日本に、古くから伝わる風習は、
季節や生活にかかわるものが、多いように感じます。

でも・・・

それだけではありません!


人の成長に関わる行事も、
長く受け継がれている大切な風習です。


何か、思い浮かんだでしょうか?

成人式七五三のように、
年齢に応じて行われる行事がこれに当たります。

多分、あなたの記憶にあるのは、
七五三が最初かもしれません。


でも、そのずーっと前!赤ちゃん

あなたが、まだ赤ちゃんの頃・・・

ご両親が、あなたの成長を祝って
行ってくれた行事があります。

その1つが「お食い初め」です。


Sponsoerd link


お食い初めとは?

お食い初めは、赤ちゃんに、
生後初めてご飯を食べさせる、祝いの行事です。

赤ちゃんが、乳歯が生えるまにで成長したことを喜び、
お食い初め
「この先、一生食べることに困らないように」

という願いを込めて行われるものです。


起源や由来は、定かではありませんが、
古くは平安時代から行われていたと言われています。

昔は、赤ちゃんの生存率が低かったので、
「ここまでよく育ってくれた」
という喜びや安堵の気持ちも込められていたのでしょう。


お食い初めの時期はいつ?

お食い初めは、生後100日目に行うのが一般的です。

ただ、地域によって違いがあり、
110日目120日目に行うところもあります。

じゃぁ~いつやったらいいの?
という、あなたの声が聞こえてきそうなので、補足しますね^ ^

お食い初めを行う目安は、
赤ちゃんに、乳歯が生える頃です。

母乳から離乳食に、
切り替わる時期でもあります。

乳歯は、生後100日目あたりから生え始めるので、
その日が、一般的な日取りになりました。

とはいえ、お食い初めは、
必ずこの日に行わなくてはいけない
という、決まりのある行事ではありません。

生後100日目~120日目を目安に、
都合のいい日を選んで、行うといいでしょう。

逆に、日数にこだわりたい場合は、
生まれた日を1日目として数えてください。


ちなみに・・・

京都などの近畿地方では、
生後120日目より遅らせて行う事が多いようです。

これは、食べることを伸ばす(=食いのばし)ことで
長生きできるという言い伝えがあるからです。


さて、ここからは、
お食い初めの行事は、どのように行うものなのか?

そのやり方献立について、お話ししていきます。


お食い初めってどんな行事?

お食い初めは、赤ちゃんに母乳(ミルク)以外の食べ物を
初めて食べさせる行事です。

とはいうものの、実際は、
食べ物を口元に運んで、食べさせる真似をします。

その順番にも決まりがあるのですが、
なにはさておき、食べ物が無くては始まりません。

まずは、お食い初めの献立を見ていきましょう。


お食い初め 基本の献立

お食い初めの祝膳は、
一汁三菜(ご飯物、汁物、焼き魚、煮物、香の物)が基本です。

  • ご飯物 お赤飯が一般的ですが、白米でもかまいません。
        栗ご飯やお粥を用意する地方もあります。
  • 汁物 「吸う力が強くなるように」という願いを込めて
       お吸い物を用意します。
  • 焼き魚 日本の祝い事には欠かせない、鯛が一般的ですが、
        尾頭付きの焼き魚でも構いません。
  • 煮物 季節の野菜や、にんじん、大根、蓮根
       しいたけ、筍などを、おだしで煮つけましょう。
  • 香の物 季節の野菜のお漬物、
        もしくは、紅白なますなどの酢の物を用意します。

ここまでが、基本の献立になります。
お食い初めお膳2
本格的なお膳の場合は、二の膳として
紅白のお餅を用意します。

そして、料理ではありませんが、
忘れてはいけないのが「歯固めの石」です。


歯固め石とは?

