戦国時代・・・

高遠城跡公園①-min

仁科五郎盛信が率いる武田軍と、織田信忠が率いる織田軍の戦いが行われ、武田家滅亡の場所となった高遠城。


その城跡は、長い時を経て高遠城址公園となり、日本有数の桜の名所となっています。


赤みを帯びたピンク色がとてもきれいな高遠の桜♪

その規模の大きさから、「天下第一の桜」と称されています。


sponserd Links


高遠桜とその歴史

高遠桜「タカトウコヒガンザクラ」というもので、「エドヒガン」と「コヒガンザクラ」の交配種のひとつです。

お馴染みの「ソメイヨシノ」と比べると、色も濃く、小ぶりな花を咲かせます。

タカトウコヒガンザクラ-min

さて・・・

戦乱の世をくぐり抜け、明治維新を迎えた高遠城ですが、1871(明治4)年の廃藩置県により城主を失います。

廃城となった高遠城は取り壊され、城内にあった樹木は競売にかけられ売り払われました。

そして、高遠城の跡地は荒地と化したのです。


廃城から4年後の1875(明治8)年、城跡が公園として一般開放されると、城跡の荒廃に胸をいためた旧藩士達が、翌1876(明治9)年から桜の植樹を始めました。

その桜の木は年々増えていき、現在では、1500本もの桜の木が高遠城跡を埋め尽くしています。


※豆知識※
 高遠城は、2006(平成18)年4月6日に、日本100名城に選定されました。
 
 また、高遠の桜は、青森県の弘前公園、奈良県の吉野山と並び日本三大桜の名所に数えられていると共に、日本桜の名所100選にも選ばれています。


高遠桜の見頃は?

高遠城跡公園の桜の見頃は、例年4月上旬~中旬となっています。

気象庁による2018(平成30)年の開花予想は、こちらでご確認いただくことができます。
 ⇒「2018年 桜開花予想」

どうしても今が気になるぅ~!というあなたは、ライブカメラでご確認ください♪
 ⇒ 「高遠城址公園ライブカメラ」

ご参考までに、・・・
2017(平成29)年以前の咲き始めと見ごろの日は、以下の通りとなっています。

咲き始め 見ごろ
2017(平成29)年 4月10日 4月19日
2016(平成28)年 4月3日 4月7日
2015(平成27)年 4月5日 4月9日
2014(平成26)年 4月8日 4月16日
2013(平成25)年 4月1日 4月10日




晴れた日には、残雪の日本アルプスと高遠桜という見事なコントラストを堪能できる高遠城跡公園♪

夜はライトアップされ、昼間とは一味違った光景を楽しむ事ができます。

もちろん!開桜期には、桜祭りも開催されます☆

高遠城址公園の桜祭り情報は、記事を改めてお伝えいたします^ ^



≪参考≫
 高遠のさくらとは? / 信州伊那髙遠さくら祭り



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link