お盆の時期に作る精霊棚(盆棚)のお飾りは、それぞれ意味があって飾られています。

まずは、精霊棚の例をご覧ください。

お盆飾り

精霊棚の飾り方は、地域や仏教の宗派によって様々です。

さすがに、すべての宗派を網羅する事は難しいので、ここでは、例にあげたイラストを元にお飾りの持つ意味を紐解いていきます。

お飾りの中で「そうめん」「さやつきの豆」「ほおずき」「生花」については、1回目の記事でお届けしいたしました。
 ⇒ 「お盆飾りの意味 1回目」

今回は、その2回目として「きゅうりの馬・なすの牛」「水の子」「閼伽水・みそはぎの花」「夏の野菜・果物」についてお届けいたします。



sponserd Links

お盆飾り きゅうりの馬・なすの牛の意味は?

きゅうりの馬となすの牛は、きゅうりやなすに、割り箸やつまようじをさして作ります。

きゅうり馬・なす牛

これらは、いずれも亡くなった方の霊のための乗り物です。

  • きゅうりの馬:馬に乗って、早く帰ってきてください。
  • なすの牛:牛に乗って、景色を見ながらゆっくりお帰りください。

という意味があります。

また、なすの牛は、おみやげの荷物を積んで帰るとも言われています。


このお飾りは「精霊馬(しょうりょうま)と呼ばれるものです。

近年では、馬や牛にこだわらなかったり、きゅうりやナス以外で作っているものもあるようですが、故人を迎えもてなすというところを考えると、それもありかもしれません。



お盆飾り 水の子の意味は?

水の子は、なすやきゅうりなどをさいの目に切り、洗ったお米を混ぜて、はすの葉をしいた器にもりつけたものです。

水の子

地域によって、深めの器に盛り付けて清水を満たすという物もあります。

水の子には、お盆に帰ってくるすべての霊にいきわたるようにという思いがこめられています。

お盆に帰って来る霊というと、おじいちゃんおばぁちゃんあたりまでは想像がつくかと思いますが、それよりずーっと以前のご先祖様も帰って来るという事を忘れないでください。


また、家が絶えてしまって供養してもらえない霊や、事情があって呼んでもらえない霊までも広く供養して水の子を食べてもらう、というお布施の心をもったお飾りでもあります。


お盆飾り 閼伽水(あかみず)・みそはぎの花の意味は?

閼伽水は、器にきれいな水を入れたものです。

仏教では、供養のために供える水を「閼伽」と呼び、穢(けが)れを払う水とされています。

閼伽水の側には、器に5~6本束ねたミソハギの花を添えます。

みそはぎ

ミソハギは、漢字で書くと「禊萩」です。

「禊」には、悪霊を払うという意味があるため、お盆でお先祖様が帰っている間は、お墓に悪霊が付かないようにと、墓地に供えられることもあります。

精霊棚でお参りをする際には、ミソハギで水の子に水を振り掛けてお清めをします。


お盆飾り 夏の野菜・果物の意味は?

これは、盂蘭盆経の教えにある「百味五果(ひゃくみごか)にあたるものです。

百味は、たくさんの種類のおいしい物、五果は、瓜、なす、麺、饅、餅の五種類をさします。

季節のくだものや野菜、故人の好きだったものを供えましょう。






精霊棚(盆棚)に飾るお飾りの意味を、2回に分けてお届けしましたがいかがでしたでしょうか?
1回目はこちら ⇒ 「お盆飾りの意味 1回目」

お盆って、どうしてこんなものを飾るんだろう?

そんな疑問に、少しでもお役に立てたとしたらとても嬉しく思います。




ミニテーブルの台にちょうどいいくらいです。



≪参考≫
 精霊馬 / 葬儀と葬儀後の問題解決サイト エンディングパーク
 お盆の準備と精進料理のお供え作法 基本レシピと飾り付けの方法 / 典座ネット
 お盆のスケジュール お盆の風習 / ㈱後藤本店葬祭



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link