日頃お世話になっている感謝の気持ちや、これからもよろしくお願いしますという思いを込めて贈るお歳暮ですが、

こんな時、どうしたらいいの?と、思うことはありませんか?
Q&A


お歳暮に関するなんとなく聞きにくい素朴な疑問について、Q&A形式でお届け致します!

今回は、お歳暮を贈る側の場合です。



sponserd Links

お歳暮を贈る側のこんな時どうする?

 結婚したばかりですが、主人の実家にお歳暮は贈るものなのでしょうか?

 気は心ですから、贈る事をオススメします。
 宅配便で届ける場合の送り主は、ご主人の名義を記載しましょう。


 仲人さんへのお歳暮は、いつまで続けたらいいのでしょうか?

 仲人さんや媒酌人の方へのお歳暮は、一般的に三年が目安とされています。

 ただ、贈る事を止めた後、全く音沙汰なしというのは、あまりにも不義理ですから、年賀状や電話などで近況をお知らせするようにしましょう。


 そろそろお歳暮を贈ることを止めたいのですが、いい方法はありますか?

 当然ですが、何の前触れも無くお歳暮を贈る事を止めるのは失礼にあたります。

 お相手の方も、気を悪くしてしまうかもしれませんので、少しずつ軽くしていくという方法をとります。

 例えば、お中元とお歳暮の両方を贈っていた場合だと

  1年目:お中元を贈らずに、暑中見舞いだけを出すようにします。
      この年のお歳暮は、これまで通りに贈ります。

  2年目:お歳暮の金額を抑えます。
      仮に、5,000円程度の物を贈っていたとしたら
      3,000円程度の物にするといいでしょう。

  3年目:お歳暮は贈らずに、年末の挨拶状を贈るようにします。

 というように、段階を踏むようにすると、失礼なく止めることができます。


 喪中の時はどうしたらいいでしょう?

 お歳暮は、日頃の感謝の気持ちを表すもので「お祝」とは別のものになりますから、贈る側、受け取る側のどちらが喪中でも、お歳暮を贈る事は差し支えありません。

 ただし、四十九日前であったり、先方が気落ちしているようであれば、時期をずらして「寒中御見舞」や「寒中お伺い」として贈りましょう。

 また、のし紙の表書きを書かない「無地のし」を付けて贈る、もしくは「粗品」として贈るという方法もあります。


 お中元とお歳暮、どちらか1回にしたいのですが・・・

 一般的には、お中元を贈った相手にはお歳暮も贈ります。
 ただ、どちらか一方というのであれば、お歳暮を贈るようにします。


 1回だけ贈る方法はありませんか?

 今年だけ贈りたいという場合は、のしの表書きを、お歳暮ではなく「お礼」として贈りましょう。


 届けようと思って購入したお歳暮ですが、届けられないまま年が明けてしまいました。
 これから届けようと思いますが、どうすればいいでしょう。

 年が明けてからお届けする場合は、のしの表書きを「お年賀」に書き換えます。
 (関東では1月7日、関西では1月15日まで)

 さらに遅れる場合には、立春までの間にのしの表書きを「寒中御見舞い」「寒中お伺い」に書き換えてお届けします。

 

※お役立ちメモ※

お歳暮に付いているのし紙をきれいに剥がす方法!
 

  • まず、のし紙を真ん中から破って、左右に開きます。
  • セロハンテープとのし紙の間に、ドライヤーの温風を当てます。
  • のし紙を下に引っ張るようにして剥がすと、きれいにはがれます。

しっかり付いていて、剥がれにくそうな場合は、温風を当てながらゆっくり剥がすときれいにはがれます。

無理に剥がそうとすると、包装紙がうすーく付いてきたりしますので注意しましょう。


お歳暮を贈る時期についてはこちらの記事をご覧ください。
「お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?」


以上、お歳暮を贈る側のこんな時どうする?をお届けいたしました。

この記事が、あなたの疑問解決に役立ったとしたら幸いです。

お歳暮の品物に付いての疑問や、お歳暮を受け取る側の疑問については、改めてお届けいたします♪



≪参考≫
 今更聞けない「お歳暮マナー」 / 暮らしの便利帖 LIVING
 時期、相場から喪中時の対応まで、知っておきたいお歳暮のマナー
    / TAKASHINAYA ONLINE STORE



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link