お月見といえば・・・月見団子でしょ^ ^
甘いものには、目が無いのよねぇ~!

って・・・

それはちょっと違いやしませんか???

月見団子2
頼むから「花より団子」と一緒にしないでぇ~っ!!!


のっけから騒がしくてすみませんm(_ _)m


お月様にお供えしたものを、お下がりして食べるのが楽しみ!

という気持ちも解りますが、何はともあれお月様にお供えするのですから、そのお供えはなにかしらの意味を持っています。


sponserd Links


お月見のお供え物にはどんな意味があるの?

お月見のお供え物は、月見団子ススキ、その時期に収穫される野菜やくだものです。

これらのお供えは、どんな意味をもっているのか?1つずつ見ていきましょう。



月見団子

月見団子

十五夜には、これからの収穫を祈り、十三夜では、その年の収穫に感謝して、お米の粉で作った団子を供えたのが月見団子の始まりといわれています。


白くて丸い月見団子は、月が満ちる姿(満月)を模したもので、収穫への祈りや感謝だけでなくものごとの結実や健康、幸福をも表しています。

そして、お月様と同じ様に丸い月見団子を供えた後、そのお団子を食べることで、健康と幸せを得ることができると考えられています。

また、供えるお団子を山形に積むのは、団子の先端が霊界に通じると信じられてきたためなのだそうです。



ススキ

お月見のススキは、月の神様を招く依り代(よりしろ)として供えられます。ススキ


本来、月の神様の依り代は稲穂です。

お月見の時期に稲穂が無かったため、稲穂に似たススキを供えるようになったといわれています。


また、古くからススキには魔除けの力があると信じられていました。

お月見に供えたススキを軒先に吊るすと、一年間病気をしないという言い伝えも残っています。

※依り代とは?
精霊(神霊や御霊など)が、依り憑くものや場所などのことをいいます。
依り代の対象は、樹木や岩石、人形、人間などと考えられています。


その時期の野菜やくだもの

里芋

お月見には、収穫に感謝して、その時期に採れた野菜や果物をお供えします。


十五夜を例に挙げると、芋類の収穫時期であることから、里芋やさつまいもなどをお供えします。

「芋名月」という別の呼び方は、こういうところから生まれたのです。

さらに、ぶどうなどのツルものをお供えすると、お月様との繋がりが強くなると言われています。




お月見だからと、なんとはなしに供えていたものも、こうやって1つ1つの意味が解ると、お供えをする時の気持ちが変わってくるように感じます。



≪参考≫
 お月見はどうして? / アキバ博士の「食の知恵と文化」 JA福岡中央会
 お月見の楽しみ方 / 日々是活き生き-暮らし歳時記



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link