人生の先輩であるお年寄りを敬い、長寿を祝う敬老の日

家族

この日ばかりは、普段離れて暮らしているおじいちゃんやおばぁちゃんと一緒に過ごす、そんなご家族も多いのではないでしょうか。


さて、老を敬う日で敬老の日ですから、その意味はなんとなくでも解るかとは思います。


では、その由来はご存知ですか?

敬老の日の始まりとなったお話を、聞いたことはあるでしょうか?


あ・・・そういえば、知らないかも(汗;
というあなたは、どうぞこの先へお進みください。

雑学の引き出しが、もう1つ増えちゃいますよ^ ^


sponserd Links


敬老の日の由来

敬老の日の由来には2つの説があります。
一言で言うと、「聖徳太子説」「養老の滝説」です。

ただ、この2つの説は俗説といわれており、正しいものかどうか定かではありません。


聖徳太子説

聖徳太子は、推古天皇元(593)年、大坂に四天王寺を建立した際に、四箇院(しかいん)の制をとりました。

四箇院とは、
四箇院の制

  • 敬田院(けいでんいん)
     仏法の修行場で、いわば寺院そのものです
  • 施薬院(せやくいん)
     薬草を植えて薬を調合し病者に薬を施すところで、今で言う薬局です
  • 療病院(りょうびょういん)
     身寄りの無い病人を寄宿させ治療するところで、病院にあたります
  • 非田院(ひでんいん)
     身寄りの無いお年寄りや放置された子供を収容する孤児院老人ホームのような施設です

をいいます。

この中で、老人ホームの役割を果たしていた非田院が建立されたのが9月15日でした。

このことにちなんで、9月15日が敬老の日に選ばれたというのがこの説です。


養老の滝説

昔むかし、美濃国に酒好きの年老いた父親と暮らす、孝行息子がいました。

息子の仕事は木こりで、収入もわずかでしたから、父親に満足するだけのお酒を飲ませてあげる事はできませんでした。

息子が、ある日山に入って薪を取ろうとした時、苔に足を滑らせて谷間に転がり落ちてしまいます。

たどり着いた場所は、どこからとも無くお酒の匂いがしました。森

あたりを見渡すと、石の中から水が流れ出ていたので、その水を汲んでなめてみると、とてもおいしいお酒の味がしました。

その水を瓢箪につめて持ち帰ると、これはいいお酒だと、父親は大変喜んだそうです。

それからというもの、息子は毎日その水を汲み、父親が満足するだけお酒を飲ませてあげました。


この話が、時の天皇である、元正(げんしょう)天皇に伝わると、霊亀三(717)年9月に自らこの地を訪ね、その場所をご覧になりました。

天皇は、

「これは、息子のこのうえない孝行を、天地の神がお褒めになったものであろう」

と感じいり、後に、その息子に美濃守という役職を与えたそうです。


そして、そのお酒の出る場所が養老の滝と言われていたことから、その年の11月に年号を「霊亀」から「養老」と改めました。



実は、養老の滝説には、もう1つ別の話があります。

霊亀三(717)年9月20日、美濃国を訪れていた元正天皇は、多気郡多度山において美泉をご覧になりました。
養老の滝
それから少し経った11月に、9月に美濃国に滞在した際、多気郡多度山の美泉を見に行って、その水で顔や手を洗ったら肌がなめらかにまるような感じがした。また、痛むところを洗ったところ、痛みは消え治ってしまった。私の体でさえ、このような効果があったという話をされました。

さらに、この水を飲んだり浴びたりしている人は

  • 白髪が黒髪に変わる
  • 禿げた頭には髪の毛が生える
  • 目の見えない人は見えるようになる

だけではなく、なかなか治らない病気もすべて治ったという話を耳にしたということです。


元正天皇は、後漢の光武帝の時にも「醴泉が湧き出しこれを飲んだ者は、病気がすべて癒えた。」という話を聞いており、符瑞(ふずい)書にも「醴泉は美泉なり。以て老を養うべし。蓋し水の精なり。」と記されていることから、天からのこれほど大きな恵みに大赦して元号を「養老」へと変更せよと命じました。


このことは、「養老改元の詔」(ようろうかいげんのみことのり)に記されています。

長くなるので、要約させていただきました。

もし、興味があるようでしたら全文(古文と現代訳)は、こちらでごらんいただけます。
「養老伝説。」



さて、この2つの話は、どちらも元号を変更したという内容ですから、なぜ敬老の日と結びつくのか?という疑問をお持ちになっても不思議ではありません。

美濃国に向けて旅立ったのは、9月中旬だったのだそうです。多度山の美泉を見に行ったのが9月20日とされていますから、出発したのはその頃なのでしょう。

このことにちなんで、9月15日を敬老の日としたといわれています。


敬老の日の歴史

以上、敬老の日の由来と言われている2つの説をご紹介しましたが、どちらも日付の選定に絡むお話になります。

ここからは、敬老の日の歴史として、始まりから国民の祝日になるまでの経緯をお話しいたします。



敬老の日は、1947(昭和22)年兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)で産声をあげました。

当時の村長(門脇政夫氏)と助役(山本明氏)が

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

という趣旨のもと、「としよりの日」を提唱したのがこの年です。

野間谷村では、1年のうちで気候がよく農閑期にもあたる9月中旬の15日をその日と定め、敬老会が開かれました。

3年後の1950(昭和25)年からは、兵庫県全体で敬老会が行われるようになります。

この年に「9月15日をとしよりの日にしよう!」という、県民運動が始まると、翌年には全国に広がります。


1951(昭和26)年には、中央社会福祉審議会が9月15日を「としよりの日」としました。

また、21日までの1週間を運動習慣として運動を推進しましたが、今度は「としより」という表現が良くないと各地で議論が起こりました。

これを受けて、1963(昭和38)年、老人福祉法制定に伴い「としよりの日」は「老人の日」として定められます。

よって、翌1964(昭和39)年から9月15日は「老人の日」と改称されました。

すると、その翌年に野間谷村から

『「こどもの日」や「成人の日」があるのに、敬老の日が無いのはおかしい!』

という声があがり、幾度となく政府への働きかけが行われたのです。

その結果、「老人の日」は、2003(平成15)年
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

「敬老の日」として制定され、国民の祝日に加わりました。



その後、暫く「敬老の日」は9月15日で定着していました。

が・・・

2001(平成13)年、ハッピーマンデー制度の実施に伴い9月の第3月曜日へと移行します。

敬老の日が移ることにあたっては、高齢者団体からの反発が相次ぎました。

そのために、老人福祉法が

  • 9月15日は老人の日
  • 9月15日を含む1週間は老人週間

と、改正されました。


今では、祝日が当たり前の敬老の日ですが、その背景にはこんな道のりがありました。


敬老の日はいつ?

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日です!

当然ですが、第3月曜日は毎年変わります。

ご参考までに、2017(平成29)年から5年間の敬老の日は

  • 2017(平成29)年:9月18日
  • 2018(平成30)年:9月17日
  • 2019(平成31)年:9月16日
  • 2020(平成32)年:9月21日
  • 2021(平成33)年:9月20日

となっています。



敬老の日と解っていてもなかなか・・・敬老の日

という場合もあるかと思います。

そんな時は、電話を1本入れてみてはいかがでしょう?

「元気?」「変わりない?」という何気ない一言でも、お孫さんの元気な声は、おじいちゃん、おばあちゃんにとって嬉しいものではないでしょうか^ ^



≪参考≫
 聖徳太子の精神伝える四天王寺 / 世界日報
 養老伝説 / お話歳時記
 敬老の日 / 日本文化いろは事典



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link