節分の日には、日本各地の神社でも
「節分祭」という行事があり、豆まきが行われます。

よくテレビに映っている、
芸能人や著名人が豆まきをする様子は、節分祭の1コマです。

鬼は外!福は内!

の掛け声と共に、
枡いっぱいに入った豆を豪快に撒いている光景を
思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。


今回はこの「豆」に注目します!

枡と豆
豆まきには、
一般的に「大豆」が利用されます。

なぜ、大豆なのでしょう?

そして、
何個食べたらいいのか良く解らない???

という方も多く見受けられる
節分の日に食べる豆の数についてお届けいたします。


sponserd Links

豆まきの豆に大豆を使うのはなぜ?

豆まきに使う豆は、
そもそも、「小豆」だった。 とか
「五穀」なら何でも良かった。 という話が残っています。

五穀(米・麦・豆・ひえ・あわ)には穀霊が宿るとされており
穀霊で悪霊を払った。と言われています。

「大豆」は、五穀の1つとされており
古くから、米に次いで神事に用いられてきました。

米に比べて粒が大きいことから
悪霊を祓うのに最適とされたことや
毘沙門天にまつわる昔話に由来するところがあります。


豆まきに使う大豆は炒るべし!

節分の豆まきに使う豆は「炒った豆」でなくてはなりません。

えーーーーっ!
わざわざそんな事するの、面倒なんだけど・・・。

と、思う方もいらっしゃることでしょう。

これは、昔の人々の生活の知恵から生まれたものです。


昔の日本の家屋には土間がありました。

豆まきの後、撒いた豆を拾って食べる。
という風習はご存知ですよね?

でも、撒いた豆をすべて拾う事ができるか?というと
なかなかどうして、難しいものがあります。

当時は、拾い損ねた豆から芽がでると災いが起こる。
という言い伝えがありました。

もし、拾い損ねた豆があっても目が出ないように。
という気持ちから、炒った豆で豆まきをした。ということです。

また、「豆を炒る」が「豆を射る」に通じ、
魔目を射る」すなわち「魔滅」する。という意味もあります。

 ※「魔目」や「摩滅」については、前回の記事をご覧ください。
  ⇒ 「節分と豆まきの由来!中国から伝わってきたってホント?」


節分の豆には福が宿る?

七福神

節分の豆は、豆を炒る(魔目を射る)ことで
邪気を祓った豆なので「福豆」と言われます。

節分に福豆を食べるという風習には
「福」を身体に取り入れることで
一年の健康を願う。
という意味があります。


節分の日に、豆まきはしなくとも福豆は食べる。
そんなご家庭もあるのではないでしょうか。

福豆の数、いくつ食べていますか?


節分の日に食べる豆の数はいくつ?

ご存知の方も多いかと思いますが
節分の日に食べる豆の数
年の数だけとも年の数プラス1個とも言われています。

いったい、どっちが正しいの?
と、迷ってしまったりしていませんか?

それであれば、スッキリさせてしまいましょう!


年の数と年の数プラス1個、どちらが正しいのか?というと・・・




どちらでもかまいません!!



あれ?もしかして、期待はずれでしたか?^ ^;


「年の数だけ豆を食べることで、年齢と同じ数だけ福を身体に取り入れる」
というのが、福豆を食べる事の意味です。

1つ多く食べるのは
「来年も健康でありますように!」
という願いが込められています。

それなら、1個多く食べた方がいいんじゃない?
と思っても、不思議ではありません。


ここで考えて欲しいのが、年齢の数え方です。

豆まきの風習が始まった頃の日本は、
年齢を数え年で表すのが普通でした。

現在でいうと、満年齢プラス1歳です。

ということは・・・

  • 現在の年齢の数え方で「年の数だけ」食べる = 満年齢
  • 来年のためにもう1個食べる = 満年齢+1個
                  = 数え年 = 昔の年の数

になります。

だとすれば、昔の風習に合わせるならプラス2個なの?

という話も出てきそうですが、来年の分の1個は、
立春から1年が始まるという江戸時代の考え方からきています。

節分の日は立春の前の日に当たるので、
大晦日と同様の扱いがなされていました。

言いかえれば、新年の前日に節分の行事を行ったので、
来年のために!という1個が加わったのです。


節分の行事は2月に行われますから
現在の時間軸で考えると、来年のための1個は必要ない。
といえばそれまでです。

現在も、数え年の風習を守っている地域は多くありますが、
満年齢で食べるのが間違いということではありません。



・・・スッキリしていただけましたか?

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link