毎年恒例のことなのに、
時期が近づくと、どうも気が重くて進まない(汗;

こんなこともあるのではないでしょうか。

だって、大掃除は、
主婦にとっての大仕事ですから!

大掃除

でも、何かと忙しい年末に、
どうして、大がかりな掃除をするのでしょう?

もっと時間の作りやすい時なら、

大歓迎!

とは言わないまでも、
重たい腰も上げやすいですよねwww


とはいえ、
年末に大掃除をするのには、それなりの理由があります。

今、えっ?!っと思ったそこのあなた!!

この続きを、しっかりとご覧ください^ ^


sponserd Links


大掃除の由来と意味

掃除に「大」がついて、大掃除ですから、

  • 大がかりな掃除 とか
  • いつもより念入りな掃除 を、言っているのかな?

という、想像はつくかもしれません。

いずれ、掃除が行われていたからこそ、
大掃除が生まれたと、考えることができます。




日本に掃除という文化が入ってきたのは、
大化の改新の頃の、飛鳥時代と言われています。

この時期に中国より伝わった仏教思想によって、
宮中の貴族層に、掃除が普及したのだそうです。

掃除の習慣が、庶民の間に根付いたのは、
平安時代のこと。

大掃除が生まれたのも、この頃で、
宮中においては、
年末には欠かせない行事となっていました。


当時の大掃除は、「煤払い(すすはらい)と言われ
歳神様を迎えるために行う、大切な行事でもありました。

今でも、神社仏閣では、
煤払いの行事が行われています。

また、一年の内に溜まった煤や埃(ほこり)を落とすことは、
「その年の厄や穢(けが)れを払う」
という意味を持っていました。。

江戸時代には、

「台所(当時は土間なので「かまど」)を汚くしていると、
 その家の運も逃げてしまう。」

という言い伝えがあり、
かまどの掃除は、特に念入りに行われていたそうです。


大掃除はいつするの?

江戸時代においての煤払いは、12月13日に行われていました。

なぜなら、お正月の準備を始める「事始め」の日が、
12月13日だったからです。

随分早いように感じるかもしれませんが、正月飾り②

お正月の準備=歳神様を迎える準備

と考えると、

最初に、一年の煤や埃を落とすという事は、
理に適っているのではないでしょうか。


とはいえ、何かと忙しい現代ですから、
解ってはいても、この日は無理!という事もあると思います。

だったら、いつがいいの?
という声が、聞こえてきそうですが・・・

「正月飾りを飾る日までに済ませて置く」
のがいいでしょう。

お正月飾りは、12月28日に飾るのが最適とされています。
 ※詳しくはこちら ⇒ 「正月飾り!門松としめ飾りはいつまで飾るの?」

どうしても都合がつかない場合は、
12月28日に大掃除を済ませてから、正月飾りを飾りましょう。




えっ?その日は、仕事があるから無理ですって???

それであれば、計画を立てて
小分けにして、済ませていきましょう!

何事も、段取りは大事ですwww

大掃除の進め方やちょっとしたコツを、別にまとめますので、
参考にしていただければと思います。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link