山形花笠まつりは、毎年8月5日、6日、7日と開催されますが、開催前日の8月4日には、前夜祭が行われています。

花笠

山形花笠祭り前夜祭、題して「花笠サマーフェスティバル」です☆

あわせて、山形県観光物産市も開催されます!

日程や時間が許すようであれば、ぜひお立ち寄りください^ ^


sponserd Links


花笠サマーフェスティバル&山形県観光物産市のご案内

◎会場:国道112号線車道区間(十日町~本町~七日町)
   ※花笠まつりパレードと同じ区間になります。

花笠サマーフェス案内図

◎時間:10:00~19:00(9:30~20:30の間交通規制あり)

◎内容:地元商店街と山形県内35市町村の露店が軒を連ねます。


花笠まつり前夜祭

ちなみに・・・
画像の真ん中に移っている建物が「文翔館(ぶんしょうかん)といって、花笠まつりパレードのゴール地点になります。

※文翔館とは
文翔館は、大正5年に建てられた、旧山形県庁及び県会議事堂で、大正時代の洋風建築を今に伝える代表的な建物として、1984(昭和59)年に国の重要文化財指定を受けています。

1985(昭和60)年より10年という歳月をかけて、建てられた当時の工法を基にした修復作業が行われ、内装・外観ともに大正時代の趣きを残したまま、一般に無料開放されています。

文翔館には、山形の歴史や文化を紹介する展示室もありますので、ご興味があればご覧いただけたらと思います。


観光物産市で山形のうまいものを楽しもう!

花笠まつりを見に来たのに、うまいものってどうよ!?


って・・・
はいはい・・・そんな風に言わないで^ ^

山形観光物産市では、山形県内各市町村がそれぞれの地域ならではのものをPRしています。

例えば、河北町「冷たい肉そば」とか

県観光物産市(河北町)


鶴岡市「だだちゃ豆」(甘くておいしい枝豆です。)

県観光物産市(鶴岡市)


などなど・・・


そんな中、見逃してほしくないのは、やっぱり山形市ならではの食べ物です。

山形名物「玉こんにゃく」



県観光物産市(玉こん)

「玉」というだけに、丸いこんにゃくをおしょうゆ味で煮付けたものです。
からしをつけるとおいしいです。



玉こん

こんなふうに割り箸にさしてあるので、かぶりつきでどうぞ!




そして、もう1つ!
忘れちゃいけない「どんどん焼き」^ ^



県観光物産市(どんどん焼き)


どんなものか?というと

どんどん焼き


イメージとしては、お好み焼きの記事を薄く延ばして焼いたものを割り箸に巻いた、という感じでしょうか。

どんどん焼きは、古くから子供のおやつとして親しまれてきた「山形のソウルフード」とも言われる食べものです。

「玉こんにゃく」「どんどん焼き」ぜひ、お試しあれ!!



もう1つの前夜祭!

花笠サマーフェスティバルと同じ8月4日、山形市下宝沢にある「蔵王権現堂」で、花笠まつりの安全祈願が行われます。

なぜ「蔵王」?と思われるかもしれませんが、山形花笠まつりは、蔵王の観光PRで始まったイベントの1つが単独で行われるようになったものだからです。

花笠まつりが行われる際には、今も変わらず「蔵王大権現」に花笠踊りを奉納しています。

前夜祭では、神事に続き採火式が行われた後、地元の小学生が御神火をたいまつに移して境内に掲げ、花笠踊りを舞います。


また、花笠サマーフェスティバルでは、「AZ七日町」ビルの前に、蔵王大権現のレプリカが出現し、ミス花笠による花笠奉納式が行われます。
(案内図の「AZ」がAZ七日町です。)


花笠奉納


昨年(2016年)は、花笠サマーフェスティバルのイベントとして「山形地酒フェス」が開催されました。同様のイベントがある場合は、記事内に案内を追記するとともにこの文章を削除します。

≪参考≫
 文翔館 / (公財)生涯学習文化財団 山形県郷土館 文翔館




食べて気に入ったらおみやげにどうぞ!

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link