もし、あなたが「お盆はいつ?」と聞かれたら、いつと答えますか?


お盆(なすときゅうり)

おそらく、多くの人の答えは「8月」なのではないでしょうか。


実は・・・

お盆の時期は、必ずしも8月というわけではありません。

地域によっては、7月にお盆の行事を行うところもあります。


sponserd Links


お盆の時期の移り変わり

お盆の行事は、元々7月に行われていました。

とはいえ、お盆の風習の始まりはとても古く、平安時代には「盂蘭盆」の行事が定着していたといわれています。

当時は、お盆の行事を行う7月15日を中心として、7月13日~16日がお盆の期間でした。

ここでの7月は旧暦になります。



3つに分かれたお盆の時期

明治以降、新暦(太陽暦)が導入され定着したことで8月のお盆が生まれ、以下のとおり、3つの時期に分かれていきました。

  1. 7月13日~15日
     旧暦の月日がそのまま新暦に残ったもの。
  2. 8月20日前後(旧盆)
     旧暦7月15日が新暦でいう8月20日前後のため。
  3. 8月13日~15(または16)日(月遅れの盆)
     当時は、日本国民の8割が農業に従事しており、新暦7月15日は農作業の忙しい時期に重なったため、お盆を1ヶ月遅らせて「月遅れのお盆」とすることで、お盆の行事をゆっくりできるようにしたため。


お盆の時期 現在はどう?

時代の流れとともに旧暦でのお盆が廃れていき、現在では約7割方が、8月15日前後にお盆の行事を行うようになっています。

旧暦のお盆が廃れた理由

  • カレンダーに旧暦の表示が載らなくなった。
  • 旧暦は毎年変わるので、解りにくい。
  • 月遅れの8月15日に固定したほうが、予定が立てやすい。

などと、推定されています。



地域で違うお盆の時期

旧暦でお盆の行事を行うことが少なくなったというだけで、全くなくなったわけではありません。

そのため、地域によってお盆の時期が違っています。

各地域のお盆の時期は、

  1. 7月13日~15日
     東京都(一部地域を除く)、南関東(主に都市部)、静岡旧市街地、函館、金沢旧市街地など
  2. 8月20日前後(旧盆)
     沖縄県、奄美など南西諸島の一部
  3. 8月13日~15日(月遅れの盆)
     南関東(一部地域を除く)、西日本全般と北関東以北(日本のほとんどの地域)
  4. その他(8月1日など)
     岐阜県中津川市付知町、中津川市加子母、東京都小金井市、国分寺市、府中市、調布市など多摩地区の一部

というふうになっています。


お盆の行事は、先祖を心から供養することで今生きている者にも幸を招くという、とてもすばらしい風習です。

もし、生まれ育った土地から遠く離れたところへ嫁いだとか、住んでいる場所と代々のお墓の場所が違うなどの場合は、その土地のお盆の時期を調べてみてはいかがでしょう。

ところ変われば・・・とはよくいうもので、自分の常識が通用しない事もありますから、用心するに越したことはないかな?と・・・。






お盆の時期は、お線香も贅沢してみたり・・・



≪参考≫
 お盆の由来とお盆の時期 / 本覚寺
 Qなぜ7月盆と8月盆があるのですか? / 日蓮宗 だんじょのお寺



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link