お盆になると、
仏壇の飾り方を普段と変える。とか

仏壇とは別に棚を作ってお飾りを置く。

という、ご家庭があると思います。

お盆の時期に帰ってくる亡くなった方の魂をお迎えし、
もてなすための「お盆飾り」という風習です。

sponserd Links


お盆飾りの飾り方

精霊棚(盆棚)に位牌を安置し、
亡くなった方の好物やお供え物を置きます。

ただ、その飾り方は、仏教の宗派や地域によって様々です。

こちらは、1つの例になります。


お盆飾り

もしかして、何か物足りないと思っていませんか?

きっと「盆提灯」ではないかと思います。

こちらも、飾ったり飾らなかったり
両脇に置いたり、上から下げたりと様々です。



ご家庭にあったお盆飾りを!

精霊棚の基本形は、
お寺で飾っている大きな精霊棚のミニ版です。

古い時代には、縁側に机を出してゴザ等を掛けて
竹を正面に立てかけたりしたそうです。

ただ、現在の住宅事情はというと、
縁側が無かったりり、広い仏間が無かったりします。

そうそう大きな精霊棚を置くことはできない。
というのが、本当のところではないでしょうか。


「そうなんだよね。場所が無くて・・・」
と、思っているあなた!ご心配めさるなかれ!!

要は、亡くなった方を迎える気持ちと、
そのための準備をしっかりとするということが大事なのであって
必ずこうしなければならない。という決まりはありません。

お仏壇を利用して、精霊棚を作ってもいいですし
お部屋の片隅に作っても大丈夫です。

仏壇の前に小さな机を置いて飾るのもひとつの方法です。






さて・・・
精霊棚に飾られるものは、それぞれに意味があります。

ここで1つ1つについて、説明したいところですが・・・
あまり長くなってもいけません。

次の記事でお届けしますので
お楽しみに待っていてくださいね☆






もし、たった一度だけ
死んでしまった大切な人に会うことができるとしたら・・・

【送料無料】ツナグ [ 辻村深月 ]

【送料無料】ツナグ [ 辻村深月 ]
価格:662円(税込、送料込)

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link