大きく暑いと書いて大暑

真夏

この2文字を見て

熱ーい夏を思い浮かべたのは

きっとあなただけではないでしょう。


大暑は、二十四節気において

12番目の節気にあたります。


何か気付きませんか?


24ある節気の12番目ですから
大暑が過ぎると、1年の半分が終わります。

春夏秋冬の半分!
春夏が終わるということです。

大暑は、夏の季節
最後の節気になります。


ここでは、
なぜこの時期を大暑と呼んだのか?

その意味を、こよみ便覧を基に
紐解いてみようと思います。

また、今年の大暑の日(期間)や、
七十二候の表す季節も併せてお届けいたします。


sponserd Links


大暑の意味

さっそくですが、こよみ便覧で
大暑の欄を見てみましょう。
 ⇒「こよみ便覧」 
   ※7ページ目にあります

暑気(しょき)いたり
つまりたる時節なればな里(り)

中に変体仮名が使われていますから、
解りにくいかもしれませんが
このように書かれているのが見て取れると思います。

解り易くすると

夏の暑さが極まる季節だから(大暑)である

という意味です。

つまり、1年の内で一番暑い季節をして
大暑と呼んだということになります。


太陽

朝からジージーと蝉が大合唱していたり
熱帯夜で寝苦しい夜が続く

そんな、夏真っ盛りの時期を
意味する節気が大暑です。

とはいえ、現実的な暑さのピークとは
若干のずれがありますがwww


ちなみに・・・

大暑の読みは「たいしょ」です。

「だいしょ」と読んでも間違いではありませんが
テストでは「×」になるかもしれません(笑)


大暑の日(期間)2017年はいつ?

本格的な夏の到来を示す大暑の日は、
毎年7月23日頃に訪れます。

その期間は、
次の節気である立秋の前日までとなります。

2017年の大暑の日は7月23日
その期間は、7月23日~8月6日です。


この時期の風物詩に、
打ち水があります。

庭先や道路に水を撒いて
土埃を抑えたり、涼を得る

昔から日本に伝わる風習です。


七十二候の表す大暑の季節

さて、ここからは七十二候を用いて
その表す季節を見て行こうと思います。

七十二候は、1つの節気を
初候・次候・末候の3つに分けており、

それぞれに、こんな季節だよ!という
解り易い文言が付されています。

それでは、初候から順に見ていきましょう。


大暑 初候 桐始花結

「桐始花結(きりはじめてはなをむすぶ)
桐の花
桐の花が実を結び始める季節を表しています。


なんでそうなるの?
と、思われるかもしれません。

「花を結ぶ」という言い方は、
馴染みの無いがないものですから^ ^

ここでの「結ぶ」は「結実する」
つまり「実を結ぶ」という意味になります。

とはいえ、桐の実はおろか、桐の花も、
なかなかお目にかかる事が出来ないものです。


さて、桐といえば、
やっぱり箪笥(たんす)ではないでしょうか。

昔は、女の子の嫁入り道具の1つになっていて、

女の子が生まれると、桐の木を植えて
嫁ぐ時には、その桐の木で箪笥を作る

という風習もありました。

桐は、防湿性防虫効果
耐火性に優れた木材です。

大切なものや着物を、桐箱や桐箪笥にしまう。

そんな、古くからの知恵には
驚かされるところです。


そして、桐は桐紋という
家紋にも使われています。桐紋

桐紋は、花の数によって
「五七の桐」と「五三の桐」があります。

そうそう!500円玉の裏側!!
ここにも桐がデザインされています。

今すぐにとは言いませんが、手に取った時にでも
ご覧いただければと思います。


大暑 次候 土潤溽暑

「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)

土が湿り気を帯びて蒸し暑い季節
を表しています。


初候に続いて、
見慣れない漢字が並んでいますが・・・

溽暑は「じょくしょ」と読んで、
湿気が多く蒸し暑いことを言います。

そして、ここの(うるおう)は、
水気をふくむという意味に取るといいでしょう。

カラッとした暑さとは逆で、
どこかジメッとして重苦しい暑さを
想像していただくと、ピッタリだと思います。


話は全く変わりますが、
ハッサクはご存じですか?
はっさく
夏みかんによく似た
オレンジ色のくだものです。

で、このハッサクなのですが、
旧暦8月1日頃から食べることができたから
そういう名前になったと言われています。

ハッサクは、漢字で書くと「八朔」
これは「八月朔日(ついたち)につながります。

次候の期間が、8月1日頃までになるので
8月1日つながりで、持ち出したところです。

とはいうものの・・・

旧暦8月1日は新暦で9月下旬になります。

実際の収穫期(12月)や旬の時期(3月)とは
かなりのズレがある事も事実です。

どうして八朔という名前がついたのか?
この真相は、未だ闇の中にあります。


大暑 末候 大雨時行

「大雨時行(たいうときどきふる)

時として大雨が降る季節を表しています。


ここでの大雨は「夕立」のことで、
決して「ゲリラ豪雨」ではありません。

モクモクと入道雲が立ち込めて雨雲
なんだか暗くなってきたと思うや否や!

ゴロピカドン♪
ザーーーーーッ!!

うわっ(汗;と思っても
暫く待つと、ピタッと上がる。

雨が過ぎ去った後は、
何事もなかったような陽の光に蝉の声。

待ってれば上がるでしょっ!?
夕立には、こんな言葉も付きものでした。


またまた変わりますが、この季節は
日本各地で、夏祭りが開催される時期になります。

夏祭り!と言えば、やっぱり東北でしょうか?

青森「ねぶた祭り」、秋田「竿灯祭り」
仙台「七夕祭り」、岩手「盛岡さんさ踊り」
山形「花笠まつり」、福島「福島わらじまつり」

など、まだまだあります。

過行く短い夏を惜しむかのように
東北の夏祭りは、熱く盛り上がります。





大暑が過ぎると、秋の節気に入ります。

まだまだ、暑い日が続きますが
暑中見舞いは、大暑の期間中に届けましょう。
 ※暑中見舞いの期間=小暑の日以降、大暑の期間中

次の節気に入ってしまうと、
残暑見舞いの期間となります。

うっかり!のないように、ご注意ください^ ^



≪参考≫
 大暑(たいしょ) / 日本の行事・暦
 桐始結花・きりはじめてはなをむすぶ / ぴお 町の工務店ネット
 桐は防湿・防虫・耐火性に優れています / 町八家具
 はっさく / 果物の知識 丸果石川中央青果
 旧暦で楽しむ日本の四季 二十四節気と七十二候 / 別冊宝島編集部編



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link