今年は、喪中はがきを出さないといけないけど
決まりごとってあるのかしら?喪中

これまで、頂くことはあっても
出したことがなかったからよく解らなくて・・・


初めてのことで、解らないことがあると
どうしても不安になってしまいます。

喪中はがきには、
必ずこうしなくてはいけないという決まりごとはありませんが、
一般的なマナーは、おさえておきたいところです。

Sponsoerd link



喪中はがきとは?

その年に、近親者に不幸があった場合に
毎年年賀状で新年の挨拶を交わしている相手に出す
年賀状欠礼の挨拶状のことを言います。

今年は、近親者の喪に服するため
新年の挨拶を欠くことを、事前にお知らせする事が目的です。


喪中とする親族の範囲は?

亡くなった方が、ご自分からみて
二親等までの親族の場合に出します。

ただ、近年では、祖父母の場合は出さない
という場合も見受けられるようになりました。

また、同居している場合は出すが
別居の場合は出さないという判断もあるようです。

【親族の範囲】
 ・0親等:夫、妻
 ・1親等:父、母、子供、配偶者の父母
 ・2親等:両親の親、孫、兄弟、姉妹
      配偶者の祖父母、配偶者の兄弟、姉妹

この範囲以外でも、親しい間柄であった場合
喪中はがきを出してもかまいません。


喪中はがきを出す相手の範囲は?

喪中はがきは、先にも書いたように
年賀状欠礼の挨拶状ですので、
年賀状のやり取りをしている相手に出します。

ただし、これは一般論で
不幸があったことが解っている身内には
出す必要がないでしょう。

また、公私を分けて考え、
仕事関係先へは例年通り、年賀状を出す方が増えています。

つまり・・・

喪中はがきは、
年賀状を交わしているすべての方に出すのではなく、
亡くなった方を知っている方や
家族でお付き合いをしていた方にだけ出す。
というように、変わってきています。


喪中はがきを出す時期は?

一般的には、年内に届けば問題ないとされていますが

「喪中はがきを頂いた相手には、年賀状を出さない」

ということを考えると、11月中旬~12月上旬の
相手方が年賀状の準備を始める前に届くように出すといいでしょう。




さて、ここまで、
喪中はがきを出す際に覚えておきたいマナーをお届けしましたが
いかがでしたでしょうか。

次回は、喪中はがきの書き方についてお届けいたします。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事