「お彼岸」という文字を見て
「おひがん」と読むことができるかとは思いますが、

お彼岸とは、いったいどういう日なのでしょう?

彼岸花

そういえば・・・

お彼岸って、どうしてお彼岸っていうんだろう?
そんな事、考えた事も無かったけど気になる!

と思ったら、ぜひ!この先をご覧ください^ ^


Sponsoerd link

お彼岸は日本だけのもの

お彼岸は日本だけの行事で
おなじ仏教徒である、中国やインドには無いものです。

今では、仏教行事の1つになっているお彼岸ですが、

日本に仏教が広まる前から、この時期に、
自然や祖先に感謝する習慣があったとも言われています。

仏教行事として行われ始めたのは、平安時代のこと。

ただ、この頃は、一部の人達の間だけで行われており
民衆の間に広まったのは、江戸時代になってからということです。



お彼岸の意味

「彼岸」の語源は、
梵語のパーラミター(波羅蜜多)の漢訳である
「到彼岸」からきています。

分解してみると、
「到彼岸」→「彼岸に到る」→「彼(か)の岸に至る」
となります。

「彼」は「あちら」という意味を持っていますから

「お彼岸」は、

私達が生きている「煩悩や迷いに満ちた世界」(こちら側)から
「煩悩や迷いの無い世界」(あちら側)へ至る。


という意味を持っています。

「煩悩や迷いの無い世界」は、いうまでも無く極楽浄土=天国です。

ちなみに・・・
「彼岸」(あちら側)に対して、
こちら側を「此岸(しがん)」と言います。



お彼岸は修行の期間!?

「彼岸」の語源であるパーラミター(波羅蜜多)は、
「修行の完成」という意味を持っています。

つまり、修行の結果、
たどり着くことのできる理想的な場所が「彼岸」
なのです。

お彼岸は、その期間中の6日間(中日を除く)に
「六波羅蜜」の修行を1日1ずつ実践して

「極楽浄土へ渡ることができるように。」

と願う、実践信仰の期間とされています。



六波羅蜜(ろくはらみつ)の修行

六波羅蜜の修行は、
他の人をも救う(悟らせる)修行といわれています。

その修行を、

「布施(ふせ)」「持戒(じかい)」「忍辱(にんにく)」

「精進(しょうじん)」「禅定(ぜんじょう)」「智慧(ちえ)」

の六つに分けて説いているので六波羅蜜といいます。

それぞれについては、こちらに解りやすく書かれていますので
興味のある場合は、ご覧ください。⇒ 六波羅蜜

 ※若干、読みにくいかもしれませんが、
  詳しく書かれているサイトなので、紹介いたします。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事