春は4月・・・ちょうど桜の花が咲き誇る頃
%e8%b5%b7%e3%81%93%e3%81%97%e5%a4%aa%e9%bc%93
飛騨古川では、地元の人が愛してやまない

古川祭が行われます。


古川祭は、古川町内にある

気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)の例祭です。

古川の人々にとっては、

厳しい冬を耐えた後、春の到来を祝うお祭りでもあり

古式ゆかしい行事でもあります。


この古川祭は、祭と古川を愛する地元の人達によって、

長い間に渡り受け継がれてきました。

そこには、どんな歴史があるのでしょうか。

お祭りの見どころも、併せてお届けいたします。


Sponsoerd link


古川祭の歴史

古川祭は、

  • 気多若宮神社本殿においての神事と
    「御神輿行列(おんみこしぎょうれつ)」
  • 起こし太鼓
  • 屋台行列

この3つの行事からなる盛大なお祭りです。

古くは、神事のみ行われていたところに
御神輿行列が行われるようになり
その後に、起し太鼓と屋台行列が加わったと推測されます。

というのも、古川祭の起源は定かではありません。

始まりは、1685(天正17)年で、
盛んになったのは1692(元禄5)年以降と言われています。

屋台建造において最古の記録は1776(安永5)年、
起こし太鼓初めて文献に登場するのは、1831(天保2)年のことです。


また、祭の日程も時代と共に、移り変わってきました。

古くは、8月6日(旧暦)に行われていましたが
新暦が採用されると、9月20日に移行します。

この時から、古川祭は秋祭りとして行われるようになりました。

ただ、1886(明治19)年8月にコレラが流行したため
9月の例祭が不可能となり、この年だけは11月に行われています。

翌1887(明治20)年からは、
4月16、17日へと変更され、春祭りへと移行しました。

そして、1889(明治22)年からは、
4月19、20日という日程になり、現在まで定着しています。


屋台行列の歴史

屋台って何?と思う方もいらっしゃるかもしれませんので、
最初にお伝えしておきます。

古川祭での屋台は、いわゆる山車の事です。

京・江戸融合と言われる屋台は、まさに絢爛豪華!
三層構造の屋台は、飛騨独特のものです。%e5%b1%8b%e5%8f%b0%e8%a1%8c%e5%88%97


話を戻します。

屋台行列がいつから始まったのか?
こちらについても、明確な資料はありません。

ただ、現存する屋台では最古とされる金亀台の建造が、
1776(安永5)という記録があることから、
この頃から、屋台が巡行していたのではないかと思われます。

1782(天明2)には、9台の屋台が巡行していた事が、
「飛騨美屋計」(林篁(りんこう)署)に記されています。

きっと、この後に三番曳(壱之町上組)の屋台が加わって
10台になったのでしょう。

それが、いつなのかは定かではありません。

三番曳は、1895(明治28)年から休台しており、
1905(明治38)年の古川火災で屋台の一部を焼失してしまいます。

焼け残った屋台は、1908(明治41)年に手放してしまったのですが、
2007(平成19)年に、屋台の代車が新調されました。

このようなことがあって、現在の屋台行列で曳き回される屋台は、

神楽台(向町組)、鳳凰台(壱之町中組)、麒麟台(壱之町下組)、
金亀台(弐之町中組)、龍笛台(弐之町下組)、三光台(弐之町上組)、
清曜台(三之町上組)、白虎台(三之町下組)、青龍台(三之町下組)

