若葉が芽吹き、

初夏の装いを見せる京都の町で

平安絵巻を思い起こさせる風流なお祭りが行われます。


葵祭

京都最古のお祭りである「葵祭」

京都の都大路を

平安朝の
優美な古典行列がそぞろ歩く葵祭は

京都三大祭りの1つにも
数えられています。


Sponsoerd link

「葵祭」の歴史と起源

「葵祭」という名前で広く親しまれているこのお祭りは、
本来「賀茂祭(がもまつり)」といい
上賀茂、下賀茂、両神社の祭礼として行われています。


賀茂祭(葵祭)の起源はとても古いものです。

上賀茂神社では、
「太古別雷神(わけいかづちのかみ)が、
 現在の社殿の北北西にある神山(こうやま)に
 御降臨された時に行った祭り」
が、祭祀の始まりとされています。



時は流れ、欽明天皇の御代である567年
日本国内は風水害に見舞われました。

五穀は実らず、疫病が流行り、国民は困窮していました。

勅命(天皇の命令)によって、
当時賀茂の大神の崇敬者であった
卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせたところ、
賀茂の神々の祟り(たたり)であると申されました。

その祟りを沈めるために、4月の吉日を選んで、
馬に鈴をつけ、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆け比べをする。
という盛大なお祭りを開いたのが、賀茂祭(葵祭)の起源とされています。

その後、弘仁10(819)年には、朝廷の律令制度として、
最も重要な恒例祭祀(こうれいさいし)(中祀)に準じて行うという、
国家的行事になりました。



賀茂祭(葵祭)が壮麗な儀式として完成されたのは、
貞観(じょうがん)年中(859~876年)です。

当時、社頭で行われる祭儀は、
一般の拝観をほとんど許していなかったことがあり
祭りの当日は、唯御所から社への行装を一目拝観しよう!
という人で、街は溢れ返っていました。

「源氏物語」にも、
賀茂祭(葵祭)の斉王列を見物しようとして、
光源氏の妻である葵の上と六条御息所が車争いを演じた場面が登場します。


盛大かつ重要視されてきた賀茂祭(葵祭)も、
室町時代中期頃から次第に衰退し、応仁の乱以降は絶滅にいたります。



そして、200余年の時が流れた江戸時代、
東山天皇の元禄7(1694)年のこと・・・。

壮麗を極めた当時の盛儀を
そのまま復興することは困難であったものの
上賀茂、下賀茂、両神社の熱意と、
朝廷・公家の理解、および幕府の協力により再興されます。

再興後は、明治3(1870)年まで継続されました。

明治4(1871)年から明治16(1883)年までの中断を経て
明治17(1884)年に明治天皇の旧儀復興の仰せにより、
春日大社の「春日祭」、石清水八幡宮の「石清水祭」と共に
所謂日本三勅祭のひとつとして復興します。

賀茂祭(葵祭)を行う日も、
かつては4月吉日(第2の酉の日)とされていましたが、
明治維新以降は、新暦の5月15日と改められて現在に至ります。


大正15(1926)年になると、
雅やかな行列はさらに整備されます。

ただ…昭和に入り戦争のある激動の時代を迎えると、
行列は中止され、社頭での祭儀だけが行われていました。



戦後暫く経った昭和28(1953)年に、女人列
葵祭行列協賛会の後援を得て
行列が復活します。

昭和31(1956)年になると
斎王に代わる「斎王代」を中心とする
女人列も復興
され、
往時のような華やかで美しい行列が京都市中を渡り歩くようになり、
現在に続いています。


葵祭の名前の由来

賀茂祭が葵祭と呼ばれるようになったのは、
江戸時代の元禄7(1694)年の再興以降のことです。

お祭り当日の内裏神殿の御簾(みす)をはじめ、
牛車(御所車)、勅使、供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、
すべて葵の葉で飾るようになったところによっています。
神文家紋
古くは、葵(フタバアオイ)の花を頭に挿して
行列した事からこう呼ばれるようになった。
という説もあります。

また、徳川家康は、
家紋の「三つ葉葵」が
上賀茂神社の神文とよく似ている。
ということから、
上賀茂神社を崇拝したと言われています。

それと共に、賀茂祭(葵祭)の復興の際には、
徳川幕府の多大な援助があったとも言われています。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link