年の初めに神社やお寺に詣でる「初詣」

毎年の恒例行事だから、というだけになってはいませんか?


初詣

たぶん・・・

初詣にはどんな由来があるのかな?なんて、気に留めることはあまり無いのではないでしょうか。


この記事にたどり着いたのも何かのご縁です。
いい機会ですから、初詣の由来に触れてみませんか?


後半では、初詣はいつまで行けばいいの?という疑問にもお答えしています。

それでは・・・どうぞ^ ^


sponserd Links


初詣の由来

古来日本には「年籠り」(としごもり、としこもり)と言う風習がありました。

家長(一家の長)が、新年を平安に暮らすために、大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社に籠もり祈願したのです。
※氏神の社は、現在でいう神社にあたります。
神社鈴
時は流れ、年籠りは

  • 大晦日の夜に詣でる「除夜詣」 
  • 元旦の朝に詣でる「元旦詣」 

の2つに分かれます。

この「元旦詣」が、現在の初詣の原形となりました。


江戸時代末期までの元旦詣は、その年の恵方にある神社に参拝し、幸福を祈願するというものでした。

俗に「恵方詣り」(恵方参り)とも言われています。

恵方には、その年の「歳徳神」(としとくしん)がいて、たたり神が来ないいい方向とされていました。


明治時代に入ると、恵方参りの風習は廃れていき、有名神社など好きな所にお参りに行くようになります。

これが、現在の初詣のスタイルになっているというわけです。

恵方参りが廃れたのは、鉄道の発達により、有名神社仏閣に足を運びやすくなったという事が、1つの要因ともいわれています。




ところで、初詣に行くのは、

  • 除夜の鐘を聞きながら歳をまたいで
  • 元旦になってからその日のうちに
  • 正月三が日のうちのどこか

など、さまざまだと思います。

いったい・・・
初詣はいつまで行ったらいいのでしょう?


初詣の期間

初詣は、先にも書いたように、元旦詣といって元旦に参拝するものでした。

今でも、元旦に行くという方が一番多いのかな?と、思います。

でも、なんとなくですが、三が日を過ぎると行きにくいものがあったりはしませんか?

そうなんだよねぇ~。
遅すぎるような気がして・・・というあなた!

大丈夫です!!

初詣は松の内に行くのが目安になっています。


松の内とは?

門松&しめ飾り門松やしめ飾りなどを飾っておく期間をいい、一般的に1月7日までとされています。

ただ・・・

地域によっては、小正月(1月15日)や二十日正月(1月20日)までという所もあります。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。
 ⇒ 「正月飾り!門松としめ飾りはいつまで飾るの?」




さて、松の内に行きそびれた場合は?と、気になる方もいらっしゃるかと思うので触れておきます。

新年に初めてお参りをするのが初詣です。

目安が松の内というだけで、必ずその期間内に!という決まりごとはありません。

ですので、遅くなったからといって、ためらう必要はこれっぽっちもないんです^ ^

松の内からは少し遅れたとしても、新しい1年を健やかに過ごす事ができるように、お近くの神社やお寺に足を運んでみてはいかがでしょうか。



≪参考≫
 初詣に行こう! / 京都地主神社
 初詣の歴史 / あんばさま 総本宮 大杉神社
 はつもうで【初詣で】 / 冠婚葬祭マナー&ビジネス知識



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link