9台になっています。

それぞれの屋台について、
姿形などの詳しい情報を知りたい場合は、こちらをご覧ください。
 ⇒ 「祭屋台」


屋台行列は、今でこそ1つの行事となっていますが、
屋台本来の役割は、御神輿行列の露払いでした。

明治時代までは、
実際に、御神輿行列を先導していたそうです。

ただ、御神輿行列の先導には、とてつもない労力を必要としたことから、
台名旗(各屋台の名前が書かれた旗)が代行するようになり、現在に至ります。


起し太鼓の歴史

さて、今では、日本三大裸祭の1つとして
全国に知れ渡っている起し太鼓ですが、
もともとは、祭りの始まりを告げるためのものでした。


触れ太鼓といって、祭りの日の早朝に、
祭りの始まりを太鼓を叩いて触れ歩く行事があります。

この風習は、日本各地に見受けられるもので
朝太鼓や目覚まし太鼓、一番太鼓と呼ぶ地域もあります。

この触れ太鼓、古くは、高山祭にもあったもので、
それが古川祭に入ってきたと考えられています。

きっと、文献に登場した頃の起こし太鼓は、
いわゆる触れ太鼓だったのでしょう。

当時は、半股引にさらしを巻いた裸男達
大太鼓の櫓を担ぎ巡行するというものでした。

それが、古川独自の進化を遂げ%e4%bb%98%e3%81%91%e5%a4%aa%e9%bc%93
現在の起し太鼓になったと
考えることができます。

欠かすことが出来ないのは、
付け太鼓の存在です。

付け太鼓は、小太鼓を棒(細い丸太)に括り付けたつけたもので、
大太鼓の櫓の直後に付けることが名誉とされています。

そのため、付け太鼓を持った若衆が大太鼓を待ち受けてぶつかり合う
もしくは、櫓の直後を狙う若衆同士がぶつかり合う
という形が生まれたのでしょう。

付け太鼓が加わったのは、幕末頃と言われていますが、
その激しさから事故も多く、禁止と復活を繰り返していました。

が・・・

1901(明治34)解禁され、現在に至ります。


古川祭のみどころ

古川祭の見どころは、
一言ではいい尽せないものがあります。
%e5%be%a1%e7%a5%9e%e8%bc%bf%e8%a1%8c%e5%88%97
迫力満点の起こし太鼓に、
絢爛豪華な屋台が一同に会する屋台行列
そして、古い時代さながらの御神輿行列

どれ1つとして外すことが出来ません。
要は、全てが見どころです!

なんて言ったら、怒られてしまいますね(汗;

でも、全く別の顔を持った3つの行事があっての古川祭ですので、
こう言いたくなる気持ちも解っていただけると嬉しいです。


で?結局、どこが見どころなのかって???

泣く泣く2つに絞り込ませていただきました。

1つは、起し太鼓の出立祭(しゅったつさい)
もう1つは、夜祭(やさい)です。

というのも、起こし太鼓と付け太鼓が合いまみえる激しさや、
屋台行列(日中に行われる曳行・曳き揃え)は、
たくさん紹介されています。

せっかくなので、
それ以外の見どころをご紹介したいと思います。


出立祭

出立祭は、起し太鼓の安全祈願として
行われるものです。

神事が行われた後、総司が音頭を取ると
その場に集まった約1000人の男たちが、一斉に祝い唄「若松様」を唄います。
 ※総司:その年の起し太鼓を取り仕切る組の代表

暗闇に響くその歌声は、まさに圧巻です。

祝い唄が終わると、重たい太鼓の音が鳴り響き
起こし太鼓が緩やかに動き始めます。

出立祭の模様は、こちらの動画でお楽しみください。



夜祭

夜祭を一言で表すとすれば、
屋台行列の夜バージョン、というところでしょうか。%e5%a4%9c%e7%a5%ad%ef%bc%92

夕暮れ時から、提灯に明かりを灯した屋台が、
曳行、引き揃えを行います。

提灯の明かりに照らし出される屋台は、
明るい時に見るものとは、
また違った趣きがあります。

笛の音と太鼓の音、そして掛け声だけが響き、
日の暮れた古川の町を、
提灯の明かりを揺らしながら、
しずしずと進む屋台・・・

日ごろの雑踏を忘れさせてくれるような厳かな光景を
ぜひご覧になってみてください。




古くから受け継がれてきたものをを守りつつ、
時代と共に変化を重ねてきた古川祭。

1980(昭和55)年には、「古川祭の起こし太鼓・屋台行事」として、
国の重要無形文化財に指定されています。

なお、ここでのご案内には至りませんでしたが、
祭りの日程や交通規制などの開催情報は、改めてお届けいたします。


参考記事など
・2008年古川祭/日本の祭~これまで応援した祭り~ダイドードリンコ
・古川祭/飛騨の歴史再発見!
・古川に春を呼ぶ~抽選祭からはじまる古川祭~/SATOYAMA EXPERIENCE


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事