暑い時期に送る挨拶状といえば

「暑中見舞い」もしくは「残暑見舞い」です。

残暑見舞い

残暑見舞いは

暑中見舞いのお返事

暑中見舞いを出そうと思っていたのに
うっかり時期を逃してしまった!

という場合などに利用しますが

いつから残暑見舞いなの?と聞かれると

定かではなかったりしませんか?


実は・・・(汗;でしょうか?

それであれば、

いい機会ですから覚えてしまいましょう!


早速いきまーす☆

Sponsoerd link


残暑見舞いを送る時期

残暑見舞いを送る時期は、
立秋(8月7日頃)から8月末頃までになります


遅くとも、8月中に先方に届くように出しましょう。


ご参考までに・・・

  • 2016(平成28)年の立秋は8月7日
  • 2017(平成29)年の立秋も8月7日

となっています。


立秋は毎年同じ日ではありません。
今年はいつ?と思ったら、こちらでご確認ください。
「暦要項」
 ※リンク先の「二十四節季および雑節」の欄の該当年度をクリック!


立秋の日付を見ていただくと解りますが
残暑見舞いに変わる時期は、これから猛暑が訪れるという時期でもあります。

くれぐれも、まだ暑いからという理由だけで
「暑中見舞い」と書く事のないように、ご注意ください。


残暑見舞いの書き方

さて、挨拶状ってなんだか苦手(><)

という方も多いのではないでしょうか?

残暑見舞いは、必ずこう書かなくてはいけない
という決まりごとはありませんが
一般的なパターンがありますのでご紹介します。

①季節の挨拶
 残暑お見舞い(お伺い)申し上げます。キキョウ

②時候の挨拶

③先方の安否を尋ねる言葉

④近況報告

⑤結びの挨拶

⑥年、月
 残暑見舞いで使う月を表す言葉は
 八月、晩夏、立秋、葉月です。

⑦差出人の氏名、住所、郵便番号

この順番で書いていけば、
れっきとした残暑見舞いが出来上がります^ ^

⑦については、表面への記載で大丈夫です。



あら?
それでもまだ心細いですか?


わかりました。

文例をいくつかあげますので
ご自分用にアレンジしてご利用ください。


残暑見舞いの文例

残暑見舞いは、季節のご挨拶としてはもちろんですが
暑中見舞いのお返事や、お中元のお礼としても利用されます。

それぞれのパターンごとに文例を作りました。

それでは、どうぞ^ ^


文例その1 一般的な季節のご挨拶

残暑お見舞い申し上げます。

立秋が過ぎたとはいえ
厳しい暑さが続いておりますが
皆様、元気でお過ごしでしょうか。
こちらも家族一同元気に過ごしております。
先日、あまりの暑さに耐えかねて、
涼を求めて○○へ行って参りました。
久しぶりの家族旅行を楽しんだところです。
今しばらくは、暑い日々が続くようです。
くれぐれも、体調管理にはお気をつけください。

平成○○年 立秋


文例その2 お友達へ季節のご挨拶

残暑お見舞い申し上げます。

連日、うだるような暑さが続いておりますが
お元気ですか?
この暑さのおかげで、
冷えたビールの魅力に取り付かれてしまっている。
ということは内緒です(笑)
さて、もう少し涼しくなったら
そちらに遊びに行こうかな?と計画中です。
この件は、また改めますね。
それでは、まだまだ暑い日が続くようですので
熱中症などには十分気をつけてお過ごしください。

平成○○年 八月


文例その3 暑中見舞いのお礼

残暑お見舞い申し上げます。

ご丁寧に暑中見舞いのお葉書をいただきありがとうございます。
皆様、お変わりなくお過ごしのご様子何よりと存じます。
おかげ様で、私どもも皆変わりなく
元気に暮らしておりますのでご安心ください。
まだしばらくは、この暑さが続くようですので
どうかご自愛くださいますように。

平成○○年 葉月


文例その4 お友達へ暑中見舞いのお礼

残暑お見舞い申し上げます。

暑中見舞いありがとう!
暑さをものともせずに、夏を楽しんでいる様子に
思わず、すごい!とつぶやいてしまいました。
私は・・・
いつまでも続くこの暑さに、正直参っています(汗;
とはいえ、体調を崩しているというわけではないので
どうぞご安心を。
もうすぐ秋とはいえ、日中の暑さはまだまだ真夏並みの日々!
お互い元気に乗り切りましょう^ ^

平成○○年 八月


文例その5 お中元へのお礼

残暑お見舞い申し上げます。

残暑厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。
先日はご丁寧なお心づかいをいただき
大変ありがとうございました。
大人も子供も競い合うようにして、
おいしくいただきました。
過ごしやすい季節の訪れは、もう少し先のようです。
くれぐれもご自愛のうえお過ごしください。

平成○○年 晩夏



残暑見舞いなど、季節の挨拶状は
相手の健康を気遣いつつ、自分の近況を報告するものです。

自分の事ばかりを書いたり
季節感を無視した内容にならないように
注意しましょう。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事