お食い初めの行事の中には、
「赤ちゃんに丈夫な歯が生えますように」
という思いを込めた「歯固めの儀式」があります。

そこで用いられるのが「歯固めの石」です。

小皿に入れて、他の料理と一緒にお膳に並べます。


歯固めの石は、お宮参りの御祈祷の際に、
授けてくれる神社もあるようです。神社境内

それ以外で用意する方法は、

  • お宮参りに行った神社の
    境内にある石をお借りする。
  • 近くに神社がある場合は、
    お参りをしてから、境内の石をお借りする。
  • 近くに河原がある場合は、
    きれいな小石を拾ってくる。
  • 通信販売で購入する。

などがあります。



※拾った石を使う時の注意点

 石は、できるだけ人通りの少ないような場所から拾いましょう。
 お食い初めには、熱湯消毒をして、乾かしてから使用してください。

 お食い初めに使った後は、きちんと洗って
 感謝の気持ちを込めて、元の場所にお返ししましょう。

 石の大きさや個数に決まりはありませんが、
 1~2㎝程度のものを、1~2個用意するのが一般的です。

 ご参考までに・・
 正式には、赤(茶系)、白、黒の3色の石を準備します。


これで、お膳に並ぶものが揃いました。

では、やり方を・・・と、言いたいところではありますが、
その前に、お食い初めに使用する食器について触れたいと思います。


お食い初めに使用する食器

お食い初めには、漆器や素焼きの食器を用います。
お箸は、白木のものを使いましょう。

注意しなくてはいけないのが、
男の子と女の子で、漆器の色が違うところです。
お膳
男の子は朱塗り
女の子は外側が黒塗りで内側が朱塗り 
のものになります。

なんとなく、逆のような気がしませんか?
                              ※出典:手しごと本舗
これは、色で地位を表していた時代の名残と言われています。




解り易いのが、奈良時代に制定された「十二冠位」です。

「徳・仁・礼・信・義・智」を、
「大・小」に分けて、12の位を定めており、
その位を表す色が決まっていました。

最上位である「大徳」は「濃紫」、次の「小徳」は「薄紫」、
後は順に「青・赤・黄・白・黒」が「濃・薄」で続きます。

これで、赤の方が黒よりも上位の色だった
という事が解ると思います。

今の時代は、男女平等が当たり前になってきています。

でも、男尊女卑という言葉があるくらいに、
古い時代において、女性の地位は低いものでした。

このことを併せると、
漆器の色が、どうして男の子と女の子で違うのか?
という疑問も、解決できるのではないでしょうか。




さぁ!ここまで来ると、
お食い初めのお膳は、完璧だと思います。

大変お待たせいたしました。

お食い初めのやり方は、次のようになります^ ^


お食い初めのやり方

きっと、悩みの種になっているのは、
料理を食べさせる真似をする順番ではないでしょうか。

簡略化した順番も、多く紹介されていますが、
正式な順番は、

「ご飯物」→「お吸い物」→「ご飯物」→「焼き魚」
「ご飯物」→「香の物」→「ご飯物」→「お吸い物」
「ご飯物」→「歯固めの石」→「ご飯物」→「お吸い物」→「ご飯物」

となっています。

赤ちゃんを膝にのせ、この順番で食べさせる真似をします。

ここで問題なのが、歯固めの石です!

石はどう扱ったらいいの?と、
悩むことがあっても、おかしくはありません。


歯固めの石の使い方

まず、お箸を、
歯固めの石に、ちょんちょんと軽く当てます。

そのお箸を、赤ちゃんの歯茎
優しくちょんちょんと、あててあげてください。

この時に、
「石のように丈夫な歯が生えますように」
という願いを込めましょう!


食べさせる人は誰?

お食い初めは、本来、
親族を招いて行うお祝いでした。

でも、近年では、
赤ちゃんと両親だけで祝う
というご家庭も多いのではないでしょうか。

最後に、それぞれの場合での「食べさせる役」をする人のお話しをして、
この記事を閉めたいと思います。


親族で祝う場合

集まってくれた親族の中で、最年長の人が行い、
「養い親(やしないおや)と、呼びます。

一番長生きしている人が「養い親」になることで、
その人の「長寿にあやかる」という意味があります。

養い親は、赤ちゃんが男の子の場合は男性
女の子の場合は女性と、決まっているので気を付けましょう。


両親だけで行う場合

親族で行う場合に則ると、親子
男の子にはお父さん、女の子にはお母さんが
食べさせる真似をするということになります。

が・・・

そこまでこだわる必要もないでしょう。

男の子なら、お父さんが抱っこして
お母さんが食べさせる真似をする。

女の子であれば、お母さんが抱っこして、
お父さんが食べさせる真似をする。

近年は、こういったご家庭が
増えてきているそうです。




お食い初めは、一生に一度のお祝いです!

ご親族が遠くへ住んでいる場合には、
記念の写真を、届けてはいかがでしょうか。

きっと、喜んでいただけると思います。



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事