土用の丑の日というと、
どうしても夏にうなぎを食べる日をイメージしがちですが、
土用の期間は年に4回あります。

ということは・・・
土用の丑の日年に4回あるということになります。



Sponsoerd link

土用の期間

春夏秋冬の各季節の終わり(始まり)の18~19日が土用の期間です。

ちょっと解りにくいですね(汗;

土用の期間は、
「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の日の前の18日~19日間になります。



土用の丑の日とは?

土用の丑の日は、土用の期間中で日の干支が「丑」である日を指していいます。

古来日本では、十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と
十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)を組み合わせた
六十干支を利用して、暦や時間、方位を表していました。

六十干支は以下のとおりです。

甲子

乙丑

丙寅

丁卯

戊辰

己巳

庚午

辛未

壬申

癸酉

10
甲戌

11
乙亥

12
丙子

13
丁丑

14
戊寅

15
己卯

16
庚辰

17
辛巳

18
壬午

19
癸未

20
甲申

21
乙酉

22
丙戌

23
丁亥

24
戊子

25
己丑

26
庚寅

27
辛卯

28
壬辰

29
癸巳

30
甲午

31
乙未

32
丙申

33
丁酉

34
戊戌

35
己亥

36
庚子

37
辛丑

38
壬寅

39
癸卯

40
甲辰

41
乙巳

42
丙午

43
丁未

44
戊申

45
己酉

46
庚戌

47
辛亥

48
壬子

49
癸丑

50
甲寅

51
乙卯

52
丙辰

53
丁巳

54
戊午

55
己未

56
庚申

57
辛酉

58
壬戌

59
癸亥

60

日に割り振られている六十干支は、常に連続しています。

例えば、2015年4月30日の日干支は「丙子」で、
5月1日の日干支は「丁丑」になります。

月が替わって1日になったからといって、
「1」の「甲子」に戻るということは、ありません。



土用の丑の日は1回だけじゃない?!

今日は土用の丑の日だって、つい最近も聞いたような気がするけど、
「土用の丑の日」って1日だけじゃないの?


こんな疑問を持ったことはありませんか?

先の六十干支一覧表をご覧ください。

解りやすいように、日の干支が丑の日だけマーキングしてあります。

数えていただいてもかまいませんが、
干支は12支なので、丑の日は12日ごとに回ってきます。

つまり12日ごとに1回の割合で、丑の日があります。

土用の期間が18日~19日ですから、
土用の入りの日の干支によって、「土用の丑の日」が2回ということもあるわけです。

土用の丑の日が2回ある時は、

  • 最初の丑の日を「一の丑」
  • 2回目の丑の日を「二の丑」といいます。



どこかで聞いたような・・・ですよね^ ^

「酉の市」でよく使われている「一の酉」「二の酉」と同じです。



夏土用の丑の日 2015年~2024年

思い切って10年分!

2015年から2024年までの、
夏土用の入りの日、明けの日、一の丑、二の丑をまとめてみました。

いつだっけ?と思ったら、
頼りにしていただけるとうれしいです。

西 暦 土用の入り 土用の明け 一の丑 二の丑
2015年 7月20日 8月7日 7月24日 8月5日
2016年 7月19日 8月6日 7月30日  
2017年 7月19日 8月6日 7月25日 8月6日
2018年 7月20日 8月6日 7月20日 8月1日
2019年 7月20日 8月7日 7月27日  
2020年 7月19日 8月6日 7月21日 8月2日
2021年 7月19日 8月6日 7月28日  
2022年 7月20日 8月6日 7月23日 8月4日
2023年 7月20日 8月7日 7月30日  

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link