突然ですが「日本の三大○○」と見た時に
○○に入る文字は何を思い浮かべますか?

三大桜?三大祭?それとも、三大夜景?
三大名城や、それから・・・と、

他にも、様々な三○○が存在します。


ところで、その「三大○○」の1つ!
「三大奇祭(さんだいきさい)はご存じでしょうか?

「祭」とありますから、
3つのお祭りということは察しが付くと思います。

どんなお祭りか?というと「奇祭」です。祭②


????? ですよね^ ^;


「独特の風習をもった、風変りなお祭り」

それが、奇祭です。


三大奇祭とは・・・

困りました(汗;

なぜなのか?は解りませんが、
日本三大奇祭はコレ!とはっきりしたものがありません。

ネットで「日本三大奇祭」を検索すると、

「なまはげ柴灯祭」「吉田の火祭り」「御柱祭」
「島田の帯祭」「西大寺はだか祭り」

など、様々なお祭りが名乗りを上げています。

ただ、どれをとっても、
その土地に根付いている独特なお祭りばかりです。


今回は、日本三大奇祭と呼ばれるお祭りの中から
「吉田の火祭り」についてお届けいたします。


Sponsoerd link


吉田の火祭りとは?

吉田の火祭りは、北口本宮浅間神社と
諏訪神社の両社による、秋の例大祭です。

正式には「鎮火大祭」といい、
毎年8月26日、27日の2日間に渡って行われます。



日をまたぐお祭りにしては、珍しいのですが
1日ずつ、それぞれ別のお祭りが繰り広げられます。

  • 8月26日:富士山の噴火を鎮めるため「鎮火祭」
  • 8月27日:富士山の山仕舞いのお祭り「富士山神輿」

という具合です。
 ※行事内容等の詳細は、別途お祭り情報の記事でお届けいたします。

また「吉田の火祭り」と呼ばれていることで、
「鎮火祭」が本祭りだと思われがちですが違っています。

「鎮火祭」は宵宮にあたるもので、
「富士山神輿」が本祭りになります。


吉田の火祭りの由来と歴史

さて、吉田の火祭りは、
400年以上も続くといわれる、歴史あるお祭りです。

ここからは、その由来歴史を見ていきましょう。


吉田の火祭りの由来

吉田の火祭りの由来は、
木花開耶姫(このはなさくやひめ)の伝説が
多く語られていますが、それだけではありません。


上吉田「時宗西念寺」に伝わるもの

その昔、西念寺の僧が信濃の諏訪へ修行に行って帰る時に、
木の枝を折って竜神を作った。

その竜神を、諏訪神社に祀ったあと
竜を杖の頭に入れて燃やしたのが火祭りの始まりという説。


古事記の記載によるもの

建御名方神(たけみなかたのかみ)が、国譲りの力比べに負けて
諏訪湖に追い込まれた時のこと・・・。
 ※建御名方神:神道説での諏訪大社の祭神

無数の松明(たいまつ)を燃やしたところ、
追手は、多数の援兵がいると思って退散したので
命が救われたことが、火祭りの起源となったという説。


浅間神社に関連するもの

これが、現在多く語られており、
古事記にも記述のある、木花開耶姫の火中出産説です。

 ※木花開耶姫は、浅間神社の祭神です。

 

※木花開耶姫の火中出産(概要)

 天照大神が日本の国を治めさせるために、
 孫にあたる瓊瓊杵命(ににぎのみこと)を、降臨させました。

 ある日、瓊瓊杵命は海岸で木花開耶姫(このはなさくやひめ)に出会います。
 その美しさに、たちどころに恋におちた瓊瓊杵命は、木花開耶姫に結婚を申し込みました。

 木花開耶姫は、自分の一存では決められないからと
 父親である大山祇命(おおやまつみのみこと)に、話をするように頼みます。

 瓊瓊杵命が、大山祇命に求婚の話をすると、たいそう喜んで、
 木花開耶姫と長女の石長姫(いわながひめ)を一緒に嫁がせました。

 ただ瓊瓊杵命は、石長姫を気に召さなかったため送り返してしまいます。
 
 その後、瓊瓊杵命と木花開耶姫は、一夜を共にし、夫婦の契りを結びます。
 
 木花開耶姫はめでたく妊娠し、そのことを瓊瓊杵命に報告すると、
 瓊瓊杵命は、一夜限りで身ごもった事に不信を抱き、
 国津神(くにつかみ)の子ではないのか?と、木花開耶姫を責め立てました。
  ※国津神:古くから日本にいた土着の神

