咲き始めたっ!sakura
と、思うと

あっというまに満開になって
ひらひらと散り行く桜の花。

今度の休日に
花見をしようと思っていたのに
散っちゃったよ(T T)

という経験をお持ちの方も、
少なくはないと思います。


でもね、ながーく咲いている桜の花もあるんです^ ^

その名前は「河津桜」

2月上旬から咲き始める河津桜は
約1ヶ月間も楽しむことが出来ます。

まだまだ冬の色濃い2月という時期に、桜まつりも開催されます。

一足早い春を味わいに、出かけてみませんか?


Sponsoerd link

河津桜まつりが行われる場所はここ!

河津桜まつりは、静岡県賀茂郡河津町浜・笹原・峰温泉
(河津川沿い、町全域)が会場となります。

まずは、地図でご確認ください。


河津桜まつりへのアクセス

地図をご覧戴いたので、場所の確認はできたかと思います。

さて、次の課題は・・・

その場所まで、どうやって行くの? ですよね!?

あまり前置きが長いと嫌われますから、早速ご案内いたします。


電車でのアクセス

渋滞の心配もなく、目的地までスムーズに足を運ぶことができる!
これが、電車のいいところです。

◎東京方面からお越しの場合
 ・東京(JR踊り子号・約2時間30分) ⇒ 河津
 ・東京(新幹線こだま・約50分)⇒ 熱海(伊豆急行・約1時間20分) 
    ⇒ 河津
 ・東京(新幹線こだま・約1時間50分)⇒ 三島(伊豆箱根鉄道・約30分)
    ⇒ 修善寺(バス・約1時間30分)⇒ 河津

◎名古屋方面からお越しの場合
 ・名古屋(新幹線こだま・約1時間)⇒ 熱海(伊豆急行・約1時間20分)
    ⇒ 河津
 ・名古屋(新幹線こだま・約2時間)⇒ 三島(伊豆箱根鉄道・約30分)
    ⇒ 修善寺(バス・約1時間30分)⇒ 河津


車でのアクセス

「まつり」と名のつくものに渋滞はつきものです。

こんなはずじゃぁ!!!と、イライラしないためにも
余裕を持って出かけましょう。

◎東京方面からお越しの場合
 ・東京 ⇒ 厚木I.C ⇒ 小田原 ⇒ 熱海 ⇒ 河津
  (東名高速~熱海ビーチライン経由・約3時間)
 ・東京 ⇒ 沼津I.C ⇒ 三島 ⇒ 修善寺 ⇒ 河津
  (東名高速~天城踊り子ライン経由・約3時間10分)

◎名古屋方面からお越しの場合
 ・名古屋 ⇒ 沼津I.C ⇒ 三島 ⇒ 修善寺 ⇒ 河津
  (名神高速~東名高速~天城踊り子ライン経由・約4時間)


渋滞を避けるには?

車で行くのだから、渋滞は覚悟の上だけど
抜け道ってないのかなぁ~? というあなたへ♪

抜け道とまではいきませんが
「必ず混む」というルートを避ける方法があります。


①駿河湾フェリーを利用する。

 清水港~土肥港間を運行する駿河湾フェリーを利用することで
 沼津I.C付近の渋滞を回避することが出来ます。

 駿河湾フェリーの運航時間の確認はこちらからどうぞ。
  ⇒「駿河湾フェリー 航路・時刻表」


②有料道路「TOYO TIRES ターンパイク」「伊豆スカイライン」を利用する。

 こちらのルートは、有料道路ということもあってか
 比較的交通量が少なく、国道へアクセスしやすいのが魅力です。

 決まって渋滞する箇所や、
 有料道路を利用した渋滞の回避方法についての詳細情報は、
 こちらのサイトが解りやすいです。
  ⇒ 「伊豆・箱根渋滞回避ガイド」


尚、河津桜が見頃の時期には、平日でも混雑が予想されます。

渋滞情報のお問い合わせ
静岡交通情報センター TEL:050-3369-6622 へお願いいたします。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事