雪が解け、草木が芽吹き、

うららかな日差しの射す春も終わりに近づく頃

田植の準備が始まり、

畑では種まきが行われます。


ちょうどこの頃、

二十四節気では穀雨(こくう)の季節を迎えます。


まだ日本が農耕中心だった頃にも、
穀雨になると、田植の準備が行われていました。

この辺りが、節気の名称に
「穀」の字が使われている所以なのでしょうか。


穀雨の意味に興味のある方は、
どうぞこの先をご覧ください。

穀雨の日期間
七十二候の表す季節も、併せてお届けいたします。


sponserd Links


穀雨の意味

穀雨という文字から、穀物
降り注ぐ雨、ということは想像がつきます。

穀物に雨が降り注ぐから???
というかすかな期待を持って、こよみ便覧を見てみましょう。
 ⇒ 「こよみ便覧」


「春雨ふりて百穀と生化(しょうか)すればなり」

穀雨の欄には、このような記載があります。


ここで解りにくい言葉というと、
「百穀」と「生化」でしょうか?

まず、百穀ですが、ここでのは数量ではなく、
数が多いことを表しています。

百穀で、たくさんの穀物
すなわち、さまざまな穀物ということになります。

そして、生化ですが
こういう熟語は、調べても出てきませんでした。

生は「生まれる」という想像がつきます。
問題なのはの意味です。

頭の中にあるのは、「ばける」とか「かわる」なのですが、
これではつじつまが合いません。

そこで、調べてみると
自然が万物を育てる働きという意味がありました。

こうなるとは、「生まれる」ではなく
生(は)えると解釈した方がしっくりきます。


これらの事を合わせると、
こよみ便覧にある言葉の意味は、

春雨が降り、さまざまな穀物が生え育つ時期だから(穀雨)である。

うーーーん・・・

もう少し、かみ砕きますね^ ^

春雨が降ることで、さまざまな穀物が芽を出し
成長する時期だから(穀雨)である。


ということです。

一般的には、
「百穀を潤す春に降る雨」を穀雨という
とされています。


ちなみに・・・

この頃に降る、梅雨のような長雨のことを
「菜種梅雨(なたねづゆ)」と呼びます。

ちょうど菜の花が咲く頃なので、
こう呼ばれるようになったということです。


穀雨の日と期間

作物の成長を促すありがたい春の雨!

そんな雨の日が多くなってくる穀雨の季節とは、
いったい、いつごろ訪れるのでしょうか。


旧暦3月後半の節気にあたる穀雨は、
毎年4月20日頃に訪れます。

その期間は、穀雨の日から
次の節気である立夏の日の前日までとなります。

2017(平成29)はいつか、というと、
穀雨の日は4月20日、その期間は、4月20日~5月4日迄です。


穀雨の季節

穀雨の持つ意味と、その時期が解ったところで
今度は、どんな季節なのか?を、
七十二候の言葉を借りて見ていきたいと思います。


穀雨 初候 葭始生

「葭始生(あしはじめてしょうず)

水辺の葭に、
若芽が芽吹く季節を表しています。


葭は、葦のことです。

古くには、日本の湿地帯を葦が覆っていました。

日本書紀においては、
「豊葦原(とよあしはら)の国」と呼んでいるほどです。

青々と茂る葦が、草原のように広がっていたのかもしれません。
そんな、風景を青芝(あおし)と呼んだそうです。

きっと、葦の群生している姿を、
芝草の続く平原になぞらえたのでしょう。

(あし)という名前は、
青芝が変化したものと言われています。

また、「あし」は「よし」とも呼ばれます。

これは、「あし」が、(あ)に通じると考えられるようになり、
それを避けるために
(良)と呼ぶようになったという事です。


葦って???と、思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、葦の群生を見ることが出来る地域は、限られてきています。

でも、夏になると、
(すだれ)を見かける事はありませんか?

エコブームが訪れてからというもの、
日本に古くからある簾が、日除けとして見直されてきました。

その簾の材料になるのが、です。

中でも「葦簀(よしず)」と呼ばれるものは、
葦だけで作られており、涼しさにも違いがあるそうです。


穀雨 次候 霜止出苗

「霜止出苗(しもやみてなえいずる)
 ※「しもやんでなえいずる」とも読ませます。

霜が降りなくなり、
苗代で稲の苗が成長する季節を表しています。


この頃から、日差しは徐々に強くなり
夏へと向かいます。

田植の準備が始まるのもこの頃です。


突然ですが、草餅はお好きですか?

緑色をしたお餅なのですが・・・
中に餡を包んで、大福にもなっていたりします。

もしかしたら、草大福の方が
お馴染みかもしれません。

その草の材料は、です。
 ※母子草(ははこぐさ)を使っていたこともありますが、
  現在は蓬が一般的になっています。


現在は、一年中お目にかかることができるので
季節感は、あまり無いかもしれません。

が・・・

江戸時代には、ちょうどこの頃に出始める蓬の若葉を摘み、
それを茹でたものを餅に混ぜてついていました。


穀雨 末候 牡丹華

「牡丹華(ぼたんはなさく)

牡丹が大きな花を咲かせる季節を
表しています。


大振りでとても美しい花を咲かせる牡丹は、
花王とも呼ばれ、日本でも古くから栽培されてきました。

原産地は中国で、日本に入ってきたのは、
奈良時代(天武天皇治世の頃)と言われています。

そもそも、薬用として渡来したもので、
観賞用として広まったのは、江戸時代のことです。

牡丹が薬になるというのは、
あまりピンと来ないかもしれません。

利用されるのは、牡丹の花ではなく根の皮です。

牡丹の根の皮を乾燥させたものを牡丹皮(ぼたんぴ)といい
現在も、生薬として利用されています。

「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹 歩く姿は百合の花」

という諺があります。

美しい人を表す言葉としてご存じかと思いますが、
元々は、生薬の用い方をたとえたものなのだそうです。

このことを、もう少し詳しく知りたい場合は、
こちらのサイトをご覧ください。
 ⇒ 「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」





さて、春と言えば桜かもしれませんが、
春祭りが行われる地域も少なくありません。

穀雨の季節は、
ちょうど春祭りが行われる時期でもあります。

寒い冬を乗り越え春を迎えた事を喜ぶと共に
秋の豊作を祈って行われるのが春祭りです。

祭りを楽しむだけではなく、
時には、遠い昔に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

その歴史や由来を知ることで
いつもの祭が、また違ったものに見えてくるかもしれません。



≪参考≫
 4月20日、二十四節気「穀雨(こくう)」の意味と季節の楽しみ / tenki.jp 日本気象協会
 「簾(すだれ)と「葦簀(よしず)」の違い / 違いがわかる事典 株式会社ルックバイス
 びお・七十二候 / 町の工務店ネット
 立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花 / 北海道立衛生研究所薬草園 林 隆章

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

    Sponsoerd link