ゴールデンウィークが終わると、

「あとは、お盆かぁ~・・・」

と、次の連休恋しさの言葉がついつい出たりしていませんか?

お盆 = お盆休み = 連休

こんな方程式は、あり!ですかね?!

お盆②

ところで、お盆はどうしてお盆というのでしょう?

ほら!食事やお茶を乗せて運ぶものお盆じゃないですか。

なんて・・・このお盆が、お盆の期間の語源になったなんていう話は、どこをどうひっくり返しても出てきません。

そこで、お盆という言葉の語源由来について調べてみました。


sponserd Links


お盆とは?

ご先祖様の霊を供養し、その冥福を祈る行事、またはその行事を行う期間を指して、お盆といいます。

この期間は、無くなったご先祖様が浄土(天国)から地上に戻って来ると言われています。蓮の花

現在は、8月13日~16日が一般的なお盆の期間になっていますが、地域によって違いがあります。

このあたりのお話は、別の記事でお届けしていますのでよかったらご覧ください。
 ⇒「お盆はいつ? 地域で違うお盆の時期」


お盆の語源は?

実は、お盆という呼び方は略称になり、正式名称「盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。

「盂蘭盆」という説もありますが、これは「盂蘭盆会」が略されたものであり、「お盆」もまた「盂蘭盆会」を省略して呼んだものとなります。


ここで、盂蘭盆ってなに?という疑問が出てくるかと思いますが、盂蘭盆は、古代インド語(梵語・ぼんご)の「ウランバナ」を漢字で音写したもので、倒懸(とうけん)、つまり逆さづりの苦しみという意味があります。

盂蘭盆会は、生前の行いが悪いため「餓鬼道」や「地獄道」に落ちた人の苦しみを救うため、その人に変わり功徳を積み、その功徳を他の衆生(しゅじょう:生きとし生けるもの)に施す供養で、「逆さに吊るされるような苦しみを除く」という意味を持つ行事となっています。



盂蘭盆会(お盆)の由来

盂蘭盆会の由来「盂蘭盆経」というお経の説話によっています。

どんなお話か?というと・・・

お釈迦様の第十弟子の一人で「神通力」の第一人者といわれる、目連尊者(もくれんそんじゃ)が、初めて神通力を得た時のこと。

目連尊者は、亡き父母に何かできないものか?と思い、その力を使って探したところ、餓鬼の中で何も飲み食いができず、苦しんでいる母親を見つけました。

何とか母親を助けたいと思った目連尊者は、鉢に盛ったご飯を差し出します。でも、母親がご飯を食べようとすると、口に入れる前に炭になってしまい食べることができません。

目連尊者は号泣し、お釈迦様のところへ戻って、母親の話をしました。

すると、お釈迦様は「あなたのお母さんの罪は重かったようで、あなた一人の力ではどうにもできません。」と諭したあとに、

「旧暦7月15日(現在の8月中旬頃)に安居(あんご)の修行を終えた、修行僧達にたくさんのごちそうをして、心から供養しなさい。そうすれば、父母も先祖も親族も三途の苦しみから逃れることができて、時に応じて解脱し、衣食には困らないでしょう。」と、おっしゃいました。

目連尊者が、お釈迦様に言われたとおりにすると、母親は餓鬼から逃れることができ、無事に往生することができました。

というものです。


お盆行事の起源

話は続きます。

目連尊者は、母親を餓鬼から救うことができた事に感激し、この慣わしを、後々までに残したいとお釈迦様に申し出ます。

すると、お釈迦様は・・・

旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り、同じように仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によってたくさんの先祖は苦しみから救われ、今生きている人も幸せを得ることができるでしょう。

と、おっしゃいました。

この行いが、お盆行事の始まりと言われています。


ただ、古来日本には「御霊(みたま)祭り」という祖先崇拝の風習があり、盂蘭盆経が仏教と共に伝来したあとに、双方が融合することで、現在のお盆行事となっていったと考えられています。






お供えのお花は白いお花をメインにしたアレンジメントを・・・



≪参考≫
 お盆 / 葬儀と葬儀後の問題解決サイト エンディングパーク
 主な行事・法要 ~ 盂蘭盆会 / 浄土宗
 盂蘭盆会 / 通信用語の基礎知識
 お盆のこころ / お供養 東光院 萩の寺



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link