勇壮な花笠太鼓の音色とお囃子に合せて「ヤッショォマカショ!」という、威勢のいい掛け声が真夏の夜に響き渡る山形花笠まつり!

花笠まつりイラスト

毎年8月5日~7日の3日間、山形市内のメインストリートを会場に開催されるのですが・・・

花笠まつりって聞いたことがあるけど、いったいどういうお祭りなの?

というあなたのために、パレードの様子を画像付きで解説したいと思います。

それでは!この後すぐにスタートします☆


sponserd Links


画像で綴る山形花笠まつりパレード!

山形花笠まつり、パレードのスタート午後6時10分頃です。

先頭集団は、山形花笠まつり大提灯の後に、蔵王大権現の山車、花笠舞踊団と続きます。


花笠まつり先頭

その後に続くのは、一般参加の団体です。

一般参加の団体は、10~11のグループに別けられていて、それぞれ、山車を先頭に隊をなします。


花笠まつり一般

グループの先頭に付く山車には、太鼓やお囃子だけでなく、必ず誰かが乗っています。


花笠まつりミス花笠

こんなふうに、ミス花笠のお姉さんも間近で見ることができます^ ^

普段はなかなかお目にかかれない、やまがた舞妓の姉さん達もお目見えします。

日によって変わる、ゲストさん(芸能人)も何番目かの山車に乗っています。


花笠パレードは、約1時間かけて、ゴール地点まで踊りながら進みます。

当然ですが、スタートからゴールまでぶっ通しでは疲れます。

ということで、途中数分間の休憩が入ります。

この休憩時間、その場で休むこことができればいいのですが、隊列や前のグループとの間隔を整える時間でもあるため、前のグループとの間が開きすぎたグループの人達は、間隔をつめるために走ります。


花笠まつり走る

そして、休憩時間が終わると、何ごともなかったようにパレードが再開されます。


花笠まつりパレード再開

花笠まつりパレードの最高尾は、飛び入りコーナーです。

子供から大人まで、花笠踊りを踊りたい人なら誰でも参加できます。


花笠まつり飛び入りコーナー

踊りたいけど、花笠持ってないし・・・

そんな心配はご無用です!

最初から飛び入りコーナーで踊ろう!と思っているなら別ですが、見ているうちに踊りたくなった人のための飛び入りコーナーです♪

「うちわ」を花笠に見立てたってぜんぜんOK☆

お祭り好きの血が騒いだら、ぜひ!参加してみてください^ ^


飛び入りのみなさんが、ゴール地点へ到着すると、これをもって花笠まつりは終了となります。時間は、午後10時少し前位になります。

おしまい・・・。



花笠まつりパレードは、決まった型の踊りだけでなく、その団体ごとに独自の振り付けをしているものもあるので、見ているだけでも十分に楽しむことができるかもしれません。

でも、思い切って踊ってみると、また別の思い出が増えることでしょう。きっと・・・



山形花笠まつりへ行ってみませんか?


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link