お盆の時期に作る精霊棚(盆棚)のお飾りは
それぞれ意味があって飾られています。


まずは、精霊棚の例をご覧ください。

お盆飾り

精霊棚の飾り方は、
地域や仏教の宗派によって様々です。

さすがに、すべての宗派を網羅する事は難しいので
ここでは、例にあげたイラストを元に
お飾りの持つ意味を紐解いていきます。

前回は、「そうめん」「さやつきの豆」
「ほおずき」「生花」について、お届けしました。

詳しくは、「お盆飾りの意味 1回目」をご覧ください。

今回は、その2回目です。


Sponsoerd link

きゅうりの馬、なすの牛

きゅうりやなすに、割り箸をさして作ります。

きゅうり馬・なす牛

どちらも、亡くなった方の霊のための乗り物です。

きゅうりの馬は、
馬に乗って、早く帰ってきてください。

なすの牛は、
牛に乗って、景色を見ながらゆっくりお帰りください。

という意味があります。

なすの牛には、おみやげの荷物を積んで帰る。
とも言われています。



水の子

水の子は、なすやきゅうりなどをさいの目に切り
洗ったお米を混ぜて、はすの葉をしいた器にもりつけたものです。

水の子

深めの器に盛り付けて、清水をみたす。という地域もあります。

水の子には、
お盆に帰ってくるすべての霊に、いきわたるように
という思いがこめられています。

また、家が絶えてしまって供養してもらえない霊
事情があって呼んでもらえない霊までも、
広く供養して水の子を食べてもらう、という意味もあります。

閼伽水(あかみず)・みそはぎの花

閼伽水は、器にきれいな水を入れたものです。

仏教では、供養のために供える水を「閼伽」と呼び
穢(けが)れを払う水とされています。

そして、器に5、6本束ねたミソハギの花を添えます。

みそはぎ

ミソハギは「禊萩(みそぎはぎ)ともいわれます。

「禊」には、悪霊を払うという意味があるため
お盆でお先祖様が帰っている間に、お墓に悪霊が付かないようにと
墓地に供えられることもあります。

精霊棚でお参りをする際には、
みそはぎで水の子に水を振り掛けてお清めをします。


夏の野菜・果物

これは、盂蘭盆経の教えにある「百味五果」にあたるものです。

百味は、たくさんの種類のおいしい物、
五果は瓜、なす、麺、饅、餅の五種類をさします。

季節のくだものや野菜、故人の好きだったものを供えましょう。






2回に渡って、精霊棚のお飾りの意味をお届けしましたが
いかがでしたでしょうか?

お盆って、どうしてこんなものを飾るんだろう?

そんな疑問に、少しでもお役に立てたとしたら
とても嬉しく思います。






ミニテーブルの台にちょうどいいくらいです。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事