5月5日は端午の節句ですね。

というよりは

5月5日はこどもの日!!

と言った方が、
なじみ深いような気がする今日この頃。

こどもの日

もともと、端午の節句があって
こどもの日として祝日になったのは・・・

なぁんていう、お堅い話は置いといて^ ^

食べますよね?!柏餅や粽☆

たぶん、子供の頃からずっと
何の疑いもなしに
食べているのではないでしょうか。

あのねっ!
柏餅はれっきとした行事食なんですよっ^ ^

ご存知でしたか?


そして・・・

端午の節句(こどもの日)には、
菖蒲湯に入るという風習もあります。


では、なぜ?柏餅や粽を食べたり菖蒲湯に入ったりするのでしょう。

その由来!知りたくはありませんか?


Sponsoerd link

柏餅の由来

上新粉で作ったお餅で餡をくるみ
柏の葉で包んだ柏餅は、日本独特のお菓子です。

柏の葉で包んだお餅は、古くからあったようです。
柏餅③
ただ、柏餅というお菓子が生まれ
端午の節句の食べ物として定着したのは
江戸時代(徳川九代将軍~十代将軍の頃)と
言われています。


ところで、
なぜ?柏の葉を使ったのでしょう。

その理由は、柏の木の生態にありました。

柏の木の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちません。

このことが「子供が生まれるまで親は死なない」
という思いにつながり
「家系が絶えない」「子孫繁栄」という縁起を担いだのです。

※豆知識※

柏餅の葉っぱで、餡子の味が解る?!

お店に並んでいる柏餅をよーく見ると、
葉っぱの違いに気づきませんか?

つるつるした葉の表を外にしているものと
逆にざらついた裏の裏を外にしているものがありますね。

これは、中に入っている餡の味の違いを表しています。

表が外の柏餅は小豆餡、裏のものは味噌餡になります。


そうそう!
今では小豆餡が一般的な柏餅ですが
当初は、味噌餡や塩餡が主流だったそうです。

塩餡・・・見たことがありません(汗;


粽(ちまき)の由来

柏餅が日本独特のものであるのに対して
は端午の節句と一緒に中国から伝わったものです。ちまき

中国の故事である、屈原(くつげん)のお話は
覚えていらっしゃいますか?

なんだそれ?という場合は、こちらの記事をどうぞ♪
「こどもの日の由来!端午の節句の端午ってどんな意味があるの?」

このお話で、川に投げ入れているですが、
もともとは米を詰めた竹筒でした。

米を詰めた竹筒が粽に変わった理由は
屈原のお話の続きにありました。

ある日、川のほとりに屈原の幽霊が姿を現し

毎年、供物を捧げてくれるのはありがたいことですが
残念なことに、竹筒が手元届く前に悪龍に盗まれてしまうのです。
今度からは、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉で餅を包み
邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってください。

と、里の者に話しました。

里の者は、言われたとおりに
楝樹の葉で餅を包み、五色の糸で縛って川へ流すと
無事に屈原のところまで届くようになりました。


「楝樹の葉で包んだ餅」これが粽の始まりです。

「粽(ちまき)」という名前は
その昔「茅(ちがや)」の葉で包んでいたところからきています。

当時は「ちがやまき」と言われていましたが
「茅」は「ち」ともいい、こちらが多く使われるようになったため
「粽(ちまき)」という名前が定着したのです。

ちなみに・・・
粽を縛った糸の色は、
こいのぼりの吹流しの色として受け継がれています。



さて・・・他に受け継がれている事といえば?!

菖蒲湯の風習ですね^ ^

こちらについては、また今度!

次回の記事でお届けいたします☆

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link