11月のお祭り、酉の日、熊手といえばなーんだ???


コメントに回答を書き込んでくれた方、先ちゃ・・・・

じゃなくてm(_ _)m



思いついたでしょうか?



そう!酉の市です。

縁起物の熊手を買い求める人で賑わう、あのお祭りです^ ^

熊手

Sponsoerd link


酉の市とは?

毎年11月の酉の日に開催される鷲神社(おおとりじんじゃ)の例祭

酉の市(とりのいち)・酉の祭(とりのまち)
大酉祭(おおとりまつり)・お酉様(おとりさま)

と呼ばれています。

商売繁盛・開運招福を願うお祭りで、江戸時代から続く年中行事です。


酉の市の由来

酉の市の始まりは、
花又村(現在の足立区花畑)の大鷲神社の近隣農民が
「鷲大明神」に感謝した収穫祭であるといわれています。


当時の祭りでは、鷲大明神に生きた鶏を奉納するものの
祭りが終わると、その鶏を浅草寺・観音堂前に放したのだそうです。

酉の市が江戸市中に広まると共に参詣者も次第に多くなり
社前では、辻賭博が盛大に開催され賑わっていました。

ただ、その賑わいも、安永年間に賭博禁止令が出されると衰退し
しだいに浅草へと移っていきました。

浅草長國寺の酉の市は、
その東隣に新吉原が控えていたことも手伝って盛況を誇ります。

明和8年(1771年)頃に鷲大明神(鷲妙見大菩薩)が
浅草長國寺に移され祀られると、
浅草は最も有名な酉の町として知られるようになり、現在に至ります。


三の酉がある年には火事が多いと言われるのはなぜ?

酉の市は11月の酉の日に開かれます。

酉の日は12日に1度巡ってきますから
30日間ある11月には、酉の日が2回ある年と3回ある年があり
最初の日から「一の酉」「二の酉」「三の酉」と呼ばれます。

古くから「三の酉がある年は、火事が多い」
と言い伝えられていますが、その由縁は定かではありません。

実際に、火事が多いのか?というと、
この時期に際立って火事が多いということも無いようです。


それでは、何故「三の酉がある年は、火事が多い」
と、言われるようになったのでしょう?


その理由は、いくつかあります。

① 当時の江戸では、火事が大敵でした。
  三の酉の頃には寒さが増し、火を使う機会が増える事。
  また、空気が乾燥する時期であることから、
  火に対する戒めで言われるようになった。

② 酉の市に便乗して、
  吉原へ出かけようとする男達を足止めするため
  「三の酉には火事が多い。だから夜遊びはほどほどにしなよ。」
  と、女房達が広めた。

③ 地方などで「宵に鳴かぬ鶏が鳴くと火事がでる」
  と言われたことから出た俗語である。


言い伝えの根拠となった大火災

「三の酉がある年は、火事が多い」の根拠となった
と言われているのが、明暦(めいれき)の大火です。

明暦3年(1657年)1月18日に起こったこの火災は
2日間にわたり、江戸の大半を焼き尽くした大火災です。

『武江年表』に明暦の大火の被害状況が記されていますが

『万石以上の御屋敷五百余宇、御旗本七百七十余宇、
堂社三百五十余宇、町屋四百町、焼死十万七千四十六人といへり』

という、とてつもないものでした。

さらに、この年は、三の酉まである年だったのです。

この偶然の一致が基になり、火に対する戒めや慎みから
「三の酉のある年には家事が多い」
と言い伝えられるようになったと言われています。

Sponsoerd link

あわせて読みたい関連記事

Sponsoerd link