「今日は二十四節気のひとつ、○○です。」

テレビやラジオで
こんな言葉を聞いたことはありませんか?

○○に入る言葉で、よく知られているものをあげると、
「立春」「夏至」「大寒」などがあります。小枝と鳥

あぁ!そういえば・・・

と、思い当る事があるのではないでしょうか。


きっと、「二十四節気(にじゅうしせっき)という言葉より
立春や夏至、大寒の方が、おなじみですよね^ ^

そこで、今回は、二十四節気とはどういうものなのか?
というところに焦点をあてて、お届けいたします。

Sponsoerd link


誰でも解かる二十四節気

最初に、二十四節気って、こういうものだよぉ~!
というところを、簡単に説明しますね♪


一年を季節によって分けると、
「春・夏・秋・冬」という四つに分かれます。

これらを、「四季」といいます。四季
四つの季節で、四季です。

二十四節気は?というと、
一年を二十四の季節に分けたものです。

二十四の季節には、それぞれ名前がついています。

お馴染みの「春分」や「冬至」も
二十四節気の名称です。


その昔・・・

今のカレンダーの役割をしていたものに
「暦(こよみ)がありました。

でも、困ったもので、
暦と季節は一致していなかったのです。

そこで、季節の移り変わりを知るために利用したのが
二十四節気になります。

二十四節気は、農業が中心だった当時の人達にとって、
種まきや収穫の時期を知るすべともなっていました。


二十四節気の由来

さて、今も生活の中に息づいている二十四節気ですが、
生まれたのは、中国です。

古代中国においても、暦と季節のずれには、
ずいぶん悩まされていました。

人民に、正しい気候の移り変わりを伝えたい!月と太陽

そんな、長年に渡る国王の思いによって、
二十四節気が、考え出されました。


二十四節気が日本に伝わったのは、
554(元嘉22)年、百済(くだら)を通じてのことです。
 ※日本書紀による。
  百済=古代朝鮮半島南西部にあった国家


この時伝えられたのは「元嘉暦(げんかれき)」といいます。

暫くすると、中国から「儀鳳暦(ぎほうれき)」が伝わります。

すると、2つの暦が併用されるようになり、
697(文武天皇元)年から儀鳳暦が単独で用いられるようになりました。

その後、いくつもの暦が伝わっては、
日本の暦も、新しいものにぬりかえられていきます。

これらは、太陰太陽暦というもので、
現代では「旧暦」と呼ばれているものです。

旧暦は、現在利用されている太陽暦(グレゴリオ暦)に改暦される
1873(明治6)年まで、利用されていました。


どうやって二十四に分けているの?

ところで、1年を24の季節に分けた二十四節気ですが
その、分け方って気になりませんか?

実のところ、分け方には、いくつかの方法があります。

その中で、よく知られているものは、
平気法(恒気法)と定気法の2つです。


平気法とは?

冬至から翌年の冬至までの時間を、
24等分にして、二十四節気を導き出す方法です。

計算上、1つの節気の期間は、約15日となり、
1ヶ月に、2つの分点が存在することになります。

分点は、

  • 月の節目にあたるものを「節気」
  • その後に訪れるものを「中気」

と名付け、二十四節気の名称と併せて用いていました。

例えば・・・

立春は「一月(正月)節立春」
そのあとの雨水は「一月(正月)中雨水」という具合です。


この方法は、
各月に、必ず中気を含むものとしていました。

しかし、1つの節気は、きっちり15日ではありません。

これを聞いて、ピン!と来たる方が、
いらっしゃるのではないでしょうか?

一年の周期に、時間の端数があるのは、
今も昔も、同じです。

この関係で、中気を含まない月が生まれることがあり、
平気法では、その月を「閏月(うるうづき)」としていました。


定気法とは?

太陽が一年で回る天空の道筋「黄道」を、
春分点を基点として24等分にすることで、二十四節気を導く方法です。

つまり、15°(360°÷24)ごとの分点に、
節気と中気を配したものになります。

定期法では、
節気の期間(日数)が一定ではないという不便がありました。
これは、黄道が楕円形をしていることによります。

どうして?と思ったら、
楕円形を15℃ずつに区切ってみてください。
1つの区間の、弧の長さが違う事が解かるかと思います。

ただ、定期法は、太陽の実際の位置を反映しているため、
より、実際の気候に即したものとなっています。

現在の二十四節気は、
この定気法を基に、求められています。


二十四節気一覧

旧暦上の四季を基に、
二十四節気をまとめてみました。

日付は新暦で、2017年のものです。
何かしらの、参考にしていただけたら幸いです。


季節節月節季中気
1月立春(りっしゅん)

2月4日
雨水(うすい)

2月18日
2月啓蟄(けいちつ)

3月5日
春分(しゅんぶん)

3月20日
3月清明(せいめい)

4月4日
穀雨(こくう)

4月20日
4月立夏(りっか)

5月5日
小満(しょうまん)

5月21日
5月芒種(ぼうしゅ)

6月5日
夏至(げし)

6月21日
6月小暑(しょうしょ)

7月7日
大暑(たいしょ)

7月23日
7月立秋(りっしゅう)

8月7日
処暑(しょしょ)

8月23日
8月白露(はくろ)

9月7日
秋分(しゅうぶん)

9月23日
9月寒露(かんろ)

10月8日
霜降(そうこう)

10月23日
10月立冬(りっとう)

11月7日
小雪(しょうせつ)

11月22日
11月大雪(たいせつ)

12月7日
冬至(とうじ)

12月22日
12月小寒(しょうかん)

1月5日
大寒(だいかん)

1月20日


さて、二十四節気に興味をお持ちのあなたなら、
「暦便覧」という言葉を耳にした事はありませんか?

よく「暦便覧によると・・・」という具合に、
二十四節気の説明に引用されているものです。

でも、この暦便覧は、どのようなものか?という事は、
あまり書かれていません。

「暦便覧」って、いったいなに?

という、あなたの疑問を解決して、
この記事を閉じたいを思います。


暦便覧とは

正式名称を「こよみ便覧(べんらん)といいます。暦便覧

今は「こよみ」を「暦」と
漢字で書いてあることがほとんどです。

こよみ便覧は、
1787(天明7)年に出版された、暦の解説書です。

本の中にある二十四節気の解説文が、
現在でも、二十四節気を説明する際に、利用されています。

実物の「こよみ便覧」は、かなり希少なもので、
現在、国立国会図書館と東京大学に、蔵書として保管されています。

古い本ですので、実際に手に取る事は難しいのですが、
国立国会図書館では、ウェブ上で公開しています。

二十四節気の解説は、7ページ目にありますので、
興味があれば、ご覧になってみてください。

こちらからどうぞ^ ^
 ⇒ 「こよみ便覧」




ちなみに・・・
二十四節気は「二十四節季」と書かれていることがあります。

でも「せっき」の「き」は、
「気」が、本来の記述になります。



≪参考≫
 二十四節気とは / こよみのページ
 暦Wiki/季節/二十四節気の定め方 / 国立天文台



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link