もみじ

夏が過ぎ、山々が赤や黄色に染まる秋。

その美しさが色あせる頃、
日本には冬の足音が近づいてきます。


木枯らしが吹く頃に

冬の訪れとなる「立冬」を迎えます。

Sponsoerd link



立冬とは?

冬のはじまりの日です

「立」には、新しい季節になるという意味があり
「立春」「立夏」「立秋」と同様に、季節の節目です。

毎年11月7日頃もしくは立冬から小雪の前日までの期間をいいます。

この頃になると、木枯らしが吹いたり
初霜のたよりが聞こえてきたりするように
朝晩の気温が低くなり、冬の気配が見え隠れする時期です。


今年(2016年)の立冬はいつ?

2016年の立冬は11月7日、小雪は11月22日ですから
11月7日及び11月7日~21日までの期間となります。

ご参考までに・・・
来年(2017年)は、立冬が11月7日、小雪が11月22日となっているため、
今年同様、11月7日もしくは、11月7日~21日までの期間が立冬になります。

立冬は同じ日(期間)が続くこともありますが、
毎年同じではありませんので、ご注意ください。


立冬の食べ物は?

立冬の頃になると、昼夜の寒暖の差が激しくなります。

この気温変化についていけず、
体調不良に陥ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

日本では、土用の丑の日の「土用蜆」のように
立冬にこれを食べるといい!という「行事食」はありません。

が・・・

中国のことわざには
「立冬補冬、補嘴空」(立冬時、栄養を補給)
というものがあります。

中国語で「補」は、食物で体調を補うことをいいます。

解りやすく言えば、
「この季節に収穫されたものを季節にあった調理法で食べる」
これが、寒い冬を乗り切る最良の方法であるということです。

これから迎える寒い時期に
体の温まる温かい料理で備えましょう^ ^

体を温める効果のある食べ物

 ・しょうが  ・とうがらし  ・かぶ    ・かぼちゃ
 ・ねぎ    ・山椒     ・えび    ・牛肉
 ・にんにく  ・こしょう   ・キャベツ  
 ・たまねぎ  ・くるみ    ・ごぼう      など


とはいうものの、
寒い時期は、体を温める食材だけ!と決め付けることなく
バランスの良い食事を心がける事が大切です。

普段のサラダ(体を冷やす生野菜)を
温野菜に変えるだけでも体を温める効果がありますよ^ ^




季節の食材をおいしい料理で☆

【送料無料】七十二候美味禮讚 [ 三浦俊幸 ]

【送料無料】七十二候美味禮讚 [ 三浦俊幸 ]
価格:1,680円(税込、送料込)


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事