 これに対し木花開耶姫は、
 「もし、身ごもった子が国津神の子であれば、生まれる時に良くない事が起こり、
  瓊瓊杵命の子であれば、無事に生むことが出来るでしょう。」
 ということを言い残しすと、隙間をすべて壁土でふさいだ無戸室に入り出産の準備をします。

 やがて産気づくと、木花開耶姫は、無戸室に火を放つと、
 燃え盛る炎の中で三人の子を無事に生み落とし、身の潔白を証明しました。



これらの他に「白蛇様のお下り」という言い伝えも残っています。

吉田の火祭りでは、神社を経った神輿が
上吉田の上宿から下宿へと下っていきます。

この時、神輿と共に、白い蛇神や竜が、
上吉田の街を上から下へと下っていくというものです。

そのため、御師(おし)家では、祭り当日の朝に
敷地内を流れている川沿いの草刈りや、川の清掃をし、
蛇神様の通りを迎えるのだそうです。

 ※御師:寺社に所属し、参拝者の案内や世話をしたりする人のこと。
  御師の家:富士山の御師は、自宅を宿坊として提供していました。その宿坊の事をいいます。


吉田の火祭りの歴史

このように、吉田の火祭りには様々な由来があり、
はっきりとした起源は、定かではありません。

現在、祭りが行われていた事を知ることが出来る最古の資料は、
「吉田之新宿帳」(1572(元亀3)年)になります。

これは、上吉田の上宿から中宿の当時の様子を記録している
とても重要な史料とされているものです。

この「吉田之新宿帳」の中に、神輿が通る道である
「御幸道(みゆきみち)の記載がある事から、
当時、すでに神輿渡御が行われていたと考えられています。

また、現在は8月26、27日に行われている吉田の火祭りですが、
過去の文献から、元々は別の日に行われていたことが解ります。

まず「鎮火祭(火祭り)」については、

  • 「富士山紀行」:1780(安永9)年7月21日
  • 「富士日記」:1790(寛政2)年7月21、22日
  • 「甲斐国志」(1814(文化11)年):7月22日
  • 「菊田日記」:1804(享和4)年~1834(天保5)年は7月21、22日
  • 「富士道場日記」(1853(嘉永6)年):7月21、22日

という具合で、
7月21、22日(旧暦)が、祭りの日でした。

山仕舞いの祭である「富士山神輿」については、

「当山は例年六月朔日をもつて山びらきといひ、
 七月廿七日をもつて山仕舞いといふ」

という「富士山道しるべ」(1860(万延元)年)の記載が、
山仕舞いの日を確認できる最古の文献とされています。


1872(明治5)年には、暦の改正がありましたが、吉田の火祭り
明治時代をとおして

  • 火祭りは、旧暦7月21日
  • 山仕舞いは、旧暦7月26日

に、行われていました。

ただ、旧暦で祭事を行うと、
斎行日が毎年変わってしまいます。

この事から、明治時代末頃になると、
新暦の日に移行し、固定する動きが始まりました。

現在の日程に定まるまでの経緯は、

  • 1910(明治43)年:旧暦7月21日の月遅れとして
              新暦8月21、22日に行われた
  • 1912(大正元)年:社司氏総代の会議で、
              火祭りを9月9、10日としたが一致せず
  • 1913(大正2)年:火祭りを8月30、31日
              山仕舞いを9月10日とした
  • 1914(大正3)年:8月30、31日は市町村等の計算日にあたり、
              参詣者が少なくなるということで、
              火祭りを旧暦7月21日に戻した。     
              しかし、その直後の会議において、
              火祭りを8月26、27日とし、現在の日程に固定された

と、なっています。


また、吉田の火祭りが「奇祭」と呼ばれるようになったのは、
大正末年の頃からだそうです。

当時、吉田の火祭りのように
町中の広い範囲にわたって火を焚く祭りは珍しいものでした。

日が暮れると辺りは闇が当たり前の時代に、
町中が炎に包まれ明るく照らされる祭は、まさに奇祭だったのでしょう。

吉田の火祭りは、2012(平成24)年3月8日、
国の重要無形文化財に指定されています。




さて、今年の吉田の火祭りは・・・
と、続けたいところではありますが、長くなりました。

お祭り会場へのアクセスや、
お祭りに関する情報は、改めてお届けいたします。


Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事