新緑の季節が過ぎ、

なんとなぁ~く、夏の気配は感じるものの

そろそろ梅雨だよね・・・ と、思う頃

二十四節気では「芒種(ぼうしゅ)を迎えます。


梅雨

と、お伝えしたところで

「芒種」そのものが、

あまり馴染みのない言葉だと思います。


本格的な梅雨を迎える前に訪れる「芒種」について、

その時期はもちろんのこと、

芒種の持つ意味季節について、お届けいたします。


Sponsoerd link


芒種の意味

暦便覧で、芒種の記述を見ると
「芒(のげ)ある穀るい稼種(かしゅ)する時なればなり」
とあります。

いつもの事ではありますが、
このままでは、意味が解りませんwww

それは「芒」「稼種」も、
現代では、馴染みのない言葉だからです。

ということで、ひとつずつ見ていきましょう^ ^




「芒」とは、米や麦などイネ科の植物が実った時、
その果実の先端にある、針状の突起の事です。

解り易いので、麦の写真をご覧ください。

麦

ひとつひとつの実の先端から
針のように細く伸びているものがありますね。

これが「芒」です。

暦便覧では「のげ」と読ませていますが、
通常は「のぎ」や「ぼう」と読みます。


次に「稼種」はというと、????? m(_ _)m

どうやら、この二文字を、
1つの単語として見てはいけないようです。

「種」は、タネだとしても、
タネが稼ぐというのは、おかしな話ですよね?!

「稼」という文字を見て思い浮かぶのは、
仕事をする(稼ぐ)や、働いて得た金銭(稼ぎ)だと思います。

でも、それだけではありません。

「稼」には、

  1. うえる(植)(穀物を育てるために、種子や苗を地中に埋める)
  2. うえつけ(穀物を育てる為に、種子や苗を地中に埋める事)
  3. 耕作(田畑を耕して穀物・野菜などを栽培すること)、農業の仕事
  4. 実り( 草木や穀物などが実を結ぶこと)、実った稲の穂

という、まったく別の意味もあります。※漢字辞典-OK辞典より




ここまでの事をこよみ便覧の記述に当てはめると、
芒種は、芒のある穀物の種まきをする時期
ということが出来ます。

また、お米の場合は稲を植えるので、
田植の時期という解釈も成り立ちます。


芒種はいつ?

芒種は、毎年6月6日頃
もしくは、芒種から次の節気である夏至までの期間を指します。

現在、暦要項で公表されている芒種の日(期間)は、

  • 2016年6月5日(6月5日~6月21日)
  • 2017年は6月5日(6月5日~6月20日)

と、なっています。


ここで、あれ?と思った方はいらっしゃいませんか?
その「あれ?」は、きっと正解です^ ^

新暦の6月には、すでに田植が終わっていますから
実際の季節にそぐわないと、感じてもおかしい事ではありません。

これは、旧暦を新暦に変換した時に生じるズレで、
旧暦での芒種は、4月末~5月初旬に訪れていました。

ご参考までに・・・
今年の芒種の日、新暦6月5日は、旧暦5月1日にあたります。


芒種の季節

芒種の頃の日本は、どんな季節を迎えているのかを
七十二候を基に、見ていきましょう。

※七十二候(しちじゅうにこう)とは
 1つの節気を、初候、次候、末候(5日ずつ)の3つに分けて
 気象や動植物の変化を表したものです。

芒種 初候 蟷螂生

「蟷螂生(かまきりしょうず)カマキリ

蟷螂(かまきり)が
生まれ出る季節を表しています。


カマキリの産卵は秋で、泡状の粘液と共に
植物の茎などに、卵を産み付けます。

その粘液は、卵を外敵や気温の変化から守る役割をしており
中には、数百個の卵が入っているそうです。

無事に冬を越した卵から、
一斉に孵化した赤ちゃんが、外の世界に飛び出す季節です。

※豆知識
雪国では、カマキリの卵の位置で、その年の積雪を予想することがあります。
これは、カマキリが雪に隠れない位置に、卵を産む習性があるからです。

民間予報と言われれば、それまでなのですが・・・。

カマキリの卵が、高い位置にある年は雪が多く、
低い位置にある年は雪が少ない、というふうに考えられています。


芒種 次候 腐草為蛍

「腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)蛍
 ※腐草は「ふそう」とも読まれます。

腐った草が蒸れ、蛍となる時期を表しています。

このまま素直に解釈すると、
なんだかおかしな話だと思いませんか?

だって、どう考えても、
腐った草が、蛍になるはずがありませんもの^ ^;


蛍の幼虫は、田んぼや水辺などの湿地に生息しています。

きっと、この事が、
腐った草が蛍になると言われた要因だと思います。

なぜかというと・・・

湿地に生えている草は、
水に浸っている所が、ブヨブヨになっていたりします。

腐った草というよりは、
腐りかけた草の方が合っているかもしれません。

そんな草の下で、蛹から成虫になった蛍が、
幻想的な光を放ち始めるからです。

また、この頃は、梅雨が近づいていることもあり、
ジメジメとした蒸し暑い日も多くなってきます。

これらの事から、

「蒸し暑くなり、腐れかけた草の下で蛍が光を放ち始める」

こんな解釈が、合っているように感じます。
 ※あくまで筆者の解釈です。


芒種 末候 梅子黄

「梅子黄(うめのみきなり)梅②
 ※「うめのみきばむ」とも読まれています。

梅の実が熟し、黄色に色づく季節を表しています。


梅は、古くから日本人の身近にある植物でした。

花見といえば「桜」を連想すると思いますが、
奈良時代以前は、梅の花を愛でるものでした。

そして!

梅干しを漬けるには、この時期の梅が最適です^ ^

梅干しには、殺菌効果疲労回復
血液浄化作用など、様々な効果があります。

今でこそ、その効果は科学的に解明されていますが、
昔から「梅は三毒を断つ」と言われ、
日本人の健康を支えてきました。

三毒は、

  • 食べ物の毒:食べ物に付着するバクテリアなど
  • 血液の毒:疲労の元になる乳酸など
  • 水の毒:水に含まれる雑菌や病原菌

を、指しています。

食べ物の毒と聞いて、もしかしたら・・・と、
思い当たる節があるのではないでしょうか。

そう!日の丸弁当です!!

ご飯の真ん中にある梅干しは、
ご飯が悪くなるのを防ぐためにと、入れられていました。

おにぎりの具として、梅干しを使ったのも
同じ理由からです。

梅干しには、

  • 焼いた梅干(梅肉)を、こめかみに貼ると頭痛が治る
  • 白湯(さゆ)に、梅干しを入れて飲むと風邪に効く
  • 梅干し入りのお茶で、うがいをすると風邪を引かない

という言い伝えも残っています。


最後に・・・

梅雨は、本来「ばいう」と読み、
梅の実が熟す頃に降る雨を指しています。

日本独自の言葉のようですが、
実は、中国から伝わってきたものです。

梅雨を「つゆ」と読むようになったのは、
江戸時代頃からだということです。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事