日本の勇壮な祭りのひとつとして知られる

「岸和田だんじり祭り」



たくさんの人でだんじりを操作しながら

街中を駆け抜けて行くこの祭りは

進むも曲がるもすべて人力です。


そのために、曲がりきれずに・・・とか

バランスが崩れて・・・という事故が絶えません。


動画で見ても、スリルたっぷり!迫力満点!!です。


とはいえ、だんじりに乗っている人はもちろん

だんじりを曳いている人達

時として観客さえも危険な場面に出くわすことがあります。

Sponsoerd link



岸和田だんじり祭り観覧で危険な場所

特に危険といわれているのが、だんじりが曲がる時の両角です。

 ↓ ↓ ↓
だんじり祭り危険箇所


これは、動画をごらんいただければ、一目瞭然です。


岸和田だんじり祭り観覧の際の注意事項

楽しみにしていた祭り見物で怪我しちゃった。

なんて悲しいですよね。

だんじり祭り観覧での主な注意事項をまとめておきます。

①祭礼関係者や警察官が各所で警護にあたっています。
 安全確保のための指示には、必ず従いましょう。

脚立や踏み台に乗っての観覧及び、
 雨の日の傘を差しての観覧は非常に危険なのでやめましょう。

ゴミのポイ捨ては禁止です。
 必ず、持ち帰るか、所定のゴミ箱へ捨てましょう。

曳行中のだんじりには近づかない。
 
⑤だんじりは、舵取り機能がだんじりの後方にあります。
 操作には、だんじりの約2倍の幅を必要とします。
 だんじりが通過する際は、道幅を充分に広げましょう


2013年の有料観覧席について

人ごみ苦手だし、場所取りも面倒だし
せっかくなら、安全な場所でゆっくりみたいなぁ~。

そんなあなたには、有料観覧席がピッタリです!

毎年、有料観覧席でだんじり祭りを見ているという
常連さんもいらっしゃるようですから
チケットの発売を心待ちにしている方も多いでしょう。


ところが!!


とても残念なご連絡をしなくてはいけなくなりました。


2013(平成25)年は、
桟敷席スタンドの設置がありません。


このことについて、岸和田商工会議所、
同青年部、きしわだ祭SAJIKI運営委員会が
連名で発表した通知がありますのでご覧ください。

「きしわだ祭桟敷席のお知らせ」



何かしら事情があってのことなのでしょう。

桟敷席スタンドの、少しでも早い再開を願います。



追記です。
岸和田だんじり祭りの桟敷観覧席は、通常通り販売されています。
お詫びと修正の記事をアップしておりますので、併せてご覧ください。
「岸和田だんじり祭り 2013年桟敷観覧席販売情報 【お詫びと修正】」






使わないで飾っておきたいくらいです^ ^

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link