icon

icon

暮れぇ~の元気なごあいさつぅ♪

テレビから流れるCMソングに

今年も、そんな時期だなぁ~と思いつつ

毎年悩むんだよねぇ~お歳暮!

という方も多いのではないでしょうか。


そんなあなたのために

今回は、お歳暮の相場や選び方のポイントをお届けします。

お歳暮贈る時のマナーも併せてどうぞ^ ^

Sponsoerd link


お歳暮の相場は?

お歳暮の一般的な相場は、3,000~5,000円
お中元と比べると、1,000円程度割高になっています。

いくらのものを贈るか?は、
その方にお世話になっている度合いで決めていきます。

例えば、親戚の方でしたら

・近くに住んでいて、
 行き来があり何かとお世話になっている場合は、5,000円

・遠くに住んでいて、
 時折電話で話したり慶弔時に合う程度の場合は、3,000円

という具合です。

また、常日頃から特にお世話になっていて
これからもお世話になるだろう方には
1万円程度の物を贈る方もいらっしゃいます。


※注意しましょう!!

 ①贈り物として人気のある商品券やギフト券などを
  目上の方に対して贈る事は、失礼に当たるので避けましょう。

 ②お歳暮は、毎年同等の金額のものを贈ります。
  前の年より金額を下げることは、大変失礼にあたりますので
  品物選びに迷ったからといって、
  むやみに高額な物を贈る事は避けましょう。


お歳暮の贈り方

お歳暮は、本来、
持参して手渡しするのがマナーとされています。

ただ、相手方が遠方だったり
仕事の都合などで訪問する時間を取れない場合などは
宅配便を利用してもマナー違反にはなりません。


手渡しする場合のマナー

◎のし

 贈る品物には、のしと水引を付けます。
 (品物が生ものの場合は、水引だけで大丈夫です。)

 のしの表書きには「御歳暮(お歳暮)」と名前(会社名)を書き
 水引は、紅白で蝶結びのものを選びます。

◎訪問時間

 早朝や深夜、食事の時間帯などは、失礼になります。
 前もって、相手先に連絡を入れ
 先方の都合のいい時間に訪問するようにしましょう。

◎渡し方

 居間などに案内された後、お互いが席に着いたら
 いきなり渡すのではなく、まず、ご挨拶をしましょう。

 その後、風呂敷を解き、
 お歳暮の熨斗を相手方から見て正面に向け、両手で差し出します。

 感謝の言葉を忘れずに添えましょう。
 
 お歳暮は、風呂敷に包んでいくのが正式とされていますが
 風呂敷がない場合は、紙袋でも大丈夫です。

 お歳暮を包んでいった風呂敷や紙袋は
 必ず持ち帰るようにします。


宅配便を利用する場合のマナー

◎のし

 のしの種類は、持参する場合と同じですが

 ただ、持参の場合は「外のし」、宅配便の場合は「内のし」として
 区別するのが一般的です。

外のしと内のし

 包装した品物にのしを付ける事を外のし
 品物にのしを付けてから包装することを内のしといいます。

 元々、お歳暮は、のしをつけた品物を
 風呂敷で包んで持っていくものでしたので、外のしが正式です。

 しかし、宅配便の場合は、荷物同士がこすれて
 のしが外れたり、破れたりする可能性があることから
 内のしが利用されています。


◎挨拶状

 お歳暮を宅配便で贈る場合は、挨拶状を送るのがマナーです。

 挨拶状には、日頃のお礼や感謝の気持ち
 近況報告などを書きます。

 そして、お歳暮より少し先に届くように郵送する
 お歳暮と一緒に送ります。

 郵送の場合は、お歳暮を贈った事を申し添えましょう。

 また、お歳暮と一緒に送る場合は、お歳暮を購入した先で依頼します。
 お出かけの際は、挨拶状を忘れずに持参しましょう。


お歳暮選びのヒント☆

お歳暮は、お世話になった方への感謝の気持ちですので
相手の方の好みの物を贈るのがベストではありますが
そこがなかなか解らない!という場合もあるかと思います。

そこで、お歳暮を選ぶ時のちょっとしたヒントをお届けします。

◎相手方の家族構成から考える

 例えば・・・
 ・食べ盛りのお子様がいるご家庭には、ハムやソーセージなどの詰め合わせ
 ・年配のご夫婦には、上品なお菓子
 ・よく人の集まるお宅には、ビールやお酒 など

◎季節感のあるもの

 例えば・・・
 ・冬においしい蟹や体の温まる鍋の材料
 ・おせち料理に利用できる数の子や新巻鮭などの食料品
 ・冷え切った体を温める入浴剤 など

◎あっても困らないもの

 例えば・・・
 ・洗濯洗剤のギフトセット
 ・調理油のギフトセット
 ・お米 など


ところで、お歳暮は毎年別のものを贈らなくてはいけない
と思い込んではいませんか?

決してそんなことはありません。

例えば、あなたの住んでいるところはお蕎麦がおいしいので
お歳暮に年越しそばを贈ったとします。

次の年も、その次の年も年越しそばを贈りました。

これを受け取った側から見てみると
最初は「今年はおいしいお蕎麦が届いたから年越しそばで食べよう」
きっと、こんな感じだと思います。

それが、2年、3年と続くと
「年末になると○○さんからお蕎麦が届くから
今年もおいしい年越しそばを食べることができるね!」と
年末にあなたから届くおそばを、楽しみにしてもらうことができます。

お歳暮は、そのご家庭にあった品物を1度しっかり選んで
次の年からは毎年同じものを贈るようにすれば
今年は何にしよう?というお悩みも解消されるのではないでしょうか。

頭の片隅に、どうぞ^ ^

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事