ススキと太陽

秋分の日は、いつ?

秋分の日は、毎年同じじゃないの?

秋分の日は、
どうやって決まっているの?

秋分の日は、どうして祝日なの?


あなたの秋分の日に対するこんな疑問を
一気に解決します!!









と、言ってはみたものの…すみません。

全部を1回でまとめると、長くなってしまいます。
ということで、2回に分けてお届けします。


この記事では、1つ目から3つ目の疑問についてまとめました。

さっそくいきますね^ ^

sponserd Links


秋分の日はこうして決まる

国立天文台が作成している「暦象年表」に基づき

閣議決定された翌年の秋分の日

毎年2月の第一平日に発行される官報に公表されます。


国民の祝日は、あらかじめ月日が決まっていますが
秋分の日はそうではありません。

内閣府が公開している「国民の祝日に関する法律」でも
秋分の日は「秋分日」と記載され、月日は伏せられています。

「国民の祝日に関する法律」



秋分の日を求める計算式

本来なら、
とても複雑な計算式を使って求めているのですが
エクセルで計算できる、簡単な計算式をご紹介します。

秋分の日(9月XX日)
 = int(23.2488+0.242194*(年-1980)-int((年-1980)/4))

※この簡易計算式は、1980年~2099年までに適用されるものです。



秋分の日は毎年同じじゃないの?

ズバリ!違います!!

同じ月日が続く年があっても

必ずしも、毎年同じではありません。


秋分の日が毎年同じでない理由

一言で言うと

「うるう年」と同じような原理が働いています。

つまり、1年はきっちり365日ではない。

ということが、原因です。


秋分の日の動きには、グレゴリオ暦が絡んでいます。

そんな、ちょっと詳しい専門的なお話に興味があるとしたら
こちらの記事をどうぞ!「秋分の日が動き出す」



秋分の日はいつ? 2016年~2020年

現在公表されている秋分の日は次のとおりです。

2016(平成28)年:9月22日(木)
2017(平成29)年:9月23日(土)

せっかくなので、
以降、5年分の秋分の日もお届けします。

2018(平成30)年:9月23日(日)
2019(平成31)年:9月23日(月)
2020(平成32)年:9月22日(火)
2021(平成33)年:9月23日(木)
2022(平成32)年:9月23日(金)
2023(平成33)年:9月23日(土)

※未来の秋分の日は
 国立天文台が計算上で予測している月日になります。





二十四節季に興味があるなら・・・

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link