達していること」
「甚だしい」は、「普通の度合をはるかに超えている」
という意味を持っています。(goo辞書より)

直訳すると
冷える事が最高の状態で、
普段の度合をはるかに超えているからである
となります。

もう、解りますね?!

寒さ(冷え)が一番厳しい時期だから、「大寒」と名付けた」

という意味です。


※こよみ便覧について

 江戸時代(1787(天明7)年)に出版された、暦の解説書で、
 現在でも二十四節気を説明する際に、引用されることが多い書籍です。

 国立国会図書館に所蔵されており、現在はネット公開されています。
 「こよみ便覧」 ※二十四節気の記載は、7ページ目にあります。


大寒の日はいつ?

大寒の日は、毎年1月20日頃
もしくは、大寒から次の節気である立春までの期間を指します。

2017年の大寒の日は1月20日
その期間は、1月20日~2月3日迄となっています。
 ※2017年の立春は、2月4日です。


大寒の季節(七十二候)

さて、大寒の頃の日本は、どんな季節を迎えるのでしょう?
七十二候を基に見ていくことにします。

※七十二候(しちじゅうにこう)
 1つの節気を、初候、次候、末候(5日ずつ)の3つに分けて
 気象や動植物の変化を表したものです。


七十二候 初候 蚕起食桑

「款冬華(ふきのはなさく)
 ※「かんとうはなさく」「ふきのとうはなさく」と読むとも言われています。

厳しい寒さの中、深い雪の下で
蕗の薹(ふきのとう)のつぼみがそっと顔を出す頃を、表しています。

蕗の薹は、雪解けを待たずに顔を出すので、
「春の使者」とも、呼ばれています。ふきのとう

大寒の後に訪れる節気は、立春です。

寒さが厳しい時節でありつつも、
春が近いという、喜びを感じていたのでしょう。

ちなみに・・・
款冬は、ふきの別名です。


七十二候 次候 水沢腹堅

「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

厳しい寒さで、
沢の水も堅く凍ってしまう頃を表しています。


「水沢腹堅」は、音読みで「すいたくふくけん」
訓読みでは「水沢(みずさわ)腹(あつ)く堅(かた)し」
とも読まれます。福寿草

訓読みだと、イメージが作りやすいですね^ ^

沢の水も堅く凍るほど厳しい時期でありながら、
この頃になると、福寿草が花を咲かせます。

秋に芽を出して、冬に花を咲かせる福寿草は、
「元日草(がんじつそう)」や「朔日草(ついたちそう)」
とも呼ばれ、春を告げる花の1つです。


七十二候 末候 鶏始乳

「鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)
 ※「にわとりはじめてとやにつく」とも読みます。

鶏が春の気配を感じて、卵を産み始める時期を表しています。


卵

卵を産み始める時期って・・・?
と、不思議に思ったかもしれません。

養鶏が発達している現在は、
いつでも卵を手に入れることができます。

が・・・

過去においては、そうではない時代がありました。




昔は、冬の寒さで、
鶏の産卵数が、極端に少なくなりました。

さらに、寒いことが原因で、
水の摂取量が減り、飼料を多く食べたのです。

そんな環境で産む卵は、
一年のうちで最も栄養価が高い卵になります。

ですから、

「大寒の卵を食べると、1年を健康で過ごすことが出来る」

と、言われて当然の食べ物という事ができます。

さらに、黄身も濃厚で、最もおいしい卵とされています。


また、風水での「大寒の卵」は、
金運健康運を呼ぶ縁起物です♪

これには、

  • 大寒の寒さの中で生まれる卵は、最も生気に溢れている
  • 寒さを耐えた後には春がやってくる
    =堪えた後には、幸せがやってくる
  • 卵は、金の気を持つ食べ物である

という理由があります。



大寒の卵は、想像しただけでおいしそうですし、
御利益もたっぷりありそうですね^ ^




大寒の頃は、みそや醤油、
高野豆腐やお酒などを、仕込む時期でもあります。

また、大寒の朝に汲んだ水は腐りにくいと言われており、
汲み置きする家庭もあるそうです。

きっと、その寒さから、
雑菌が入りにくい時期だからなのでしょう。

寒いのは嫌い!!というのは、よーく解ります。

でも、その寒さが必要という事もあるのだと
改めて実感しているところです。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link