秋晴れの秩父、澄んだ青空の下に
30本の手作りロケットが打ち上げられる「龍勢祭り」

秩父が舞台となったテレビアニメ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
を通じて、この祭りを知った方も多いと思います。

「あの花」の聖地、秩父で行われる「龍勢祭り」とは、
いったい、どんなお祭りなのでしょう。


sponserd Links

龍勢祭りとは?

秩父市吉田の山の中腹に設けられたやぐらから
30本の手作りロケットが打ち上げられる。

それが龍勢祭りです。

「龍勢」は、毎年10月の第2日曜日に行われる
埼玉県秩父市吉田の「椋(むく)神社」の例大祭の
付け祭として奉納される手作りロケットです。

大きな音と共に煙を上げて空に舞い上がるロケットが
さながら龍のように見えることから
「龍勢」と呼ばれるようになりました。

龍勢が舞い上がる様子を、動画でどうぞ☆



ま・さ・に・・・龍!!

龍勢は、別名「農民ロケット」と呼ばれており
五穀豊穣・天下泰平への願いが込められています。


龍勢祭りの歴史

龍勢祭りは、400年以上の伝統があると言われています。

その起源は諸説ありますが、

椋神社の例大祭に、吉田川の河原で大火を燃し、
その燃えさしを投げた時の光で神意を慰め祀った。

という、古き時代の神事が元になっています。

その後、火薬作りが伝わったことで変化がおこり
明治2~3年頃には、
現在とほぼ同じような龍勢祭りだったことが解っています。


歴史ある龍勢祭りですが、時代の流れによって
中断されていた時期があります。

戦時中と昭和37年から46年の9年間です。

昭和37年以降は、農業中心だった吉田の人達が
農業を離れ、会社員になる人が多くなりました。

それに伴い、龍勢作りに携わる時間がなくなり
龍勢祭りに参加する人が減少した事によるようです。


ただ、この期間に「龍勢保存会」が発足、設立されています。

「龍勢祭をもう一度見たい!」という声に答え
昭和47年に復活を遂げ、以降、現在まで受け継がれています。


龍勢祭り 2016年観覧桟敷席(有料)予約情報!

秩父市吉田の龍勢祭りは、毎年10月の第2日曜日に開催されます。

今年(2016年)の開催日は、10月9日(日)です。


さて・・・

せっかく見るならいい場所で!

ということで、お祭りにつき物なのが場所取りですが
これって、結構しんどくないですか?

出来ることなら避けて通りたい!
と思う方も多いのではないでしょうか。

龍勢祭りでは、有料の桟敷観覧席が設けられています。

料金は、区画の坪数によって異なります。

広 さ 人数(目安) 料  金
 0.5 坪   1~2人   3,000円 
 1 坪   2~4人   6,000円 
 1.5 坪   4~6人   9,000円 
 2 坪   6~8人   12,000円 

※2坪以上の区画も用意できます。
 目安の人数は、テーブルの持込を考慮していません。


今年(2016年)の有料観覧席は
8月15日(月)から予約受付が開始されます。

お申込は、龍勢会館受付までお越しください。
遠方の場合は、お電話でのお申込も出来ます。

【龍勢会館】
  電話番号:0494-77-0333
  受付時間:9:00~16:30
  ※毎週火曜日は休館日となっていますのでご注意ください。


龍勢祭り「有料観覧桟敷席」についての詳細
吉田龍勢保存会のホームページをご覧ください。
こちらです。 ⇒ 「桟敷観覧席詳細」


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link