布で作られた小さな様々な人形達が
つるし雛
ゆらゆら揺れるつるし雛

かわいくもあり、華やかでもあり・・・


雛人形の傍に飾られる事が多いので

雛飾りに華やかさを添える物

というふうに思われているかもしれません。


でも、違うんです。

つるし雛が生まれたのには

その当時の庶民の生活が、深く絡んでいます。

Sponsoerd link


つるし雛の由来

つるし雛は、伊豆の稲取温泉が発祥で
江戸時代から伝わる、伝統ある風習です。
ひな壇飾り
京都で生まれた「ひいな遊び」が
江戸に伝わって、庶民に定着した「ひな祭り」

江戸時代中期には、現在のような
ひな壇飾りが、飾られるようになっていました。

しかし、雛人形高価なもの
庶民の手には届かなかったのです。

そんな時代に、
「手作りで子供や孫の初節句を祝おう」
という親心から生まれたのが、つるし雛です。

はぎれで作った小さな人形やお飾りを
竹ひごの輪から赤い糸に下げてつるします。

そして、その人形やお飾りには、
ひとつひとつ、願いが込められています。


つるし雛飾りの意味

つるし雛のお飾りは、110種類あります。
その中から、主なお飾りとその意味をご紹介いたします。


◎猿っこ
猿っこさる(去る)に掛けて
厄や災い、病が去る
という、意味が込められています。


◎桃
桃桃は、古くから、邪気や魔力を祓い、
長寿をもたらすものとされています。
また、早く花が咲き、実が多くなるところから
          子だくさんを象徴しているとも言われます。


◎唐がらし
唐辛子かわいい娘に、悪い虫がつかないように。
という願いが込められています。
雛人形をしまう時の防虫剤として
          唐辛子を用いていたところからきています。


◎座布団
座布団座布団の周りをはって遊ぶ赤ちゃんが
早くお座りができますように。
という願いが込められています。



◎這い子人形
這い子人形「はいはい」をたくさんする赤ちゃんは
丈夫で元気に育つといわれています。
健やかに育ちますように。
          という、子を思う親の気持ちが込められています。



◎おかたぐろ(おかたごろ)
おかたぐろ「おかた」は高貴な人を意味します。
将来、良家へ嫁いでほしい。
という、親の願いが込められています。



◎巾着
巾着②今で言うお財布の役割をしていたのが巾着です。
お金に不自由することが無いように
という意味があります。



◎三角
三角病気に無縁でありますように。
という、願いが込められています。
薬袋や香袋が三角だったところからきています。
          お香は、気を鎮めるので、薬としても用いられていました。


◎うさぎ
うさぎ優しい性格のうさぎですが
その赤い目には、霊力があるとされていました。
優しくも芯のある人に・・・
          そんな思いが込められています。



◎三番叟(さんばんそう)
三番叟五穀豊穣を願って舞う、
伝統芸能の装束をまとった人形です。
食べ物に困らないように。
          という祈りが込められています。


ほんの一部ではありますが
どれも娘を思う親の気持ちがたっぷりですね^ ^

他のお飾りについては、こちらをどうぞ☆
「つるしびな大百科 意味・いわれ」




さて、当時は、着物の切れ端を使って
手作りでつるし雛を作っていました。

きっと、一針一針
愛情をこめて縫っていたのでしょう。

今では、お店で買う事もできます。

が・・・

何でも買って済ませられる時代だからこそ

愛する娘ちゃんのために、
心を込めて、つるし雛を作ってみてはいかがでしょう。


手作りキットでお手製のつるし雛を!

つるし雛を手作りする時に必要なものは、

ちりめんなど和柄のと中につめる綿
お人形の目にするビーズなどですが

なんといっても
「型紙」が無い事には始まりません。


えーーーーっ!
型紙なんて、自分じゃどうにもできないよぉ。

やっぱ手作りなんて無理!!

という声が聞こえてきそうですが・・・

そ・こ・は!
この便利なご時勢ですからご安心ください。

つるし雛の「手作りキット」を利用しましょう!

例えば、こんな感じのつるし雛を作る事ができる
材料セットが、手芸店で購入できます。


毎日少しずつ、愛情を込めてひと針ひと針・・・

バタバタした日常の中に、
そんな時間があるのもいいと思いませんか?

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link