扇子とたましだれ

大掃除も終わってスッキリしたし、おせち料理の段取りもバッチリとなれば、正月飾りを飾ると新年を迎える準備はOKですね。


ところで、正月飾りを飾る時期は、しっかりと押さえていらっしゃいますか?

いつからいつまで飾るの?

と、改めて聞かれると、

なんだかうろ覚え・・・

というのであれば、いい機会なので覚えてしまいましょう!



sponserd Links

正月飾りとは

本来、正月は歳神様を家にお迎えし祝う行事です。

歳神様とは、先祖の集合霊のことを呼んだもので、年の初めにやってきて、その年の家族の健康や五穀豊穣を約束してくれる神様です。

正月飾りは、その歳神様を心から歓迎するための準備として飾るものです。

よく知られている正月飾りに、門松、しめ飾り、鏡餅があります。

それぞれに飾る意味がありますので、飾る時期と併せてみていきましょう。


正月飾り!門松について

門松は、歳神様の依代(よりしろ)と言われており、正月飾りのなかで、最も重要なものとされています。

歳神様が迷わず降りて来るための目印となるものです。

依代とは、心霊が依り憑く対象物のことをいいます。


門松はいつ飾るの?

お正月の準備は、関東では12月8日、関西では12月13日から始まり、12月28日までにすべて済ませます。

門松を飾るのは、準備期間中ならいつでもいいのですが、28日に飾るのが一般的です。

29日は「二重苦」につながる事や、数字の「9」が「苦に通じる」というゴロ合わせから嫌われます。

また、31日は「一夜飾り」と言われて忌み嫌われます。門松

その理由は、

  • 歳神様をお迎えする準備を、前日にあわただしく行うことは失礼にあたるため。
  • 葬儀の飾りが一夜限りであることに通じるため、縁起がよくない

ということです。

じゃぁ、30日なら大丈夫なの?
なんて思いましたか?

旧暦では、30日を晦日(みそか)といいます。

晦日は月の最後の日を意味するため、31日と同様の扱いになるので、門松を飾る日には適していないということになります。


門松はいつまで飾るの?

門松を飾る時期は、地域によって違いがあります。

一般的には松の内(1月7日)までとされていますが、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという地域もあります。

小正月までというのは、

  • 元々松の内が1月15日までだったこと
  • どんど焼き(どんと祭・左義長などとも言われます)の行事が、小正月に行われることが多い

というところからきており、関西地方に多く残る風習です。

また、二十日正月は、1月20日を正月が終わる節目の日とするもので、京阪地方や岐阜、石川、群馬の一部に残っている風習です。


正月飾り!しめ飾りについて

しめ飾り
新しい藁に、裏白(うらじろ)、ゆずり葉、橙(だいだい)などをあしらって作ったお飾りをしめ飾りといいます。

新しい藁は、古い年の不浄を払うという意味があり、裏白は長寿、ゆずり葉は子孫の繁栄、橙は家系の繁栄を願ったものです。

しめ飾りは神様を迎える清浄な場所を示すために飾るものですが、玄関に飾ることで災いが外から入る事を防ぐといわれています。


しめ飾りを飾る時期はいつからいつまで?

しめ飾りを飾る時期は、門松と同じで12月28日~1月7日までが一般的です。

小正月までの地域は1月15日まで、二十日正月までの地域は1月20日までとなります。

もし、お住まいの地域の風習がよく解らないというのであれば、長く住んでいるご近所さんに聞いてみる。というのが一番の解決策かもしれません。



余談ですが、冠婚葬祭などで気にかける、大安や仏滅、友引など六曜と言われるものがあります。

中でも気になるのが仏滅だと思いますが、お正月飾りを飾る場合は、気にする必要はありません。

なぜなら、六曜は、中国の思想が日本に伝わって定着したものであり、日本に古くからある神事とは関係がないものだからです。

どうぞ、安心して飾ってください。


さて、残すところは「鏡餅」となりましたが、少々長くなりましたので、改めてお届け致します。

あしからず・・・。



≪参考≫
 お正月あれこれ / 日本の行事・暦
 なぜお正月に飾るの?しめ縄飾り(注連飾り)の基礎知識 / nanapi
 なぜ用意するの?正月飾りの種類と意味 / nanapi



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link