「お月様には、うさぎさんが住んでいて、十五夜になると餅つきをするんだよ。」

満月2

「あそこが耳で、臼があって・・・」

と、言われるままにお月様を眺めていると、不思議と杵を持ったうさぎさんが目に映った子供の頃。


日本に古くから伝わる「月うさぎ伝説」には、どんな由来があるのでしょう?


sponserd Links


月うさぎ伝説 もともとはインドの神話!?

月うさぎ伝説の由来には、いくつかの説がありますが、インドのジャータカ神話によるものが、よく知られています。


昔むかしのインドの話・・・

仲良く暮らす、うさぎときつねとさるが居ました。

3匹は、いつも

「自分達が獣の姿なのはなぜだろう?」
「前世で何か悪いことをしたからではないだろうか?」
「それならば、せめて今から人の役に立つことをしよう!

ということを話し合っていました。


この話を聞いていた帝釈天(たいしゃくてん)は、何か良いことをさせてあげようと思い、老人に姿を変えて3匹の前に現れます。


何も知らない3匹は、目の前の疲れ果てた老人が「おなかがすいて動けない。何か食べ物を恵んでほしい。」と話すと、やっと人の役に立つことができる!と喜んで、老人のために食べ物を集めに行きました。

さるは木に登って木の実や果物を、きつねは魚を採ってきました。

ところが、うさぎだけは一生懸命頑張ったのに、何も持ってくることができませんでした。

うさぎは、「もう一度探しに行ってくるから火を焚いて待っていて欲しい」そうきつねとさるに話すと、再び出かけていきました。


暫くすると、うさぎは手ぶらで戻ってきました。

そんなうさぎを、きつねとさるは嘘つきだと攻め立てます。

するとうさぎは、「私には、食べ物を採る力がありません。どうぞ私を食べてください。」と言って火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げました。


これを見た老人は、すぐに帝釈天の姿に戻り「お前達の優しい気持ちは、良く解った。今度生まれ変わる時には、きっと人間にしよう。それにしても、うさぎには可愛そうなことをした。月の中に、うさぎの姿を永遠に残してやろう。」とおっしゃいました。

こうして、月にはうさぎの姿が残ることになりました。



実はうさぎは生き返った?

お話の最後で、火の中に身を投じて黒焦げになってしまったうさぎですが、その後の話として、

そんなうさぎを哀れんだ老人が、うさぎの焼けた皮を剥いで月に映すと、皮を剥がれたうさぎは生き返りました。

という、説もあります。


月うさぎ伝説 なぜ、うさぎは餅をつく?

うさぎの餅つきは、中国の神話に由来しています。
うさぎの餅つき
このお話は、とてもたくさんの説があるので、ここでは割愛させていただきます。

興味のある方は、「Yahoo!知恵袋」に詳しい解説がありますので、こちらへどうぞ。

 ⇒ 「中国の月のうさぎは、なぜ?不老不死の薬をついているのか?」


話を戻します。

古代中国では、月のうさぎは杵を持って、不老不死の薬をついていると考えられていました。

これが、日本に伝わってから餅をつくに変化したと言われています。

その理由は、日本で満月を表す言葉の「望月(もちづき)が転じて「餅つき」になったということです。


また「老人のために餅つきをしている」とか「うさぎが食べ物に困らないように」という説もあります。

ただ、お月見の行事が収穫祭であったことを考えると、たくさんのお米が採れたことに感謝するという意味も込められているのかもしれないなぁ~と感じたりもしています。





日本の神話をお子様とご一緒に・・・。



≪参考≫
 月兎 / 星の神殿
 月うさぎの話 / 日々是活き生き-暮らし歳時記



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link