お盆とは・・・

亡くなった方を迎えておもてなしをする期間です。


亡くなった方の霊が迷わないように、と精霊流し(長崎)お盆の入りの日には迎え火を、最後の日には送り火を焚く。

そんなご家庭もあるのではないでしょうか。


日本には、地域に定着している送り火の行事があります。

長崎市で行われる「精霊流し」も、その1つです。

sponserd Links


精霊(しょうろう)流しとは?

精霊流しは、お盆前に亡くなった方の霊を弔い、極楽浄土へ送り出す、お盆の伝統行事です。

初盆を迎えた家族が、盆提灯や造花などで飾られた精霊船を造り、故人の霊を乗せて流し場まで運びます。


本来は、精霊船を海に流すことで、故人の霊を天国へ送り届けるというものでしたが、近年は、環境に対する配慮もあり、実際に海に流すことはしなくなりました。


江戸時代の頃は、竹を麦わらで作った船(わらぶね)を担いで練り歩いた後、長崎港で灯を灯して流していたのだそうです。

当時の様子は「港を幻想的な光が漂っていた」と語り継がれています。


精霊流しは、主に長崎県内に多く伝わっていますが、佐賀県佐賀市や熊本県熊本市、御船町などでも行われています。


長崎の精霊流しは派手?!

精霊流しと聞くと、さだまさしさんの歌を、思い浮かべたりはしませんか?

あの、しっとりとした曲調から、厳かな光景を思い浮かべる方は、少なく無いと思います。

そんな歌のイメージを持って長崎市の精霊流しを訪れると、きっと、度肝を抜かれるほどビックリするでしょう。

鐘の音や精霊船を引く掛け声はもちろんですが、何といっても、爆竹の音がハンパではありません!

束ごと!というか、箱ごと火をつけて鳴らします。

交通整理に当たっている警察官も耳栓をしていますし、コンビニでは、観光客用の耳栓を販売しているほどです(汗;


精霊流し 爆竹の由来

今では、鳴らすことに意義がある!的になっている爆竹ですが、由来をたどると、意味のあるものでした。

精霊流しの由来は、諸説ありますが、中国の「彩舟(さいしゅう)流し」の影響が大きいと言われています。




鎖国時代に設置された「唐人屋敷」では、中国の人達が、独自の風習を守って暮らしていました。

その風習は、唐通事(とうつうじ)達の言葉や絵で外部の人に伝えられ、長崎に広がったと言われています。

※唐通事とは?
 江戸時代、長崎の唐人屋敷において、中国語の通訳や、中国人との貿易の交渉、また、唐人屋敷の住民や貿易船の乗組員の生活の世話など、様々な職務を行っていた人々の総称です。

「彩舟流し」も、そんな風習の1つであり、死者の霊を中国へ送る行事でした。

そして中国においての爆竹には、魔除けの意味があります。

精霊流しで鳴らされる爆竹も、当初は、精霊船が通る道を清めるために鳴らされたと、言われています。

中国の春節しかり、長崎の精霊流しもしかり、
爆竹は、ただ鳴らせばいいと言うものではない事だけは確かのようです。

せっかくですから、精霊流しの光景を、動画でどうぞ♪



爆竹の音・・・どうでしたか?

耳栓が必需品というのも、納得いただけたのではないでしょうか^ ^;


さてさて・・・
精霊流しにまつわる話は、このくらいにして!

ここから先は、長崎の精霊流し開催情報をお届けいたします。


精霊流し2017年の日程

◎開催日:8月15日(火)

◎開催時間:17:00頃~22:00頃

※開催時間について
 精霊流しは、各家庭(個人)が主体となっていて、「○○家」として、精霊船を造り流し場まで運びます。
 そのため、流し場まで遠い場合は、早い時間から精霊船を出すので、昼過ぎから爆竹が鳴り出す場所もあります。



◎開催場所:長崎県長崎市市内中心部一帯
      ※メインストリートは思案橋~県庁坂~大波止

◎問合せ先:長崎市コールセンターあじさいコール
      Tel:095-822-8888



※交通規制図及びバスダイヤにつきまして、現在2017年の情報が未公開となっており、それぞれリンク切れの状態となっております。
 公開され次第、新しい情報をお届けいたしますので、あらかじめご了承ください。

精霊流しに伴う交通規制情報!

 

お祭と名の付く事には、交通規制はつきものですが、長崎の精霊流しの交通規制は、かなり大規模です!

当日、しまった!!ということにならないように、事前に把握しておきましょう^ ^


交通規制は、当日の18:00頃から開始され、全面解除になるのは、23:00頃です。

車両通行止めの区間は、こちらの地図でご確認ください。
 ⇒ 「長崎市中心部の規制区間」


そして、大規模!というからには、車両通行止めだけではありません。

路線バスは、当日17時以降運行路線の変更が行われます。
一部運休になる区間や往復運行になる区間があるだけでなく、運行間隔が変わる路線もあります。

バスの路線変更について、詳しくは、
 ⇒「平成27年度盆ダイヤ設定・精霊流しに伴う路線変更について≪西部方面≫」
  「平成27年度盆ダイヤ設定・精霊流しに伴う路線変更について≪東部方面≫」を、ご覧下さい。


また、市電(路面電車)においては、17:00~「築町~正覚寺下」「西浜町~正覚寺下」の区間が運休となります。

運行の再開は、精霊船の進行に合わせて、順次行われます。




毎年、多くの観光客が訪れる長崎の精霊流し。

訪れる側はもちろんの事、行う側も本来は「死者の霊を弔うお盆の行事」であるということを、忘れてはいけないように思います。



≪参考≫
 精霊流し(ショウロウナガシ) / 長崎市公式観光サイト あっと!ながさき
 唐人屋敷と中国文化14 / 長崎んことばかたらんば
 鑑真東渡 / 楽 敏編著 田 建国 岩城治幸 田 建華 共訳



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link