着物やドレスを着て、千歳飴を片手にぶら下げ
はい!ポーズ!!

そんな七五三詣の記念写真を、1枚はお持ちではないでしょうか?

七五三

もって帰った千歳飴は、あの長さに驚きつつ、大きいのが嬉しくて♪

かじりつこうとすると、割って食べなさい!と飛んできた親の声。

こんな思い出は、ありませんか?


sponserd Links

七五三の由来

七五三は、7歳・5歳・3歳を迎えた子供の成長を祝って神社や寺社に詣でる、日本の年中行事です。

七五三の起源は室町時代といわれています。

古来の七五三は

・髪置き(2~3歳)
 それまで剃って短いままだった髪の毛を伸ばし始める儀式

・袴着(3~7歳)
 初めて袴をつける儀式

・紐落し又は帯解き(5~9歳)
 それまで着ていた紐で締める着物を、本仕立ての着物と丸帯に替える儀式

というもので、男女ともに行われていました。

江戸時代中期になり、ある呉服屋が3つの行事を商売の戦略として取り入れ、1つにまとめて宣伝をしたものが今の七五三の原型といわれています。

その後、武家を中心に広まり、明治時代になると庶民の間に普及し定着しました。


古い時代の日本では、乳幼児の死亡率が高く現在の出生届(戸籍への登録)は、3~4歳の時に行っていました。

そのため、七五三のお祝いはこれまで無事に成長したことへの感謝とこれからの将来と長寿を願うという意味を持っていたようです。


七五三の年齢は数え年?それとも満年齢?

七五三は、読んで字の如し、3歳、5歳、7歳の時にお祝いをします。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳です。

本来、数え年で行われていたものですが、現在は満年齢で行う方がほとんどです。

ただ、その地域やご家庭での「慣例」もあるでしょうから、ご家族やご近所の方に、事前に聞いてみてはいかがでしょうか。

平成29年(2017年)に七五三を迎える生れ年は以下のとおりです。


平成29年七五三年齢早見表
年 齢 数え年 満年齢
7 歳 平成22年(2010年)生まれ 平成23年(2011年)生まれ
5 歳 平成24年(2012年)生まれ 平成25年(2013年)生まれ
3 歳 平成26年(2014年)生まれ 平成27年(2015年)生まれ


七五三のお参りの時期はいつ?

七五三は、主に「七五三の日」である11月15日にお参りをしますが、有名神社などは、当日だけでなく前後1週間は大変混み合います。

もう一度いいます!「11月15日の前後1週間は、大変混み合います。」

ということは?七五三の日当日でなくとも?

はい!大丈夫です^ ^


近年は、11月15日は神社が混み合うので、そこを避けてお参りに行くという方も増えています。

また、北海道や東北など11月が寒い地方では、10月の早いうちにお参りを済ませるということもあります。

逆に、お参りがピークである時期を外して、11月後半にゆっくりというご家族も珍しくありません。


そこで、提案です!

各神社では、10月~12月の間に「七五三詣」の期間を設けています。
神社によって、その期間が違います。

「お参りの予定がなかなか立てられない」というのであれば、お参りに行く予定の神社の、七五三詣での期間を先に調べてみましょう。

七五三詣での期間が解れば、ご家族の都合に合わせたお参りの日が決めやすくなりますね^ ^



≪参考≫
 七五三 / 日本文化いろは事典



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link