突然ですが、クイズです!祝-min

「子供の成長や幸福を祈って行う行事」と言えばなぁ~んだ?



さて・・・

今、あなたの頭の中に、一番最初に思い浮かんだ行事は何ですか?


これは勝手な想像なのですが、多分「七五三」ではないでしょうか。七五三2-min

七五三は、男女によって違いはあれど
3歳、5歳、7歳で行う行事になります。

そんなことは、言われなくとも解ってます!

というくらいに、地域差が無く受け継がれている行事だと思います。


でも、今回取り上げる行事は「七五三」ではありません。
どんな行事かというと、「七五三」の時期より、もう少し成長してから行うものになります。

それは「十三参り」と言われます。


sponserd Links


十三参りとは

十三参りは、数え年で13歳になった男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りをすることで、福徳知恵を授かる行事です。

「知恵参り」や「知恵もらい」とも呼ばれます。

※虚空蔵菩薩について
 虚空蔵菩薩は、広大な宇宙のような無限の知恵慈悲を持った菩薩様です。
 その功徳(くどく)は、智恵や暗記力だけでなく、あらゆる財宝を得られる功徳や所願成就の功徳があるとされています。
 ※功徳:神仏の恵み。御利益(ごりやく)
 
 また、丑年と寅年の一生一代の守り本尊であると共に、十三回の追善供養(一周忌~三十三回忌)を司る仏様(十三仏)の中では、最後の三十三回忌の本尊でもあります。

十三参りの由来

弘法大師空海が19歳の時、「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」を修すると、飛躍的に記憶力が増しました。
※虚空蔵求聞持法:虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える修法

十三参りで、虚空蔵菩薩を参拝するようになったのは、このことにちなんでいます。

また、京都嵐山「法輪寺」によると、平安時代、幼くして天皇の地位についた「清和天皇」が数え年13歳になった時、成人の証として「勅願法要」を法輪寺において催したことが十三参りを行うきっかけになったということです。


ところで、数え年の13歳大人と言われても、現代を生きる私達には疑問が残るところではないでしょうか。

そこには、こんな理由がありました。


数え年の13歳は節目の歳だった!

数え年の13歳は、生まれ年の干支が、初めて回ってくる年になります。

古来日本において、この時期は、子供が心身ともに大人に変化する、重要な節目の歳とされていました。




ここで、古い時代を紐解きます。

奈良時代以降の武家社会において男子の成人を示す儀式として、元服式が行われていました。

元服式は、数え年15歳で行うのが一般的でした。

やがて江戸時代になると、儀式の簡略化が進みます。

すると、半元服を行ってから、本元服を行うということも行われるようになりました。

この半元服を行うのが、数え年の13歳でした。


女子はどうだったのか?というと、数え年の13歳には「髪上げの儀式」が行われていました。

それまで長く伸ばし垂れ下げていた髪を結い上げるという儀式で、平安時代から行われていたものです。

幼少期の髪型を、大人の髪型へ変える儀式になります。




このように、数え年の13歳は、大人の仲間入りをする年齢とされていました。お祓い-min

それに加えて、数え年の13歳は、男女とも、人生最初の厄年に当たります。

もう、解りますね?!
十三参りは、厄払いを兼ねた行事でもありました。


ちなみに・・・

数え年の13歳は、先にも書いたように干支が初めて一周する歳です。

このことから「子供の還暦」とも言われいるそうです。


ところで、十三参りを行うのは
数え年13歳のいつなのでしょう?

続いて、十三参りの時期についてお届け致します。


十三参りの時期

本来、十三参りは、虚空蔵菩薩の縁日である虚空蔵菩薩-min
旧暦3月13日に行う行事でした。

新暦でいうと、4月13日頃にあたります。

現在は1日限りでは無く、ある程度の期間を設けて行う寺院がほとんどですが、その寺院によって違いがあります。

ご参考までに、十三参りが行われている主な寺院と日程をご紹介いたします。


十三参りが行われる主な寺院と日程

◎京都「法輪寺」
 春の十三まいり 3月13日~5月13日
 秋の十三まいり 10月1日~11月30日
  住所:京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
  TEL:075-862-0013

◎大阪「太平寺」
 十三まいり新暦祭 平成30年3月11・13日
 十三まいり旧暦祭 平成30年4月13・14・15日
 ※御祈祷は、3・4月の新暦祭・旧暦祭以外の日であれば年中受け付けていますが、事前の問合せ及び事前予約が必要です。
  住所:大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町1-1
  TEL:06-6779-9133

◎東京「浅草寺」
 十三参り加持 4月13日を中心とした毎日
 ※御祈祷は、随時受け付けております。
  住所:東京都台東区浅草2-3-1
  TEL:03-3842-0181

◎茨城「虚空蔵堂」
 学年祭、十三詣り 3月25日~4月7日
  住所:茨城県那珂郡東海村村松8
  TEL:029-282-2022

◎福島「福満虚空蔵菩薩圓臧寺」
 十三講まいり 4月13日~5月13日
 ※御祈祷は、一年を通じて行っております。
  住所:福島県鹿沼軍柳津町大字柳津下平乙234
  TEL:0241-42-2114


十三参りの行事や御祈祷は、虚空蔵菩薩を祀っている寺院や神社で執り行われています。

が・・・

近くにそういった寺院や神社が無い(T T)
という方も、いらっしゃると思います。

そういう場合は、普段お参りしている神社や、お宮参りをした神社に参拝しましょう。


十三参りの服装

十三参りは、主に京都を中心とする関西地方で盛んな行事で、七五三よりも重要とされている地域もあります。

近年では、関東地方など、他の地域でも行われるようになってきました。
疑問4-min
もし、馴染みの浅い地域にお住まいであれば、成人式や七五三の服装は解るけど、十三参りは何を着せたらいいの?という疑問もあるかと思います。




十三参りの正装は?というと、やはり着物です。

女の子は、本断ちの晴れ着を、肩上げして着させます。
※本断ち:大人の寸法
 肩上げ:肩山のところで縫い上げて裄丈を調整すること


お参りから帰宅したら、肩上げしている糸をすぐにほどくのが正式な儀礼です。

男の子は、羽織袴が正式な儀礼となります。


とはいうものの、必ず正装でなければいけないということはありません。

十三参りの年は、ちょうど中学進学の年にあたりますから、新しい制服を着用しても大丈夫です。制服-min

また、最近は、洋装での参拝も増えています。

その場合は、女の子ならワンピース、男の子ならスーツといったフォーマルな服装がいいでしょう。


ふーん・・・
普段着じゃぁいけないんだ・・・

という声が聞こえてきそうですが、普段着でも差支えはありません。

ただ、十三参りは、成長の節目の歳に、これから生きていくための知恵と福徳を授かるものです。

正装では無いにしても、それ相応の服装で参拝するのが礼儀だと感じます。





時の流れと共に廃れていく風習が多い時代ですが、十三参りはその逆で、全国に広がりをみせています。

きっと、子供の成長を祝い、今後を気遣う親心は、今も昔も変わらないものだからこそなのでしょう。



≪参考≫
 十三まいり(じゅうさんまいり) / 京都通百科事典(京都観光・京都検定・京都の歴史)
 十三まいり / 行事・祭事 虚空蔵法輪寺
 人生礼儀 / 伏木神社
 十三詣りについて / 村松山虚空蔵堂



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link