月見団子は、お月見に欠かすことが出来ないものですが

何個お供えすればいいの? とか

どういうふうに並べるのが正しいの? とか

それより何より、作り方を知りたいんだけど・・・。

など、素朴な疑問をお持ちではありませんか?


今回は、そんな月見団子への疑問を解決します^ ^


sponserd Links


お供えする月見団子の数はいくつ?

お月見でお供えする月見団子の数には、2つの説があります。

  1. 十五夜には15個十三夜には13個をお供えする。
    これを略して、5個と3個という場合もあります。

  2. その年の満月の回数分だけお供えする。
    この場合、通常の年12個うるう年の場合は13個になります。



月見団子の並べ方に決まりはあるの?

月見団子の並べ方をお伝えする前に、お供えをする時の器について少しだけ。

月見団子は、三方(さんぽう)に白い紙を敷いてお団子を並べるのが正式です。月見団子・三方


もし、三方がないという場合は、お皿お盆で代用しても大丈夫です。

白い紙は、てんぷら色紙や半紙などを使いましょう。


それでは、本題です!


月見団子の並べ方

  1. 15個の場合
     一段目:9個(3×3)
     二段目:4個(2×2)
     三段目:2個
    ※注意!!
    一番上の2個は、正面から見て縦に2個並ぶようにしてください。
     横に2個並べると、仏事になってしまいます。

  2. 13個の場合
     一段目:9個(3×3)
     二段目:4個(2×2)

  3. 12個の場合
     一段目:9個(3×3)
     二段目:3個

  4. 5個の場合
     一段目:4個(2×2)
     二段目:1個



月見団子の形は丸に決まっているの?

月見団子は白くて丸いものが一般的ですが、これもまた地域によって違いがあります。



月見団子で縁起を担ぐ!?

月見団子は、十五夜の十五にちなんで、一寸五分(約4.5cm)の大きさの丸い団子を作ると、縁起が良いとされています。

ただし、月見団子は、まん丸ではなくほんの少しだけつぶすようにします。

なぜか?というと、ピンポン玉のようにまん丸の白いお団子は、亡くなった方の枕元にお供えする「枕団子」に通じるからです。



丸くない月見団子

月見団子・関西

関西地方に多く見られるのが、里芋に見立てた月見団子です。

お団子を里芋のような形にして、こし餡を巻きます。

これは、芋名月にちなみ、里芋の衣被(きぬかつぎ)を模したものです。

また、あんこが月にかかった雲を表しているとも言われています。

月見団子・名古屋
同じ里芋の形でも、名古屋市では、3色の月見団子をお供えします。

色は、白、茶色、ピンクで、白は皮をむいた里芋、茶色は皮付きの里芋を表し、ピンクは子供が好きな色ということです。



月見団子を供える場所は?


月見団子は、お月様から見えるところもしくは、床の間にお供えします。

実際のお供えは、月見団子だけではなく他のお供え物と一緒に並べるかと思います。

お供えを並べる場所は、お月様から見て左側ススキや野菜など(自然界のもの)を、右側月見団子(人工のもの)を並べると良いとされています。



月見団子の簡単な作り方

だんごの粉と水だけで作る!簡単レシピをご紹介いたします。

【材料】(約15個分)

・だんご粉120g ・水80~90cc
(上新粉を使う場合は熱湯を使います。)

【用意するもの】

・お団子をゆでる鍋
・冷水をいれたボウル ・バット

【作り方】

①だんご粉に水を混ぜ、
 耳たぶの硬さになるように良くこねます。
 ※甘いお団子がいい場合は、砂糖を加えてこねてください。

②こねた生地を15等分にしたら
 手のひらの上で転がすようにして形を整えます。

③たっぷりのお湯を沸かし、
 沸騰したところに、②を入れます。
 団子が浮き上がってきたら、そのまま2~3分ゆでます。

④ゆで上がった団子を冷水にさらします。

⑤冷えたお団子をバットにとって風にあてます。
 ※うちわなどで扇ぐと、テリが出ます。


お団子を丸める作業は、小さなお子様も楽しんで出来ます。

ぜひ、ご家族で楽しみながら作ってみてください^ ^


以上、月見団子のなぜなに?をお届けいたしました。
あなたのモヤモヤが、スッキリできたとしたら幸いです。



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link