土用の丑の日だからうなぎの蒲焼を買ってきたけど、
いっつもうな丼なんだよね。うな丼
というあなたへ・・・。

いつもの蒲焼をちょっとだけアレンジして
おかずを1品プラスしませんか?

ということで、手間のかからない、
うなぎの蒲焼の簡単アレンジレシピをご紹介します。


Sponsoerd link

刻みうなぎ入り卵焼き

刻みうなぎ卵焼き
うなぎを芯にする「う巻き」より、簡単に作ることができます。




【材料】(2人分)

卵…2個 うなぎの蒲焼…30g 万能ねぎ…2本 サラダ油…適宜
A)みりん…大さじ1 塩・砂糖…少々


【作り方】

①うなぎの蒲焼は細かく(5㎜角くらい)切り、万能ねぎは小口切りにします。

②卵を解きほぐしたらA)を加えて混ぜたところに①を加え混ぜる。

③卵焼き用のフライパンを熱して油をなじませたら、②の1/3の量を入れて全面に広げます。
 半熟状になったら、奥のほうから手前に向かって三つ折にしたら、奥へ押しやり、残りの1/2の卵液を入れます。

④③で出来た卵焼きの下にも卵液を流し入れるようにして、巻いていきます。卵液が無くなるまで同様に繰り返します。

⑤焼きあがったら簀巻きにとって、荒熱を取ってから好みの大きさに切り分けてください。



うなぎ豆腐

うなぎ豆腐
レンジでチン!だから簡単です。




【材料】(2人分)

寄席豆腐…1パック うなぎの蒲焼…半身 わさび…少々

【作り方】

①豆腐を半分ずつ器に盛り付けます。

②うなぎの蒲焼を小さめの角切りにして①の豆腐の上に乗せます。

③②を電子レンジで(2つで約3分)温めたら、器にたまった水分を捨てます。

④③のうなぎの上にわさびをのせたらタレを回しかけてできあがりです。
 粉山椒は、お好みで。



うざく

うざく
切って混ぜるだけのお手軽レシピです♪




【材料】(2人分)

うなぎの蒲焼…1/4尾 きゅうり…1.5本 三杯酢…大さじ2

【作り方】

①うなぎの蒲焼は一口大に切ります。

②きゅうりは小口切りにして塩もみし、十分に水気を切ります。

③うなぎときゅうりを混ぜて、三杯酢であえたら、冷蔵庫で冷やしてできあがりです。



うなぎの蒲焼の余ったタレはこう使おう!

ところで、うなぎの蒲焼のタレですが、それだけ余ってしまったりしませんか?

どうせ使わないからと、捨ててしまってはもったいないですよぉ~。



さんまの蒲焼

フライパンで温めたタレに、焼いて骨を外したさんまの開きを入れて味を馴染ませれば出来上がり。


焼き鳥風

フライパン炒めた鶏肉にタレを絡めるだけです。
(鶏肉から油がでるので、タレを絡める前に、キッチンペーパーなどで吸い取るといいです。)


しいたけ丼

フライパンに油をしいて、生しいたけを両面をこんがりと焼きます。
焼けたら蒲焼のタレを入れて絡めたら、あつあつのご飯に乗せてどうぞ。

他にも、豚ばら肉を使って豚丼にしたり、肉じゃがを作る時に砂糖と醤油の代わりに入れたりと、色々な使い方ができます。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事