ふと空を見上げた時、
少し離れた場所に鯉のぼりが見えたりすると

もう、そんな時期なんだなぁ~・・・。

なんて、改めて季節を実感するということはありませんか?

鯉のぼり3

古くから、
男の子の成長を祝い
立身出世を祈願してきた端午の節句


現在ではこどもの日という
国民の祝日になっています。


5月の澄んだ青空の下、
悠々と泳ぐ鯉のぼりには
いったい、どのような由来があるのでしょう?


Sponsoerd link

鯉のぼりの由来

古来中国の行事が日本に伝わったあと
時代と共に変遷を経て、
こどもの日(端午の節句)は、日本独自の風習として根付きました。

こどもの日の詳しい由来については、前回の記事をご覧ください。
 ⇒「こどもの日の由来!端午の節句の端午の意味は?」


端午の節句が、五節句の1つとされ定着したのは江戸時代のことです。

当時の庭に立てられていたのは、鯉のぼりではなく
「武者のぼり」と言われる物でした。


武者のぼりとは?


武者のぼりの起源は
戦国武将の「旗指物」にある
とされています。

時代劇の戦いのシーンで
家紋のついた旗を掲げていたり、
馬に乗った武将が鎧に旗を挿して走っている場面は、
見覚えがあるのではないでしょうか。

その旗が「旗指物」といわれるものです。


武者のぼりを端午の節句に立てたのはなぜ?

室町時代末期の武家社会では
「端午の節句に、旗指物を虫干しをかねて飾る」
という風習があったそうです。

庶民がその風習を真似て
日本全国各地で武者のぼりが立てられるようになりました。


旗指物と武者のぼりの違い

テレビの中で、よく目にするとおり
旗指物には、家紋だけが描かれています。
武者のぼり
庶民が立てた武者のぼりには
鐘馗(しょうき:中国に伝わる道教系の神)や
金太郎、武者絵などが描かれていました。

描かれている絵には
「子供に幸せな人生を送って欲しい」
という願いが込められていたそうです。


そして、武者のぼりは
「絵のぼり」「節句幟(のぼり)」
と、呼ぶのが正確です。

その図柄に武者絵が多いことから
通称「武者のぼり」と呼ばれています。

武者のぼり=武家のもの
と思われがちですが、決してそうではありませんので
勘違いをされませんようにお願いいたします。


鯉のぼりの誕生!

鯉のぼりの原型が出来たのは、江戸時代の中期になります。

立身出世のシンボルとして武者のぼりに描かれていた
「鯉の滝登り」の図柄から「鯉の小旗(まねき)」が作られました。
 ※小幡(まねき)=幟旗の付属品

この小幡が、時と共に変化、独立して
現在の「鯉のぼり」となりました。

今の時代では普通の形ですが、
立体型の鯉のぼりが主流となったのは、明治時代以降のことになります。


吹きながしの色お話

鯉のぼりの一番上にある5色(青・赤・黄・白・黒)の
吹流しの色は、古代中国の「陰陽五行説」に由来しています。


陰陽五行説とは?

この世の全ての物は、陰と陽の二つの気及び
木・火・土・金・水の五行で成り立っていると考える思想です。

陰陽五行説で表す色は、それぞれ
「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒=水」となります。

五行には色だけではなく、
方角や季節、人の人徳や感覚器官など
以下の通り、さまざまな事が配されています。

【五行】【五色】【五方】【五時】【五常】【五感】【五獣】
青龍
朱雀
土用麒麟
西白虎
玄武

吹流しの5色は、染料や色彩認識などの関係で
青は緑、黒は紫で表すことが多いため
「緑・赤・黄・白・紫」の5色になっている場合もあります。


鯉のぼりの移り変わりと色の意味

鯉のぼり2

現在の鯉のぼりは
「真鯉=父親、緋鯉=母親、青い鯉=子供」の
3匹が一般的ですが、
江戸時代には真鯉だけだったそうです。

緋鯉は、錦鯉を模したものと言われており
錦鯉が出回りだした明治時代から出始めました。

ただ…当時の緋鯉は子供を表していました。

青色の鯉が子供で、
赤色の緋鯉が母親を表すようになったのは
昭和に入ってからのことです。

実のところ、鯉のぼりの色
真鯉の黒が決まっているだけで
他の鯉の色は、決まっているわけではありません。


とはいうものの、鯉のぼりの色は
「真鯉=黒、緋鯉=赤、子供の鯉=青」がおなじみですね^ ^

それぞれの色には、吹流しと同じように
陰陽五行説からの流れがあります。


真鯉=黒=父親

黒は、冬で水を表しています。

五行説での冬は、堅く閉ざされた季節であり、
生物のほとんどが活動を停止する時期でもあります。

加えて水は、
全ての生物の命の源であり、必要不可欠なものです。

黙って座っているだけで、存在感があり
ちょっとのことでは動じずに、どっしりと構えている。

家族の大黒柱である、古き時代のお父さんを表しています。


緋鯉=赤=母親

赤は、夏で火を表します。

夏は、たくさんの生命を育む季節です。

また、人間は火を手に入れることで
知恵を得て、文明を築きだしたと言われているように
火は、万物を生み出す源であり、知恵を象徴するものです。

子供を産み育てつつ、家庭をしっかり守る。
生活の知恵がたくさん詰まった、
あったかーい日本のお母さんそのものです。


子供の鯉=青=子供

青は、春で木を表します。

春は、全ての生命がのびのびと活動を始める季節です。
草は芽吹き、木もすくすくと育っていきます。

すくすくと真っ直ぐ伸びていく木は、
子供の成長やあるべき姿そのものを表しています。



このように、
3匹の鯉のぼりは、平和な家庭そのものを表している。
といっても過言ではないでしょう。

もちろん!
子供の健やかな成長と立身出世を願う親心が込められている
という事は、言うまでもありません。


次回は、五月人形や鎧兜の由来についてお届けいたします。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link