農耕が暮らしの糧だった頃の日本において、

春と秋は、大きな節目となっていました。


農作業が始まるは、1年の始まりでもあります。春と秋

それに対し、は、収穫の時期です。

収穫を喜び、実りに感謝しながらも、

これから訪れるを、
気に病む時期でもありました。


このような生活に、密着している節目の日を、

「社日(しゃにち)といいます。


春と秋に訪れる節目の日というと、

二十四節気の「春分」や「秋分」は、ご存じだと思います。

今でこそ、馴染みの薄い「社日」ですが、

本来は、より身近な節目の日として浸透していました。


なぜだと思いますか?

それは・・・

sponserd Links


社日とは?

社日は、八十八夜や半夏生と同じ、
雑節の1つです。

※雑節について
 雑節は、二十四節気や五節句以外の、季節の節目となる日の総称です。

 貴族の儀式が庶民に広まった、というものではなく、
 生活や農業に照らし合わせて作られているので、より実際の季節に合ったものとなっています。
 また、二十四節気を補う意味も持ち合わせています。

社日の「社」は、その土地の守護神である祀る
「産土神(うぶすながみ)を意味します。
 ※産土神=生まれた土地の守護神

社日は、その産土神を祀る日で、
年に2回、春と秋に訪れます。

ちょうど、春は種まきの時期、
秋は収穫期に重なる事から
農業を行う人々にとって、大切な節目の日となっていたのです。

春の社日には、五穀を供えて豊作を祈り、
秋の社日は、稲穂を供えて収穫に感謝していました。


社日の由来

社日のルーツは、中国にあります。

また?!と、思いましたか?

でも・・・そうなんです。

社日もまた、中国から伝わった風習が、
日本独自の風習として定着したものになります。


古代中国で、社日の「社」土の神を指し、
社日は、「社」を祀る祝日でした。
 ※中国においての「社」は、土の神のほか部族神や祭祀そのものを指す場合もあります。

社日は、春と秋の年に2回行われ、
春には豊作を祈り、秋は収穫に感謝していたのだそうです。

この風習が伝わると、
古くからある地神信仰田の神信仰と融合し、
根付いたといわれています。


社日の日はいつ?

社日は、春分の日と秋分の日に最も近い
「戊(つちのえ)の日」になります。

それぞれ、

  • 春の社日を「春社(はるしゃ・しゅんしゃ)」
  • 秋の社日を「秋社(あきしゃ・しゅうしゃ)」

とも呼びます。

※戊の日について
 「戊の日」は、五行説に基づく十干(じっかん)の1つです。

 十干は、五行思想の「木・火・土・金・水」を、
 陽を表す「兄(え)」と「弟(と)」に分けたものが
 十干「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」と結びついたもので、
 十二支と同様に、暦を表すために用いられます。

 この中で、は「土の兄(つちのえ)」にあたり、山などの動かない土を意味することから、
 土の神を祀る日として選ばれたと言われています。


ただ、春分もしくは秋分の日
「癸(みずのと)となる場合は、注意が必要です。

なぜかというと、癸の日が、
戊の日と戊の日の、ちょうど中間にあたるからです。

このような場合、春分または秋分になる瞬間が

  • 午前中であれば、の戊の日
  • 午後であれば、の戊の日

とるすのが一般的になります。

そして、気になっている2017(平成29)社日の日は、
春社が3月22日(水)、秋社が9月18日(月・祝)となっています。

また、春分の日は3月20日、秋分の日は9月23日です。

暦が書いてあるカレンダーをお持ちであれば、
確認してみてください^ ^


社日の行事

社日の行事は、それぞれの土地の神様を祀るため、
その行事も、地域によって様々です。

春の社日は「地神降り」、秋の社日を「地神昇り」とも呼ばれ、
祭祀「地神講(じがみこう)」「お社日様」という行事が行われます。
 ※地神=「じしん」とも読みます。


主な各地の行事

長野県小県郡では、春に村へ降りてきて秋に山へ帰る田の神様を、
「お社日様」として信仰しています。

春の社日には、お餅をついて祝い
秋の社日には、稲を一株抜いて田の神様に捧げるお祭りが行われます。




福岡県の筥崎宮(はこさきぐう)では、
「お潮井取り」という行事が行われます。

お潮井は、筥崎宮前の海岸(箱崎浜)の真砂の事をいい
「でぼ」と言う竹のかごに入れ、玄関に備えます。

このお潮井で、外出の時に身を清め災いを払うのは、
博多に、古くから伝わる風習です。

また、家屋を新築する際に敷地を祓い清めたり
農家では、田畑に撒いて虫をよけ豊作を祈ります。

社日の日のお潮井は、特に尊いものとされています。




群馬県の社日稲荷神社では、春と秋の社日祭において
江戸時代から続く「探湯神事(くがたちしんじ)が行われます。

神前に供えられた大釜に沸かした熱湯を、
小笹を使って、全身に浴びることで
家内安全厄難除けなどの祈願をするものです。

探湯神事は「湯加持行事(ゆかじのぎょうじ)」
とも言われます。


社日に伝わる風習

さて、社日の日には、このような行事の他に、
古くから伝わっている風習もあります。

「社日参り」「社日詣」は、
社日の日に、鳥居のある神社を七社詣でると
痛風ボケ封じになる、というものです。

ちなみに・・・

神田神社(東京都千代田区)では、戊の日のお参りに、
家清めの「お砂」を授与しているそうです。

また、春社の日に飲むお酒を「治聾酒(じろうしゅ)」といい、お酒
耳の障害が治るという言い伝えがあります。

断っておきますが、「治聾酒」という
特別なお酒があるわけではありません。

春社の日に飲む「お酒」を指していますので、
誤解のないようにお願いいたします^ ^



≪参考≫
 社日 / 日本文化いろは事典
 社日 / 暦のページ
 社日 / 日々是活き生き-暮らし歳時記 / 私の根っこプロジェクト



Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link